幾度も上回る最悪

テーマ:
幾度も上回る最悪

根暗の精神で一人の時を大切に
口だけの叫びで熟考三昧に陥る
考え続けても頭脳を錆び付かす
永遠と使ってないで頭を休めろ
よく聞くセリフは伊達じゃない
四方から透けてる事に気付けず
造作無く餌食の坩堝に靡き堕ち
血迷って事の悪化を押し進める
謀に愛し甲斐のない馬鹿を見る
陳腐のチョロい一人に帰す屈辱
怯んで疑いに惑い調子付かせて
欲するべき物が正反対の過ちに
無理解で雪辱を果たせていない
苦い経験では済まされないのに
時の流れに逆らった歩みをして
刻一刻と時は刻まれ続けている
怖くて逃げるにも程があるだろ
自分が苦しむのに平気なのか?
意味を解らなくさせる零落迷走
闇に鎖された扉に差し向ける刃
届かない威力は跳ね返って受け
自分で自分を痛い目に遭わせる
恋したら余計に恥を明かせない
幾度でも運命は最悪を上回る中
取り憑いても欲に吸い尽くされ
苦汁を舐め尽くして飲む所業で
穢れた不快極まりない物を孕み
発狂で取り出したがる自業自得
無理心中を企み邪魔になり過ぎ
使い物にもならない木偶の坊は
全力で泥沼の底に放り込まれる
怒りが牙を剥いて襲い掛かる中
萎えて努力に懲りる意気地無し
抱え続けた古びた物語を明かせ