2012年05月31日(木)

自分の割符・片割れを求めて『饗宴~恋について~』プラトン

テーマ:メルマガ「楽しい読書」

恋について『饗宴』プラトン
―第82号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記


★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★
2012(平成24)年5月31日号(No.82)-120531-
 プラトン『饗宴』
http://archive.mag2.com/0000257388/20120531120000000.html


今月は久しぶりに文学畑から離れ、哲学の名著を紹介します。


と言いながら、本誌本文では、文学的作品として紹介していますね。
まあ、そういう作品です。


どちらにしても一級の名品と言っていいでしょう。


 ・・・


なかでも最もよく知られているは、ギリシア喜劇作者であるアリストパネスのものでしょう。


人間は元々男男・女女・男女の三種類あって、それが分割されてしまった。
そこで、人はみな、自分の割符・片割れを求めているのだ、という例のものです。


これを読むだけでも価値があると言ってもいいかもしれません。
特に若い人には読んで置いて欲しいものです。


とにかく面白いですから。
だまされたと思って読んでみてください。


私自身そうでしたから。
正直うっとうしそうなお話に思えたのです、読む前は。


でも一読変わりました。


もちろん肝心のお話は、真打ちソクラテスのお話です。
これもなかなか興味深いものです。


 ・・・


プラトンは最初に読んだのが、『ソクラテスの弁明』『クリトン』の二作です。
これは内容的にも、対のようなものですから。


これは面白かった。
私の興味の真ん中を打ち抜いていましたから。
「よく生きるとは?」テーマです。


そして、『パイドン』『メノン』辺りを読んで、『饗宴』だったでしょうか?


『パイドン』も、『ソクラテスの弁明』『クリトン』同様、ソクラテス裁判後のお話でもあり、一連の続きものようなものです。
しかし、明らかに違う面が出て来ます。
この辺が、プラトンの哲学なんですね。


―ということで、今回もある面で文学的作品でした。


文学に何を学ぶかというところを意識していただければいいか、と思います。


饗宴 (新潮文庫 (フ-8-2))/プラトーン
¥420
Amazon.co.jp

ソクラテスの弁明・クリトン (講談社学術文庫)/プラトン
¥924
Amazon.co.jp

ソークラテースの弁明・クリトーン・パイドーン (新潮文庫)/プラトーン
¥460
Amazon.co.jp



*本誌で取り上げた本:

いまこそ読みたい哲学の名著 自分を変える思索のたのしみ (光文社文庫)/長谷川 宏
¥520
Amazon.co.jp

ギリシア文学散歩 (岩波現代文庫)/斎藤 忍随
¥1,260
Amazon.co.jp

反哲学入門 (新潮文庫)/木田 元
¥460
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012年05月28日(月)

またまたアメブロで「右利き?左利き?」ブログネタ

テーマ:左利き

右利き?左利き? ブログネタ:右利き?左利き? 参加中
本文はここから


久しぶりに「左利き」キーワードでネット検索していますと、「右利き?左利き?」ネタのブログが大量にヒットしました。

たどってみると、またまたアメブロでブログネタ:「右利き?左利き?」 をやっています。


「右利き?左利き?」ブログネタ詳細

--

内容

右利き?左利き?(つながり) こんにちは! 生活情報サイト「All About」です。  

左利きは、はさみなど道具の使い勝手が悪い、 食事のときに腕がぶつかる……。   All About は、左利きは、右利きに比べ寿命が短い という説を紹介しています。 

  トランプは、左利きの寿命を縮める!?(更新日:2007年07月30日)

世の中の多くのものは右利き用にできているために、 左利きはより多くのストレスにさらされているようです。  

さて、今回のテーマは「利き手」。 

みなさんは、右利き? 左利き? 投稿お待ちしています! 

クチコミ投稿期間 2012年05月16日~2012年05月30日

--


5月28日21時23分現在で5,066件になっています。


過去のこの手のアメブロにおけるブログネタは、私の知るところでは二度ありました。


私の保存しているデータによりますと―


2010.7.29 右利き? 左利き?

クチコミ投稿期間:2010年07月28日~2010年08月11日

[23:22 2010/08/10] 投稿数:14995件

右利き? 76.5%

左利き? 23.6%


●『お茶でっせ』該当記事2010.08.11 強い左/右利き? 弱い左/右利き?


前回は「右利き・左利き」「両利き」も加えられていました。


・2011.5.18? 右利き?左利き?
クチコミ投稿期間:(詳細不明)
[5/27?]右利き?左利き? 投稿数:14,743件
右利き 69.8%
左利き 12.7%
両利き 17.7%

--

内容

右利き?左利き?

