2014年03月31日(月)

古代インドの大叙事詩『マハーバーラタ』

テーマ:メルマガ「楽しい読書」

―第124号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記


★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★
2014(平成26)年3月31日号(No.124)-140331-  
-古代インドの大叙事詩-『マハーバーラタ』


“ここに在るものすべては何処にもあり、ここに無いものはまた何処にもない”
(『マハーバーラタ 第1巻』<序の巻 集会の巻>「後記」山際素男 三一書房 1991/11 p.371)


という古代インドの大叙事詩『マハーバーラタ』を本誌で取り上げました。

私自身、一巻本のダイジェスト版を読んだだけで、本格的な翻訳作品は、全九巻中のまだ第二巻を読み始めたところです。


しかし、ダイジェストでもその面白さは十分感じられました。

原語からの完全訳は日本にはまだありません。
それに近いものとして、英訳からの重訳、山際素男編訳の三一書房版全9巻が唯一本格的な紹介となります。


本誌でもこの翻訳を出版された山際氏の言葉を引用していますが、これほど面白くてしかもインド文化を知る素材ともなる作品が今まで本格的に翻訳されていなかったというのは、不思議です。


東洋文庫に『ラーマーヤナ』があるのに、『マハーバーラタ』がないというのも、けったいな話と言えます。
岩波文庫でもギリシア神話の本は色々あるのに、『マハーバーラタ』からは一部の挿話しか出ていないというのも。


たいていの世界の文化史・文学史年表にも、インドの両叙事詩の名前が挙がっています。
ところが日本では、適当な翻訳がなかなか見つからないというのは、どういうことでしょうか。


西欧文化への偏向としか言えません。


昨今西欧文化が曲がり角に来ているなどと言われる状況を考えますと、このような日本の文化状況もその未来が危ぶまれます。
東洋思想、あるいは東洋と西洋の間にある世界の文化や思想、宗教にもう一度目を向けるべきでしょう。


今回、そんな感想を抱きました。


詳細は本誌で!


*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『(古典から始める)レフティやすおの楽しい読書』
http://www.mag2.com/m/0000257388.html


【要約】
『マハーバーラタ戦記―賢者は呪い、神の子は戦う』マーガレット シンプソンPHP研究所 2002/12

マハーバーラタ戦記―賢者は呪い、神の子は戦う/PHP研究所
¥1,890
Amazon.co.jp

【山際素男/編訳】三一書房 全9巻 1991-98
『マハーバーラタ 第1巻』<序の巻 集会の巻> 1991/11

マハーバーラタ〈第1巻〉/三一書房
¥5,880
Amazon.co.jp


【上村勝彦/訳】ちくま学芸文庫 [1-8巻(未完)] 2002-05
『原典訳マハーバーラタ〈1〉第1巻(1‐138章)』2002/01

原典訳マハーバーラタ〈1〉第1巻(1‐138章) (ちくま学芸文庫)/筑摩書房
¥1,575
Amazon.co.jp


【入門しやすい研究書】
『マハーバーラタの世界』前川輝光/著 めこん 2006.8.1

マハーバーラタの世界/めこん
¥3,675
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014年03月16日(日)

なんための会話か?~渡瀬謙『朝5分! 読むだけで「会話力」がグッと上がる本』

テーマ:【レフティやすおの読書室】


渡瀬さんのメッセージと著書
(画像:渡瀬さんのメッセージと著書)


友人で左利き仲間でもある渡瀬謙さんの新しい著作が届きました。(実際に届いたのは、10日ほど前のことです。)
今回は誰でも手に取りやすい感じの文庫本で、会話の力をつけようという本です。


