2013年01月31日(木)

魅力の人カエサル~真紅の外套『ガリア戦記』

テーマ:メルマガ「楽しい読書」

―第98号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」


★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★
2013(平成25)年1月31日号(No.98)-130131-  
魅力の人カエサル~真紅の外套
『ガリア戦記』ユリウス・カエサル
http://archive.mag2.com/0000257388/20130131120000000.html



 ●カエサルの真紅の外套について 


本文で紹介しました、カエサルの真紅の外套についてのくだりです。


 《七・八八 戦場ではいつもひときわ目立つ真紅の外套の色でカエサルが来たことが伝わり、後を追うよう命じておいた騎兵隊や大隊の姿も見えると(高い位置からだとこの下り斜面がよく見えたのである)、敵も戦闘にかかった。... 》p.316


    『ガリア戦記』カエサル/著 石垣憲一/訳
     平凡社ライブラリー664 2009.3.10 「第七巻」より


このくだり岩波文庫版・近山金次訳によりますと、


 《八八 下り斜面の場所は小高い所から見渡せたから、カエサルが戦闘でいつもしるしに使う衣服の(一)色でカエサルの到着が知られ、... 》p.282


    『ガリア戦記』カエサル 近山金次/訳 (岩波文庫 1964改版)
 


とあり、訳注として 《(一) これは真紅であった... 》p.283 となっています。


平凡社ライブラリー版・石垣憲一訳では、読みやすさを一義に一部本文中に訳注を組み込んでいるということ(「凡例」による)なので、この違いはそうした一例かもしれません。


あるいは単純に翻訳の底本の違いにあるのかもしれません。
なにしろ古代の著作はみな、写本として伝えられています。
本書も大きく分けて二種の写本の系統があり、細かくは十数種に分類できるそうですから。
(底本の違いは確認していません。)


因みに、講談社学術文庫版・國原吉之助訳『ガリア戦記』では―


 《88 カエサルの来ることを、彼の深紅の将軍外套で知り――彼はいつも戦場でこれを羽織り、自分の目印としていた――... 》p.311


とあります。


この真紅の外套に関しましては、原書房『シリーズ絵解き世界史3 ローマ帝国と皇帝たち』(ニック・マッカーティ/著 本村凌ニ/監修 2007/10/25)の中に、真紅の外套を羽織ったカエサルの絵が出ています。
捕えられた全ガリア反乱軍の総指揮官であったウェルキンゲトリクスを見下ろす構図です。


視覚効果抜群で、この辺にもカエサルの、いやローマ人の美的センス及び賢明さが窺われます。


こういう面でもカエサルという男の魅力が伝わってくるように思います。

まあ、なにしろ世界的美女クレオパトラからも愛された人物ですから。


ガリア戦記 (平凡社ライブラリー)/平凡社
¥1,575
Amazon.co.jp

ガリア戦記 (講談社学術文庫)/講談社
¥1,313
Amazon.co.jp

ガリア戦記 (岩波文庫)/岩波書店
¥903
Amazon.co.jp

シリーズ絵解き世界史3 ローマ帝国と皇帝たち/原書房
¥2,730
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年01月15日(火)

年間100冊以上読む生活

テーマ:メルマガ「楽しい読書」

―第97号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記


★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★

2013(平成24)年1月15日号(No.97)-130115-  
私の読書論-41- 新年特別編~年間100冊以上読む生活
http://archive.mag2.com/0000257388/20130115120000000.html


本誌では、「年間100冊以上読む生活」について書いています。


年間100冊以上本を読もうという気になった、そもそもの動機というのは?


実際私がそういう気になったのは、ブログやメルマガを書くようになって、ものをよく知らないと感じるようになったからでした。


知らないものは知らない、と突っ張るのは簡単ですが、それではバカにされても文句は言えません。
そこで一念発起、古典を読んでみようと思ったのです。


本を読むのは好きだったので、簡単だろうと思われるかもしれません。


でも好きな本を読むのと、古典を読むのはやはりちょっと違います。
これはどなたも感じることでしょう。


しかし、やってみると―


やっぱりしんどいものはシンドイ!


でも、だんだんと慣れてくるのは事実です。
しかも、理解が進んできます。


そうしますと、少しずつ楽になって来る。
これもまた、事実です。


ここで「方針を立てる」ということが重要になってきます。


一定のガイドに沿って読み進めますと、グッと理解の度合いが変わって、進化してきます。
すると、確実に楽になって来るのです。


知識が重層的になり、物事を総合的に捉える態度が身に付き、視界が広がってきます。
そうすれば、もうこちらのものです。


そうやって、理解が進めば、面白さが出て来ます。
分かれば楽しくなるのは道理です。


するとさらに加速が付いてきます。
ターボですね。


ここまでくればもうしめたものです。


まあ、どれぐらいでこうなるかは、人それぞれでしょうけれど。


騙されたと思ってやってみてください。
何事もやってみなければ、どうにもなりませんから。


*本誌で紹介した本:
奥野宣之『「処方箋」的読書術 ―心を強くする読み方、選び方、使い方』(角川oneテーマ21)

「処方せん」的読書術 心を強くする読み方、選び方、使い方 (oneテーマ21)/角川書店(角川グループパブリッシング)
¥760
Amazon.co.jp



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。