こんにちは。ブログネタ運営局のジョニーです。

学生時代の友達と久しぶりに飲みに行ったら、彼が左手で箸を持っていることが判明

左利きだったのか…。学生のころは全く知らなかった

すると、「実は両利きなんだ」と驚きの事実が発覚

子供のころ、右手を骨折して、左で一生懸命過ごしていたら、いつの間にかどっちも使えるようになっていたらしいです。

ここで投票です。

【右利き?左利き?】右利き 左利き両利き

--


今回はまた、「右利き・左利き」だけのようです。


毎年やるのなら、それはそれでいいのですが、何かしら統一してもらえると、データ的にもおもしろいのでは? と思います。


因みに、私自身は、なんでも大抵のことは左手・左側でこなす、強度の左利き―いわゆる典型的な左利きです。
それゆえ世の中には、なんでも右の右利きの人となんでも左の左利きの人がいる。
ハッキリ二つに分かれるものと思い込んでいました。


ところが、20数年前から左利きについて活動し、色々と勉強するようになりますと、実はそうではないと知りました。
実際は、偏りの度合いの強い人もいれば、偏りの度合いの低い人もいるということです。


 強い左利き~弱い左利き~弱い右利き~強い右利き


というように、ひとつながりの分布になっています。
そして、誰もがそのなかのどこかに位置する、ということなのです。


自分では右利きのつもりでも実は、左利きに近い右利きであるかも知れないのです。
あるいはその逆や、どちらとも判断しにくい場合もあるということです。


それは、利き手だけでなく、利き足利き目といったものがあり、それは手・腕以外にも左右対称の器官があるということです。


さらに、文字は右手でも書けるようになったが、箸遣いは左のままといった、動作ごとに実際に使う手が異なる場合もある、ということです。


 ・・・


私は、左利き生活50数年20数年前から左利き生活・左利きの生き方を研究しています。
今では、ブログ・ホームページ・メルマガで左利き関連の記事を発信して、左利きライフ研究家を自称しています。


・ブログ:2003.12.23~『レフティやすおのお茶でっせ』
・ホームページ:2004.1.8~『左利きを考える レフティやすおの左組通信』
・メルマガ:2006.9.28~『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』最新号BN
(現在、読者が漸減状態です。冷やかしでいいですから、この機会に読者登録をお願いたします。
 無料で週一回の発行です。興味を感じた人はどうぞ!
 無料登録でメアドをもらえるところ―ヤフーとかgooとか―があります。
 そのメアドをメルマガ専用にして登録していいただければ、自分の元のメアドに迷惑メールが来る心配もありません。)


*備考:
・2004.6.13 教育評論家(当時現役小学校教師)・親野智可等氏発行『親力で決まる子供の将来』 No227(2004.6.13発行分)で紹介される
・2007.12.6 『R25』2007年12月6日号(no.170)リクルート 左利き記事「ランキンレビュー/右利きが左利きより多いのはなぜ?」コメント掲載
 「右利きの人は、利き手に関して恵まれた環境で暮らしています。私は、左利きの人も同様に自分らしい生き方ができるように、メルマガやサイトを通じてご理解を求めるべく努力しています。よろしくご協力を!」
・2009.1.16 『モノ・マガジン』2009年2月2日号「左利きグッズ大図鑑」で『お茶でっせ』が紹介される
・2009.3.6 日経BPサイト・コラム、親野智可等『父親のための親力養成塾』第45回 で『お茶でっせ』が紹介される
・2009.4.30 『左利きの子 右手社会で暮らしやすくするために』東京書籍(2009.5.2)
 巻末資料作成に協力。


『左利きの子 右手社会で暮らしやすくするために』ローレン・ミルソム/著 笹山裕子/訳 東京書籍 ―今までの日本になかった、自身左利きで左利きの子を持つ母である、イギリスの有名左利き用品専門店オーナーによる、左利きの子供を持つ親・先生へ向けた、左利きの子の生活支援のための手引書。


左利きの子 右手社会で暮らしやすくするために/ローレン ミルソム
¥1,995
Amazon.co.jp



All About 「子育て事情」左利き男性は高収入のワケ
All About 「住宅設計・間取り」キッチンにも左利き用がある

*本稿は、レフティやすおの他のブログに転載しています。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012年05月15日(火)

内容がないよう!

テーマ:メルマガ「楽しい読書」

私の読書論-33-初心者のための読書の仕方を考える(15)
最初の一冊の選び方(12) 本選び(選書)の方法 IV 直接法(4)
―第81号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記


★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★
2012(平成24)年5月15日号(No.81)-120515-
私の読書論-33-初心者のための読書の仕方を考える(15)
最初の一冊の選び方(12) 本選び(選書)の方法 IV 直接法(4)
http://archive.mag2.com/0000257388/20120515120000000.html


風邪を引いています。
先週水曜日から鼻水・くしゃみが止まらず、少し熱っぽく、完全に風邪の症状です。


少しずつ快方に向かいつつあるというところです。

で、毎日早めに休んでいます。


今回は、そういうことで、メルマガも発行があやしい状況です。


努力はしています。
結果的に、内容が読み甲斐のないものになっているかもしれませんが、ご容赦ください。
(えっ、元々だって? ありゃ~ぁ! 内容がないよう!!)


簡単ですが、これで今号の編集後記とします。
では。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。