2011年06月30日(木)

冒険サスペンスでも読むように:二つの愛の形『赤と黒』スタンダール

テーマ:メルマガ「楽しい読書」
赤と黒〈上〉 (岩波文庫)/スタンダール
¥840
Amazon.co.jp


赤と黒 (上) (新潮文庫)/スタンダール
¥540
Amazon.co.jp


赤と黒 (上) (光文社古典新訳文庫 Aス 1-1)/スタンダール
¥800
Amazon.co.jp


―第60号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記


2011(平成23)年6月30日号(No.60)-110630-
二つの愛の形『赤と黒』スタンダール
http://archive.mag2.com/0000257388/20110630120000000.html


スタンダールの『赤と黒』は、ドストエフスキーの『罪と罰』と並んで、かつては世界文学全集の第一巻を争った、といわれる名作です。


しかし、近年ではあまり人気がない、といわれています。
これは、私にはちょっと残念です。


私はこの作品を結構楽しんで読みました。


冒頭ロシアの人名・地名に悩まされた『罪と罰』に比べて、章立ても短く、とっつきやすい文章で、スラスラと読み始められました。


野心にあふれた主人公の行動とその恋愛を描いたこの作品を、『罪と罰』ともども推理小説、あるいは冒険サスペンス小説的な興味で、主人公に感情移入しながら読んだものでした。


そのうち(どちらもそうかもしれませんが)、愛の物語になってゆくところも意外に楽しめました。


そういう意味でも、若い人に若いうちに読んでもらいたい、という気持ちがあります。


 ・・・


一応、この作品(及び、日本の作品に関しては、森鷗外の「舞姫」)をもって、19世紀半ばから20世紀初頭にかけての時代(日本式に言いますと、だいたい明治時代初期から大正初期にかけて)の名作・名著を扱うのを中断します。


まだまだ興味深い紹介したい作品は幾つもあります。

たとえば、今東日本大震災以降再び注目されている宮沢賢治の諸作、海外では、先に挙げたドストエフスキーの『罪と罰』などなど。


しかしこれらの作品は、またの機会とします。


当面は、古典中の古典とも言うべき、古代のものをざっと見てゆきたいと考えています。
では、今後にご期待を!


罪と罰〈上〉 (岩波文庫)/ドストエフスキー
¥840
Amazon.co.jp

罪と罰 (上巻) (新潮文庫)/ドストエフスキー
¥780
Amazon.co.jp

罪と罰〈1〉 (光文社古典新訳文庫)/フョードル・ミハイロヴィチ ドストエフスキー
¥860
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年06月15日(水)

岩波文庫<名著・名作再発見!>最初の一冊の選び方:「原典」から入ろう!

テーマ:メルマガ「楽しい読書」

:私の読書論-22-初心者のための読書の仕方を考える(4)
―第59号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記


★「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」★

2011(平成23)年6月15日号(No.59)-110615-
私の読書論-22-初心者のための読書の仕方を考える(4)最初の一冊の選び方
http://archive.mag2.com/0000257388/20110615120000000.html


本誌でも書きましたように、今(5月19日から)書店で、

2011年岩波文庫フェア

「小さな一冊を楽しもう 名著・名作再発見!」
 http://iwanami.co.jp/moreinfo/bunfair2011s/index.html

を実施中。


本誌でも紹介した古典の名著・名作を含む 80点・86冊です。



本誌で今までに紹介した古典作品は、以下の10点。


舞姫・うたかたの記 他三篇 森 鴎外
2011(平成23)年2月28日号(No.53)-110228-人知らぬ恨「舞姫」森[鴎おう]外
http://archive.mag2.com/0000257388/20110228120000000.html

■ にごりえ たけくらべ 樋口 一葉
2010(平成22)年12月31日号(No.49)-101231-
大人への階段「たけくらべ」樋口一葉
http://archive.mag2.com/0000257388/20101231120000000.html

森の生活 ―― (ウォールデン)(全2冊) ソロー/飯田 実 訳
2011(平成23)年4月30日号(No.56)-110430-簡素で高貴な生活
『ウォールデン 森の生活』H・D・ソロー
http://archive.mag2.com/0000257388/20110430120000000.html

茶の本 岡倉 覚三/村岡 博 訳
2011(平成23)年1月31日号(No.51)-110131-東洋から西洋へ『茶の本』岡倉天心
http://archive.mag2.com/0000257388/20110131120000000.html

武士道 新渡戸 稲造/矢内原 忠雄 訳
2009(平成21)年8月31日号(No.24)-090831-『武士道』新渡戸稲造・太平洋の橋
http://archive.mag2.com/0000257388/20090831074000000.html