 ●内気な人ほど心苦しいもの


会話と言えば、簡単そうで、でも気にし始めると意外と難しいもの。
初対面の人、さほど親しくない人、さらに困るのは、普段から苦手だなあと思っている人との会話ですね。


特に(私もそうですが)無口な、内気なタイプの人の場合は、余計に負担に感じるものです。
最初の一声が掛けにくい、何を話したらいいのか分からない…。


そういう人でもスムーズな会話が身に付く、という助言集です。


1時間の会話は50通の手紙より値打ちがある。

――セヴィニェ夫人「ピエール・リネへの手紙」1649年3月25日

(『ラルース世界ことわざ名言事典』角川書店 より)


上の名言にもあるように、会話というものは、単なる人付き合いの潤滑油だけではなく、使い方によってはもっと深い人間関係を作ることができる武器ともなるのです。

そんな会話を窮めるためにも、本書は役に立つのではないでしょうか。


 ・・・


渡瀬 謙/著『朝5分! 読むだけで「会話力」がグッと上がる本』永岡書店 (2014/2/17)

朝5分! 読むだけで「会話力」がグッと上がる本 (ナガオカ文庫)/永岡書店
¥609
Amazon.co.jp



目次

はじめに
序章 会話が苦手な人が多いのはなぜだろう?
第1章 まずは会話の基本を知るところからはじめよう!
第2章 会話上手が当たり前にやっていることって意外と単純
第3章 シチュエーション・タイミング別会話術
第4章 もう一歩踏み出した会話に挑戦しよう!
第5章 これをやったらアウト!会話のタブー集
第6章 さらにコミュニケーションを高める会話力を身につけよう!
おわりに



 ●なんのための「会話」なのかを考える


序章では、「会話上達の予備知識」として4つ。


昨今、会話が苦手という人が増えて来た理由と、そもそも会話とは何かについて。
実は、<strong>会話には目的があった</strong>のです。


第1章以降、「会話の上達ポイント」としての具体的な助言が5番から53番まで、という構成です。


会話が上手と言われる人はこんなことをしているよ、とか。
こんな場面ではこうしよう、話題の見つけ方は…、とか。
逆に、これだけはやってはダメなこと、とか。
色んな場面、状況での会話の心構えやポイントを押さえています。
そして、単に会話を成立させるだけではなく、そもそもの<strong>目的を達成しましょう</strong>、という内容です。



 ●会話とは「話す」と「聞く」の言葉のキャッチボール


簡単に結論だけを書きますと、表紙絵にもなっているように、会話とは(言葉の)キャッチボールだ、ということでしょう。
キャッチボールで大事なことは、お互いに相手の捕りやすいところに投げる、ということです。


会話でもこの「相手の身になって」というのがポイントだ、というのです。


ただしキャッチボールができるには、最低条件といいましょうか、あるいはもっと強く言えば、絶対条件とでもいうべきものがあるのです。
それは、相手の投げたボールを捕る、ということです。


ボールをキャッチできない人にキャッチボールはできません。


会話で言えば、相手の話を聞く、ということです。
話すよりもまず聞く。
発信よりも受信です。


ベストセラーに『聞く力』なんて言う本もありますよね。


渡瀬さんに怒られるかもしれませんが、おまけで秘密を伝授しましょう。


会話で大切な心掛けは、「相手のハート(感情面)にフォーカスする(注意を向ける)」という視点を持つことです。


詳しくは本書をお読みください。


*渡瀬さんからのメッセージ―

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『朝5分! 読むだけで「会話力」がグッと上がる本』 (渡瀬 謙・永岡書店)
__________________________________

口下手、あがり症にもかかわらず、
リクルートで全国トップ営業になった著者が、
しゃべりが下手でも会話上手になれる秘訣を大公開!

