2015年02月28日(土)

人生の指針~生き方の知恵―原始仏教(5)原始仏典(2)『ダンマパダ』(後編)

テーマ:メルマガ「楽しい読書」

 ―第146号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記


★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★
2015(平成27)年2月28日号(No.146)-150228-
「原始仏教(5)原始仏典(2)『ダンマパダ』(後編)」


本誌では、『ブッダの真理のことば 感興のことば』(中村元/訳 岩波文庫)の引用で、『ダンマパダ』からの抜き書きの(後編)を。


最後の方は、駆け足で終わりました。
残りの部分、および詳細は、引用元の『ブッダの真理のことば 感興のことば』で。


423偈ある中から、これはというものを選び出すのは、やはり時間がかかり、一つ一つ見てゆくとあれもこれもとなって、収拾がつかない状況になってしまいました。
どうやって絞るか色々考えたのですが、時間切れでした。


 ・・・


第十四章「ブッダ」一八三《「すべて悪しきことをなさず、善いことを行ない、自己の心を浄めること、――これが諸の仏の教えである。>》という偈などは、『ダンマパダ』が示す象徴的な教えと言えましょう。


人生の指針として、倫理的、道徳的な処世訓としての一面が強く感じられる、原始仏教の―お釈迦様の思い描いた教えを反映したものといってよいでしょう。


 ・・・


詳細は本誌で!


*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『(古典から始める)レフティやすおの楽しい読書』
http://www.mag2.com/m/0000257388.html

--


*本誌で取り上げた本:
『ブッダの真理のことば 感興のことば』中村元/訳 岩波文庫
―漢訳『法句経』の名で知られる「真理のことば」(ダンマパダ)「感興のことば」(ウダーナヴァルガ)を併録。

ブッダの真理のことば・感興のことば (岩波文庫)/岩波書店
¥1,015
Amazon.co.jp



『ブッダ 真理のことば』佐々木 閑/著 NHK「100分 de 名著」ブックス NHK出版 (2012/6/22)
―2011年9月、2012年3月放送のテキストを底本に一部加筆修正し、第4回放送の藤田一郎との対談、読書案内、年譜等を収載した。

NHK「100分 de 名著」ブックス ブッダ 真理のことば (NHK「100分de名著」ブックス)/NHK出版
¥1,080
Amazon.co.jp



*参照:
『レフティやすおのお茶でっせ』2012.3.6
仏教は「心の病院」である!NHKテレビ「100分 de 名著」ブッダ『真理のことば』2012年3月

http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2012/03/nhk100-de-20123.html "

2012.4.2

NHKテレビ「100分 de 名著」ブッダ『真理のことば』を見て本を読んで
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2012/04/nhk100-de-2c60.html


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015年02月15日(日)

文学を考える-私の読書論64

テーマ:メルマガ「楽しい読書」



(画像:新潮文庫版・北杜夫著『怪盗ジバコ』とその続編『怪盗ジバコの復活』、後者の一編「禿頭組合」が収録された日本人作家によるホームズ・パロディ集『シャーロック・ホームズに再び愛をこめて』ミステリー文学館編 光文社文庫)


埴谷雄高「新潮文庫版・北杜夫著『怪盗ジバコ』解説」から
 ―第145号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記


★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★
2015(平成27)年2月15日号(No.145)-150215-
「私の読書論-64- -文学を考える- 」


本誌では、新潮文庫版・北杜夫著『怪盗ジバコ』埴谷雄高「解説」を基に、文学について語っています。


北さんの「軽小説」または「大人の童話」のようなエンタメ系の小説であっても、文学である限り、その有用性には変わりないのだというお話です。


純文学が高尚で、エンタメはただの時間つぶしと考える人もあるかも知れませんが、「無用の用」という点では五十歩百歩。


人生に何が必要で何が不要かという議論も、結局は人それぞれというのが、とどのつまりの結論でしょう。


 ・・・


詳細は本誌で!


*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『(古典から始める)レフティやすおの楽しい読書』
http://www.mag2.com/m/0000257388.html

--


*本誌でふれた本:

・埴谷雄高氏の解説が掲載されている

北杜夫著『怪盗ジバコ』新潮文庫(1987.6.25) 怪盗ジバコ (新潮文庫)/新潮社


・山中康裕氏の解説が掲載されている
北杜夫著『さびしい王様』新潮文庫(改版 1981/9/29)

¥514
Amazon.co.jp
さびしい王様 (新潮文庫)/新潮社
¥810
Amazon.co.jp



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。