離婚と住宅ローン

テーマ:

以前このブログでもお話ししましたが、相変わらず住宅ローン付の家を財産分与したいという相談は多いです。



離婚をすれば財産分与の権利義務が生ずるわけで、本来当事者の財産なのだから当事者が自由に処分できてしかるべきはずなのです。


しかし、一旦住宅ローンが絡むとj話はそうは簡単にいかないからややこしい。


ローン契約書にはまず例外なく、不動産の名義を変更する際には、事前に債権者の同意を得ることという条項が入っています。


住宅ローン債権者からすれば、不動産の名義人だからこそ必死にローンを返済するわけで、これが他人のものになれば、とたんに滞納のリスクが高まるという論理は筋が通っているように見えます。


でも、ローンがあるからといって、がんじがらめになって夫婦関係がいつまでも清算できないというのも本末転倒のような気がします。


一つの方法としては、思い切って不動産を売却処分して現金を分けることが考えられます。


過去にはこのパターンで処理したものもあります。


注意すべきは、売却代金よりもローンの残高が大きい、いわゆるオーバーローンの場合は、売却できるのか、できたとしても売却後の残債務をどう返済するかという問題が生じます。


その場合は、債務整理の手続きも合わせて必要になってくることがあります。





離婚相談・離婚手続きなど、離婚に関するご相談は弁護士よりリーズナブルな司法書士に。

「大阪の離婚手続相談室」

   0120-51-8107


こちらもクリック! 人気ブログランキングへ


            にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
             にほんブログ村





住宅ローン について 

詳しく知りたい方は 

大阪住宅ローン相談センター