年金分割 その2

テーマ:

前回に続いて、年金分割の話です。

今回は「3号分割」の制度についてお話します。


前回の合意分割が、夫婦2人の合意で按分割合を決定したのに対し、今回の「3号分割」というのは、請求すれば当然に2分の1の権利が与えられるというものです。

つまり、相手方の同意が不要なんですね。


なぜ「3号」かと言いますと、請求できる者が国民健康保険の第3号被保険者に限られるからなんです。

第3号被保険者というのは、サラリーマンや公務員の妻など厚生年金や共済年金に加入している配偶者に扶養されている者と考えて頂ければ結構です。

専業主婦といったイメージでしょうか。


この「3号分割」を利用すれば、合意分割と同様に年金算定の基礎になる標準報酬額を分割して受けることができます。

しかも有無を言わせず、半分をです。

一見、よい事ばかりのようですが難もあります。

この3号分割が利用できるのは、平成20年5月1日以降の離婚に限られ、しかも分割の対象となる期間が同年の4月1日以降に限られるものです。


「合意分割」はお互いに合意がなされ、合意内容を公正証書にしなければならないなど面倒な点もありますが、その分割に際しては婚姻期間が対象となるため、熟年離婚の場合には請求されるメリットが大きいです。

又分割の按分割合も当事者で決められるという柔軟性もあります。


もちろん、どちらか一方しか選択できないことはないため、条件さえ合えば、2つの制度を併用することも可能です。


因みにある婚姻期間の長い夫婦には必ず年金分割をアドバイスしますが、やはり実際に使えるのは合意分割です。


リーガルパートナー では合意内容を公正証書にするところまでお手伝いしています。

他にも離婚の協議内容はあると思いますが、決定事項は必ず公正証書にしておくことをお勧めします。



尚、重要な点として「合意分割」も「3号分割」も離婚後、2年を経過すると

請求できなくなってしまいますので、ご注意を!!





離婚相談・離婚手続きなど、離婚に関するご相談は弁護士よりリーズナブルな司法書士に。

「大阪の離婚手続相談室」

  0120-51-8107


住宅ローン について 

詳しく知りたい方は 

大阪の債務整理相談室


さらにdeepに知りたい方は

大阪の個人再生・自己破産相談室




こちらもクリック! 人気ブログランキングへ


            にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
             にほんブログ村