真の死力

テーマ:
真の死力

死ねて欲しい願望に獅噛み付いて
身に受ける現実を全て否定せずに
出来る限りの心を守らない構えで
心に直撃する全てに当たって砕け
傷だらけになりながら浴び続ける
分かって守らず受ける強い意気地
自分に甘過ぎる欠点をカバーして
自分を追い込むほど厳しく裏返す
メンタルが脆いのなら無理は利く
死ねない現実を微塵も否定しない
逃げて死にたい事を知り尽くして
逃げながら半回転して立ち向かい
逆転の発想をして死を力に変える
完全に回るサイクルが常識を覆す
何でも長く慣れ切れば分かり切る
本当の死力を発揮して止まらない
努力で身に付けなかった自律性に
仕方ない事を割り切れないままで
口先だけの仕方ない事を出し続け
自業自得は背負って向かい続ける
筋道を通して描き出す軌道が輝き
包み隠さず正々堂々と対等に立つ
弱そうに見えれば性根が強過ぎる
繕わない我楽多の本気は恐ろしい
強そうに見えれば性根が弱過ぎる
繕われた飾りに力なんて何もない
最後の最後に世界は刹那に変わる
希死念慮を生きる糧にする死神は
また同じ繰り返しだけをやらない
雫を振り切って花が咲く闇は隠れ
月の消えた真夜中に黒い蝶が舞う
いつでも可能性は握り締めている
活かせねば無いのと同じになって
活かせれば有る現実が露わになる