会話力を上げるには、「話す」よりも「聞く」ことを重視しよう!
そのためにすべきこととは・・・?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 ●『“内向型”のための雑談術』と比べてみた


渡瀬さんの書いた類似本として、↓があります。

『“内向型”のための雑談術―自分にムリせずラクに話せる51のルール』大和出版 (2010/06)

“内向型”のための雑談術―自分にムリせずラクに話せる51のルール/大和出版
¥1,575
Amazon.co.jp



目次
はじめに 「内向型専門の雑談術」だから、あなたもムリなくできる!
序章 以前は、私も大の「雑談苦手」だった!―超内向型人間が苦闘の末につかんだ“会話の極意”とは?
第1章 内向型には「内向型ならではの雑談術」がある―もう、誤った常識、ルールにしばられるのはやめよう!
第2章 これで、初めて会う人ともラクに雑談できる!―内向型の悩みのタネ、“初対面のカベ”をどう乗り越えるか?
第3章 よく顔を合わせる人とは、この要領で雑談しよう―これなら口ベタでもできる、ストレスがかからない!
第4章 こんなとき、どうする?苦手なシーン別の雑談術―この方法で、逃げ出したくなる場面も切り抜けられる!
第5章 「一歩上をいく雑談」で相手の信頼をつかみとろう―これで完璧、人づきあいがどんどんラクになってくる!
おわりに 雑談は、あなた自身を映し出す鏡である


2010.6.18

渡瀬謙の新著『“内向型”のための雑談術』届く

http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2010/06/post-b027.html


今回改めてパラパラッとのぞいてみました。
基本的によく似た助言がなされています。
二つ少ない51項目ですね。


ただこちらは、あくまでも“内向型”(タイトルには書かれていませんが)営業マン向けの営業トークとしての「雑談」の方法で、<営業をよりスムーズに進めるため>の、という目的に沿った取り組みの本です。


それに対して、今回紹介する本書『朝5分! 読むだけで「会話力」がグッと上がる本』は、もっと広く、一般の人向けに書かれた<会話術>の本です。
内向型の人が書いた本なので、会話が不得手だという人(には内向型の人が多いと思われます)なら、誰でも取り組める助言にあふれています。


それはなぜかといいますと、元々会話のレベルの低い人だった著者が書いたものだからです。


 ●会話はストレス社会を緩和する


『“内向型”のための雑談術』でも一番大事なこととして著者が上げていたことは、「ありのままの自分でいることが人づきあいの原点」(p.213)でした。


この基本的な姿勢は、今度の会話本でも同じです。


私がこの著者に肩入れする最大のポイントが、ここにあるように思います。
「ありのままの自分でいること」を重要視するこの姿勢にこそ、現代を生き抜くための重要なポイントがあるのです。
それは「ストレスを最小に」という願いが込められているからです。


現代はストレス社会と言われています。


適切な会話は、人付き合いの潤滑油であり、ストレス社会を緩和する役割も担っています。
この本を読んで、心地よい会話を身に付けて、人付き合いのストレスを減らしたいものです。



※左利き仲間で友人・渡瀬謙の著書についての記事
(◆印:ビジネス書/□印:口ベタ・あがり症の“内向型”営業マンのための営業本)

◆2013.10.7 臆病は慎重!… 渡瀬謙『内向型人間のリーダーシップにはコツがある』

http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2013/10/post-6559.html
・2013.8.19 雑学フェアにて~渡瀬けん著『左利きの人々』:<国際左利きの日>情報3

http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2013/08/3-962d.html
◆2013.3.7 渡瀬謙『元リクルートNo.1の 日本で一番"効率"のよい営業法 このムダをなくすだけで、グングン売上が伸びる!』

http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2013/03/no1-547a.html
◆2012.5.23 小さな努力で大きな効果:渡瀬謙『あなたの評価をガラッと変える たった3秒の声がけ習慣http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2012/05/post-d7fa.html
◆□2012.2.26 克服ではなく付き合う姿勢で:渡瀬謙『「あがり症営業マン」がラクに売るための6つの習慣』

http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2012/02/post-6682.html
・2011.12.31 雑学文庫フェアで『左利きの人々』が…

http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2011/12/post-897d.html
◆2011.7.13 渡瀬謙の新刊『相手が思わず本音をしゃべりだす「3つの質問」』届く

