心的な亡霊

テーマ:
心的な亡霊

また過去を塗り替えようなんて
叶わない願望に縋るだけの輪廻
未来の視点は紗が掛かって暈け
無感情な挿し穂の刺さった地盤
無気力に浸かって彷徨う自失に
拭い去れない過去が伸し掛かり
心は鎮められて暗い憂鬱に沈む
蟠りに溢れながら見栄っ張りで
まだ偽って守ろうと意地を張る
妨げるほどの飾りなら棄てよう
飾り立てるのは益で意味を成す
虚栄心を実現する為の糧にして
有りもしない事を真に変えよう
終焉と隣り合わせに生き続けて
諦めて終わるには納得出来ない
今より光り輝いてた過去の日々
前の自分にだけは敗けられない
明日に牙を剥いて立ち向かおう
落度に必ず避けられない代償に
傷は浅い内に立ち上がる方が得
闇に落とした日々を取り返して
更なる高みを目指して駆けよう
甘さ控え目に生きられる日まで
不安を越えた先に自由が在る中
凍り付く恐怖に蒼褪めても挑み
やがて訪れる自己判断の日々に
戸惑う前に磨き上げて備えよう
満足出来る結果へと辿り着いて
周囲に優ると想える刻を辿ろう
心を統べるように纏わり付いて
執拗い心的な亡霊を振り切ろう
本心の趣くままに迷わず向かい
夢中になれる物があるなら掴み
失った明るい笑顔を取り戻そう