干渉と自由

テーマ:
干渉と自由

自由は好き勝手に出来る事とは異なる中
自分一人で自由を生きてるわけではない
干渉を真剣に考え尽くした事があるか?
実際に失敗してしまう前に教えて貰えて
実際に失敗を通して経験で学習出来ない
実際に失敗してしまう前に止めて貰えて
説明されなければ悪い理由が分からない
先に経験済みの親の判断は当たり易いが
自分の不本意な行動は後悔が残りやすい
全て従えば安全に進める可能性が高いが
自分の好きなように生きる事を縛られる
本当の自由は厳しい事を分かってるか?
子供の自由に任せて不干渉の放任主義は
自分に厳しくなければ誰も何も止めない
自由意思で何をやるのも一任されてるが
何を間違えて失敗したって全て自己責任
満足なデリカシーとプライバシー厳守で
腐りたければ手に取るように簡単な事だ
自分の好きなように生きる事を縛られず
自分の肩に伸し掛かるような期待と信頼
ヒントが欲しい時は自分から尋ねる事で
世の中の社会的自由の簡易版のような物
通信に退学に無進学と様々に列を成す中
早くに学生を終えるほど決まりは消える
常に向上心がなければ成長の義務がない
問題を起こして迷惑を掛ければ叱られて
上手く出来なければ期待も信頼も損ない
問題が多いようなら自由を取り消される
際立って優秀しか熟せないような道筋で
自分の生き方だけに未来が懸かっている
無い物強請りは度が過ぎないようにしろ
自由を甘く見ていると命取りになるんだ
誰でも見えるような干渉は伊達じゃない
一度ぐらいは真面目に考え尽くしてみろ