http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2011/07/post-735a.html
◆2011.6.10 流れ星に願い事…渡瀬謙『たった5秒のあいさつでお客様をザクザク集める法』

http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2011/06/5-b349.html

◆【渡瀬謙/監修『毎日役立つ!もう悩まない!!即効ビジネスマナー』日本文芸社2011.1】
・2011.5.19 週刊ヒッキイhikkii260左利き教本について考える(2)おさらい

http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2011/05/hikkii2602-ce72.html
◆2011.3.4 新社会人奮闘記ラノベ 渡瀬謙『新入社員ヒロと謎の育成メールの12ヵ月』

http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2011/03/post-8551.html

◆□2010.6.28 実践で学ぶ本、渡瀬謙『営業は口ベタ・あがり症だからうまくいく』

http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2010/06/post-0e4c.html
◆□2010.6.18 渡瀬謙の新著『“内向型”のための雑談術』届く

http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2010/06/post-b027.html
◆□【『内向型人間の人づきあいにはコツがある』大和出版】
・2009.12.12 今週の週刊ヒッキイ―第201号「左利きのお子さんをお持ちの親御さんへ<特別編>」

http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2009/12/201-0618.html
 ★左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii
・第201号(No.201) 2009/12/12「左利きのお子さんをお持ちの親御さんへ<特別編>」

http://archive.mag2.com/0000171874/20091212074000000.html
 <特別編>原点に戻って―最初につまずかないこと または、左利き人間の生き方にはコツがある
◆□2009.3.4 お知らせ:友人渡瀬謙の新著「内向型営業マンの売り方にはコツがある」

http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2009/03/post-9a29.html
・2008.12.29 左利き本の新刊『左利きの人々』渡瀬けん著

http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2008/12/post-ce70.html


--
※本稿は、ココログ版『レフティやすおのお茶でっせ』より
「なんための会話か?~渡瀬謙『朝5分! 読むだけで「会話力」がグッと上がる本』」

http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2013/10/post-6559.html

を転載したものです。
(この記事へのコメント・トラックバックは、転載元『お茶でっせ』のほうにお願い致します。ただし承認制になっていますので、ただちに反映されません。ご了承ください。)
--

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014年03月15日(土)

古代の古典から- 古代英雄叙事詩「私のおススメの古典から」(1)

テーマ:メルマガ「楽しい読書」

―第123号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記


★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★

2014(平成26)年3月15日号(No.123)-140315-  
私の読書論-54-「私のおススメの古典から」(1)
 -古代の古典から- 古代英雄叙事詩


本誌では、私が読んでいる数少ない古代の英雄叙事詩について書いています。
『イリアス』『オデュッセイア』『アエネーイス』は過去に本誌でも紹介済みです。
今読みかけているのが、古代インドの二大叙事詩『マハーバーラタ』『ラーマーヤナ』です。


こちらは長大で簡単には読み進めません。
結構苦戦しています。
多分、読み終わることはないのではないか、とちょっと悲観しています。


まあ、得意のチョイ読みを続けて、いずれの日にか全うしたいものです。


まずは、<ストーリーを楽しむ>という姿勢でいいのではないかと思います。
難しいことは抜きにして、気軽に読んでみましょう。


「求めよさらば与えられん」と昔から言います。
<学ぶ人は何からでも学ぶ>が私の信条です。


どんな読み方でも得られるものはあります。


まず本は読むことが一番です。
「本はひもとかなければただの木片に過ぎない」と言いますから。


詳細は本誌で!

*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『(古典から始める)レフティやすおの楽しい読書』
http://www.mag2.com/m/0000257388.html


*私のおススメの英雄叙事詩
『イリアス』[上下] 松平千秋/訳 岩波文庫 1992.9

イリアス〈上〉 (岩波文庫)/岩波書店
¥1,008
Amazon.co.jp

イリアス〈下〉 (岩波文庫)/岩波書店
¥1,134
Amazon.co.jp


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。