2014年05月31日(土)

孫悟空のモデルと英雄ラーマ物語-古代英雄叙事詩『ラーマーヤナ』

テーマ:メルマガ「楽しい読書」

 ―第128号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記


★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★
2014(平成26)年5月31日号(No.128)-140531-
「古代英雄叙事詩『ラーマーヤナ』」


『マハーバーラタ』に続き、古代インドの二大英雄叙事詩の第二弾『ラーマーヤナ』です。


こちらも『マハーバーラタ』ほどではないにしても、全7巻の大作です。
いきなり挑戦するのは大変ですので、まずはダイジェスト版でお楽しみいただき、納得できれば、全巻読破と進みたいものです。、


ラーマの物語としてよりも、ハヌマト/ハヌマーンの物語として知られる面も大きいかもしれません。


昔、ハヌマーンの絵本も出ていました。
ハヌマト/ハヌマーンは、孫悟空のモデルになったとも言われている猿の英雄です。


子供には、ラーマの行動よりもこちらの方がずっと分かりやすいですし、ね。
徳のある人、理想の人物、尊敬される政治家としての王という立場は、複雑な関係があり、単純なものの見方では規定できません。


 ・・・


苦戦を強いられているインド編ですが、まだ続きます。
きつい。


詳細は本誌で!

*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『(古典から始める)レフティやすおの楽しい読書』
http://www.mag2.com/m/0000257388.html


『現代版ラーマーヤナ』ラクシュミ・ラー 谷口伊兵衛/訳 バドリ・ナラヤン/挿絵 而立書房 2013.6.25
―横組。ヴァールミーキ版をダイジェストしたもの。カラー口絵他、本文中にも多数の挿絵、絵を見るだけでも楽しい。

現代版ラーマーヤナ物語/而立書房
¥5,400
Amazon.co.jp


『新訳 ラーマーヤナ』(全7巻) ヴァールミーキ
中村了昭/訳 東洋文庫
―サンスクリット語原典からの翻訳。岩本裕版の死去による中断を受けての全訳。
(1)第1巻 少年の巻 2012/4/12

新訳 ラーマーヤナ (1) (東洋文庫)/平凡社
¥3,024
Amazon.co.jp


『おひさまをほしがったハヌマン―インドの大昔の物語「ラーマーヤナ」より』A. ラマチャンドラン/著, イラスト
松居直/訳 福音館書店 こどものとも世界昔ばなしの旅 1997/11/15
―ハヌマンの絵本。

おひさまをほしがったハヌマン―インドの大昔の物語「ラーマーヤナ」より (こどものとも世界昔ばな.../福音館書店
¥864
Amazon.co.jp



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014年05月15日(木)

人生の教科書『ミステリ・マガジン』-私の読書論56おススメ古典3

テーマ:メルマガ「楽しい読書」

 ―第127号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記


★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★

2014(平成26)年5月15日号(No.127)-140515-  
私の読書論-56-「私のおススメの古典から」(3)
-人生の教科書-『ミステリ・マガジン』


本誌でも書いていますように、雑誌も700号60年近くなれば、一種<古典>と言ってもよいのではないか、と思います。


私が高校2年の夏休みから愛読している『ミステリ・マガジン』がそれです。


本誌でも書いていますように、この雑誌でミステリのみならず、広範囲の海外小説に親しむ機会を持つことができました。
次回では、コラムについても書きますが、コラムを通しても色々な海外文化、大人の会話といったものを学びました。


大げさな表現ですが、私にとって「人生の教科書」と言っても言い過ぎではないように思います。


こういう雑誌に出会えたことは、私にとって非常に幸運だったと思っています。


できれば、これからも800、900、1000号と続けて欲しいものです。


特に、現代の若者は、内向き志向と言われているそうです。
翻訳ものが売れないと言われています。


日本の小説の技術は高いと言われています。
しかし、日本の小説だけを読んでいても、勉強にはなりません。


世界を知ることも大事です。
世界のレベルというものは、決して日本に引けを取るものではありません。


文化というものは、日本だけではありません。
もっと広い文化に触れることで、自分自身を成長させることができるのです。


ぜひ、食わず嫌いでなく、様々なものに挑戦して欲しいと思います。


『ミステリ・マガジン』は、その一歩になる雑誌だと思っています。



◆創刊700号記念特大号
『ミステリマガジン』2014年6月号(700号)

ミステリマガジン 2014年 06月号 [雑誌]/早川書房
¥2,700
Amazon.co.jp

◆『ミステリ・マガジン』創刊700号記念アンソロジー(ハヤカワ・ミステリ文庫)
『ミステリ・マガジン700【海外編】』杉江松恋/編

ミステリマガジン700 【海外篇】 (ハヤカワ・ミステリ文庫)/早川書房
¥1,145
Amazon.co.jp

『ミステリ・マガジン700【国内編】』日下三蔵/編
ミステリマガジン700 【国内篇】 (ハヤカワ・ミステリ文庫)/早川書房
¥1,231
Amazon.co.jp




詳細は本誌で!


*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『(古典から始める)レフティやすおの楽しい読書』
http://www.mag2.com/m/0000257388.html


*『レフティやすおのお茶でっせ』記事:
2014.5.7
『ミステリマガジン』2014年6月号創刊700号と思い出のコラム
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2014/05/20146700-7df5.html


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。