代表的日本人 内村 鑑三/鈴木 範久 訳
2009(平成21)年12月31号(No.29)-091231-
『代表的日本人』内村鑑三―I for Japan
http://archive.mag2.com/0000257388/20091231074000000.html

論語 金谷 治 訳注
2008(平成20)年1月 創刊号(No.1)『論語』―学ぶことは楽しい
http://archive.mag2.com/0000257388/00000000000000000.html

■ 老子 蜂屋 邦夫 訳注
2008(平成20)年3月号(No.3)-080331-“水”のような生き方『老子』
http://archive.mag2.com/0000257388/20080331074500000.html

歎異抄 金子 大栄 校注
2008(平成20)年8月31日号(No.9)-080831-
『歎異抄』弱きを救う阿弥陀さま
http://archive.mag2.com/0000257388/20080831074500000.html

ソクラテスの弁明 クリトン プラトン/久保 勉 訳
2008(平成20)年12月号(No.12)-081231-
『ソクラテスの弁明』まとわりつく虻
http://archive.mag2.com/0000257388/20081231074500000.html


参考図書として挙げたものも数点あります。



読書論で取り上げたものは、


読書について 他二篇 ショウペンハウエル/斎藤 忍随 訳
2009(平成21)年5月15号(No.17)-090515-
私の読書論―その2―読書の三種類(続)
http://archive.mag2.com/0000257388/20090515074500001.html



今後取り上げる予定のものも多く含まれており、
楽しみなラインアップです。


これらの中から、あなたの「最初の一冊」をお選びになることをおススメします。

これらの「原典」から是非あなたの読書に入ってください!

そして私と一緒に、「プチ教養人」を目指して、読書家になりましょう!

--


◆発行人:レフティやすお◆ プロフィール


【プチ教養人(を目指す)読書家】 元「本屋の兄ちゃん」5年8カ月/読書メルマガ発行人3年6カ月


☆本屋の兄ちゃん☆

 本が、読書が好きだったから、若い頃、

 司馬遼太郎先生のエッセイ「駅前の書店」 (『司馬遼太郎が考えたこと 15』新潮文庫)に登場する

 東大阪市の栗林書房、その今はなき八戸ノ里支店で5年8カ月働く。


★読書メルマガ発行人★

 読書嫌い・古典苦手を克服し、

 「読書は楽しい!」を実感する「プチ教養人」に変身しよう!

・古典&読書法メルマガ「レフティやすおの楽しい読書」 月2回 ☆

 月の半ばは初心者のための読書法を、月末は古今東西の古典の名著・名作を隔月交互に一点ずつ紹介します。

 読書とは他人(ひと)様の人生や思惟を追体験すること。「楽しい読書」で素敵なひと時、豊かな人生を!

レフティやすおの作文工房

--

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年06月12日(日)

流れ星に願い事…渡瀬謙『たった5秒のあいさつでお客様をザクザク集める法』

テーマ:【レフティやすおの読書室】

レフティやすおの作文工房-渡瀬謙『たった5秒のあいさつで...
(画像:渡瀬謙『たった5秒のあいさつでお客様をザクザク集める法』)
《これって、流れ星と似ていると思いませんか? [...] 自分のやりたいこと、自分の夢、将来像などを、5秒間の言葉にして、いつも持ち歩くこと。そうしていれば、すぐにそれを伝えることができます。/人に伝わることで、夢や目的は実現へと向かいます。》

またまた友人が本を出しました。

今度の本は、本気で読みました!


どちらかというと義務的に読んできたところのあった、

『営業は口ベタ・あがり症だからうまくいく』『「しゃべらない」営業の技術 (PHPビジネス新書)』

といったここ二、三の本とは違い、

「ホントにモノにしてやろう」 という気で。


いわゆる「挨拶・自己紹介」について書いた本ではなく、 「自分をいかにアピールするか」の本です。


 ・・・


流れ星って一瞬が勝負です。不意に現れて消えてしまう。

そこですかさず願い事ができる人って、普段から自分の夢を強く熱く抱いている人でしょう。

そういう「人」だからこそ、そんな「思い」だからこそ、「実現する」のではないでしょうか?


この本を読めば、読んで実行すれば、あなたもそんな「人」になれる(!?)かもしれません。

少なくとも、限りなく「グッと近づける」ような気がします。


「たった5秒で何ができる?」

「いいえ、たった5秒だから、できるんです!」


「火事場の馬鹿力」って言葉があります。

あれと同じ。

短時間だからできるんです。

内向型の、内気な、気の弱い、人前に出るのが苦手な人の場合は。


一発勝負、みたいなものです。


でも、ひとたび相手がこちらの話をしっかり聞いてくれるとなれば、違うんです。

話しやすいんです、そういうときには。


自分の得意なことなら。

自分の専門のことなら。


誰でもそうでしょ?


