離婚と家の名義変更

テーマ:

離婚相談で多いもののひとつが、現在住んでいる家の名義をどうするかというものです。


離婚したら夫が家を出て、妻と子供が家に残る。
家は夫の名義なので、この際妻に名義変更をしたい。
でも夫の名義で借りた住宅ローンもまだ沢山残っている。
さて、「サクっと」名義変更してもよいのだろうか?
ローンはこのままでよいのだろうか?

といった相談です。


ここで重要なのは、不動産の名義変更は、本来当事者が誰に遠慮することもなく、

自由にできるはずなのですが、現実には、住宅ローンを借りている銀行等に事前に

家の名義変更をする件について、了解をとっておく必要があると言う点です。


それはなぜかと言いますと、住宅ローンを借入れされた際に不動産には

抵当権が設定されるのですが、この設定契約は不動産の名義人と

銀行もしくは保証会社との間で結ばれているのです。

ですから、抵当権がついたままで不動産の名義人だけが変更される
と権利関係がややこしくなってしまいます。

そのような事態を防ぐ為に抵当権設定契約書には、名義人の変更の際には、

事前に債権者(銀行等)の了承をえること という条項が入っているのです。


では、銀行の窓口(融資課)に事前に相談に行きました、すんなり銀行の
了解は得られるのでしょうか。


残念ながら、多くの場合ここでストップがかかってしまいます。

何で?
じゃどうすればいいの?


このあたりの銀行の対応とその対策については、次回以降ケース別に書いて

いこうと思います。




離婚相談・離婚手続きなど、離婚に関するご相談は弁護士よりリーズナブルな司法書士に。

「大阪の離婚手続相談室」

女性の方専用ダイヤル 0120-74-8106

男性の方はこちらへ   0120-51-8107


住宅ローン について 

詳しく知りたい方は 

大阪住宅ローン相談センター


さらにdeepに知りたい方は

大阪の個人再生・自己破産相談室



こちらもクリック! 人気ブログランキングへ


            にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
             にほんブログ村