でも、始めは5秒です。

他人が実際に、聞いてくれるのは、それぐらいの時間です。


5秒―そこまで圧縮するには、準備が要ります。

普段からきちんと作戦を練っておくのです。


流れ星に願いをかけるときのように。

普段からしっかり「願い事」を決めているから、一瞬に反応できるんです。



『たった5秒のあいさつでお客様をザクザク集める法』渡瀬謙/著 同文舘出版(2011.6)

たった5秒のあいさつでお客様をザクザク集める法 (DO BOOKS)/渡瀬 謙
¥1,470
Amazon.co.jp

序盤、この著者にしては、かなり厳しいダメ出しをします。

今までの自己紹介のやり方に対して。


自分の「5秒あいさつ」にそれだけ自信があるからなんでしょう!


「自己紹介はビジネスだ!」

「親しくなるためじゃない!」

―そんな感じです。


もちろん、これはビジネス書で、ビジネスの場面でのお話です。


でも、一概にそれだけとは言えませんよね。

何かの折に出会った人との話のなかで、とんとん拍子にビジネスや何か趣味にしろ、次の展開につながったりすることもあります。

そういう絶好のチャンスを逃がさない方法なのです。


「5秒あいさつ」って何か?


第一のポイントは、「自分を知れ」「自分の売りを知れ」ってことなんです。

第二のポイントは、「ターゲット絞り込んで、そこに向けて押し出せ」ってことです。


本に書いているのは、順番が逆ですがね。

「誰に」「何を」です。


あんまり書いちゃうと、本を読む人がいなくなるのでやめます。


一つだけ書きます。


6章の見出しにこうあります。


 「大勢に伝わらない工夫をしよう」


意外!

多くの人に自分を知ってもらうのが自己紹介と思ってたでしょ?

違ってたんです。


現在私も、サイトやメルマガの紹介文や、プロフィル欄の自己紹介文を検討し直し、書き換えている最中です。


評価すると、★4つ。(100点満点で120点以上!?でないと★5つを出さない、私のなかでは上々の数字です! 心情的には★4.5付けたいんですが。)


マイナス点は、

たとえば、事例の一つに「ただ今、○○マンションの方に…」p.158とあり、

最初に「誰に」を明確にしている…、としている点。


今時これぐらいではダメ、ということ。

マンションのオートロックの入り口に陣取って、「こちらのマンションにお住みの方限定うんぬん」とやっているセールスマンがいて嫌われているのは常識。


一例ということなのでしょうが、こういうものを挙げているようでは、まだまだ甘い。

友人だからこそ、辛口にしておきます。


--

左利きの仲間で友人・渡瀬謙の著書についての記事

2011.5.19 【渡瀬謙/監修『毎日役立つ!もう悩まない!!即効ビジネスマナー』日本文芸社2011.1】

週刊ヒッキイhikkii260左利き教本について考える(2)おさらい

(お茶でっせ)  (新しい生活)

2011.3.4

新社会人奮闘記ラノベ 渡瀬謙『新入社員ヒロと謎の育成メールの12ヵ月』

(お茶でっせ)  (新しい生活)

2010.6.28

実践で学ぶ本、渡瀬謙『営業は口ベタ・あがり症だからうまくいく』

(お茶でっせ)  (新しい生活)  (作文工房)

2010.6.18

渡瀬謙の新著『“内向型”のための雑談術』届く

(お茶でっせ)  (新しい生活)  (作文工房)

2009.12.12 【『内向型人間の人づきあいにはコツがある』大和出版】

今週の週刊ヒッキイ―第201号「左利きのお子さんをお持ちの親御さんへ<特別編>」

(お茶でっせ)  (新しい生活)

左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii

第201号(No.201) 2009/12/12「左利きのお子さんをお持ちの親御さんへ<特別編>」

 <特別編>原点に戻って―最初につまずかないこと または、左利き人間の生き方にはコツがある

2009.3.4

お知らせ:友人渡瀬謙の新著「内向型営業マンの売り方にはコツがある」

(お茶でっせ)  (新しい生活)  (作文工房)

2008.12.29

左利き本の新刊『左利きの人々』渡瀬けん著

(お茶でっせ)  (新しい生活)

--

※本稿は、ココログ版『レフティやすおのお茶でっせ』より 「流れ星に願い事…渡瀬謙『たった5秒のあいさつでお客様をザクザク集める法』」 を転載したものです。(この記事へのコメント・トラックバックは、転載元『お茶でっせ』のほうにお願い致します。ただし承認制になっていますので、ただちに反映されません。ご了承ください。)

--

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。