2010年11月30日(火)

文学初心者入門書―文庫版“ちくま文学の森”から

テーマ:メルマガ「楽しい読書」


レフティやすおの作文工房-文庫版“ちくま文学の森”
―第47号「レフティやすおの楽しい読書」別冊編集後記


●レフティやすおの楽しい読書●
2010(平成22)年11月30日号(No.47)-101130-
 文庫版“ちくま文学の森”から
http://archive.mag2.com/0000257388/20101130120000000.html


私は以前、図書館で“ちくま文学の森”のシリーズが並んでいるのを見て、
手に取り、非常におもしろい企画だと思いました。


装丁も上品で雰囲気があり、選者もそれぞれ個性的で、
内容的にも、色とりどりな印象でした。


選ばれている作品のいくつかは、既読のもので、
各巻のテーマとの距離感といったものも、だいたい分かりました。


その当時は、既読が含まれているということもあり、
改めて読むことはありませんでした。
いずれ機会があれば、読んでみてもいいなあ、という感じでした。


今回、本誌で露伴を取り上げるにあたって、
露伴の小説を読もうとした時に、
このアンソロジーを手に取りました。


露伴の小説は、やはり現代の私たちには読みづらい所があり、
このアンソロジーのように
表記が「改善」されていると助かります。


この本は、本文でも紹介していますように、
現代の若い人、読書初心者に読みやすいように、原文を尊重しながらも、
現代的な表記に改め、読みやすくされています。



ということで、露伴の小説でも読みやすくなっているのでした。

来月取り上げる予定の樋口一葉の二大名作「たけくらべ」「にごりえ」も収録されていて、
これらも読みやすくなっています。


私は、早川書房【異色作家短編集】のような“奇妙な味”系の短編小説や
『怪談』のような“幻想と怪奇”系の短編小説などが好みで、
色々と読んでいます。


主に海外の翻訳ものが中心ですが、日本の作品も少しは読んでいます。
元々が上田秋成『雨月物語』から入ったようなものですから。
(もちろんそれは子供向けのものでしたが。)


この“ちくま文学の森”でも、それらの作品が比較的多く収録されています。



特に、第3巻『変身ものがたり』などはその最たるものでしょう。

本文でも一部触れていますが、

上田秋成『雨月物語』から「夢応の鯉魚」や、夏目漱石「夢十夜」、
中島敦「山月記」、泉鏡花「高野聖」、乱歩の「人間椅子」など。
アポリネール、エーメ、ダンセイニ、ゴーチエ、ゴーゴリといった海外勢。

萩原朔太郎の詩(巻頭)と「猫町」が含まれているのが何とも言えません。


以下続刊も楽しみです。


美しい恋の物語 ちくま文学の森 1巻(全10巻)/著者不明
¥998
Amazon.co.jp


心洗われる話 ちくま文学の森 2巻(全10巻) (ちくま文学の森 2)/著者不明
¥998
Amazon.co.jp


ちくま文学の森3巻 変身ものがたり/安野 光雅
¥1,050
Amazon.co.jp


ちくま文学の森4巻おかしい話/著者不明
¥1,050
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年11月15日(月)

「なぜ本を読むのか?:私の読書論-17-」

テーマ:メルマガ「楽しい読書」

―第46号「レフティやすおの楽しい読書」別冊編集後記


●レフティやすおの楽しい読書●
2010(平成22)年11月15日号(No.46)-101115-「私の読書論-17-なぜ本を読むのか?」
http://archive.mag2.com/0000257388/20101115120000000.html


デカルトのように、一般人が独力で「世間という大きな書物」を読み解くことは、
「現実の世界を読む」ことは、大変な難行です。


だから、その手引きとなる本を読むのだ、と本誌で書きました。


本にもいろいろな種類の本があります。


人生について書いたもの、
人の心について書いたもの、
仕事のやり方を書いたもの、
などなど。


またその書き方も、
直接事物に沿って書いたもの、
物語仕立てにして遠まわしに書いたもの、
などなど。


人それぞれ自分に合ったものを選ぶことができます。


本のいいところは、それらを自分のペースで読めることです。



返し縫いのごとく、
同じところを何度も何度も繰り返しながら、少しずつ進んでゆく人もあります。


子供の頃、教科書やノートの片隅にイタズラ書きしたパラパラアニメでも見るように、

パラパラっと読み進める人。


自分でこれはと思うところだけつまみ読みする人。


同じ本を何度も何度も挫折しながらでも、最後まで読み進める人もいます。


それぞれ、自分の読み方でいいのです。


要は、いかにして読むかです。


そして、時には読まないという選択肢もありです。


それが本です。


大事なことは「自分で」読むこと。
「自分の意志・意思」で読むこと
です。


所詮、人のために読むのではないからです。


それさえ理解していれば、あとはまったく自由です。


自分のやり方を通しましょう。



では、今日はここまで。
See you next time.


●レフティやすおの楽しい読書●
 バックナンバーから


・2009(平成21)年8月15日号(No.23)-090815-私の読書論―その5―読書のイロハ(1)なぜ読書が必要か
http://archive.mag2.com/0000257388/20090815074000000.html
2009年08月15日(土)
私の読書論その5―読書のイロハ(1)なぜ読書が必要か―第23号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10319898651.html#main


・2009(平成21)年9月15日号(No.25)-090915-私の読書論―その6―読書のイロハ(2)なぜ読書?
http://archive.mag2.com/0000257388/20090915074000000.html
2009年09月15日(火)
私の読書論―その6―読書のイロハ(2)なぜ読書?―第25号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10339943524.html


【おまけ】


最近読んでおもしろかった本:

『平和をつくった世界の20人』ケン・べラー、ヘザー・チェイス
作間和子、淺川和也、岩政伸治、平塚博子/訳 岩波ジュニア新書 2009.11.20


岩波サイトより
《『森の生活』のソロー,『沈黙の春』のカーソン,「MOTTAINAI」のマータイをはじめ,ガンディー,キング牧師,ダライ・ラマ,マザー・テレサ,リンドグレーンなど,人間と動物の権利を重んじ,地球環境を守る平和な社会をめざした世界の20人をコンパクトに紹介.それぞれの人の〈ことば〉を日本語・英語で掲載.》


―ノーベル平和賞受賞者を中心に、平和への五つの道筋にそった人物各四人を選び、小伝とその言葉を紹介する。
自然を愛し、シンプルな生活を心がけ、心の“平和”のためには、国家の定めた法律よりもより高い法に従い、自らの信念を実践したソローから始まり、ソローの考えに触発された人々、ガンディー、キングなどを経て、非暴力による改革、経済的・精神的貧困からの脱却、宗教・人種等の差別の解消、自然や動物など地球環境保護といった、平和への道を考える本。


I「非暴力を選ぶ」●ソロー、◆ガンディー、●キング、アンデルソン・サー。
II「平和を生きる」●マザー・テレサ、ティク・ナット・ハン、コールマン・マッカーシー、オスカル・アリアス。
III「多様性を大切にする」ブルーノ・フッサール、デズモンド・ツツ、リーアン・アイスラー、◆ダライ・ラマ。
IV「あらゆる命を重んじる」●ヘンリー・ソールト、◆シュヴァイツアー、●リンドグレーン、◆ジェーン・グドール。
V「地球環境を大切にする」●レイチェル・カーソン、デイヴィッド・スズキ、ネーダー・ハリーリ、◆ワンガリ・マータイ。
(私が知っている人は全体の約半分。●印:著作・伝記など既読、◆印:名のみ知る。)


心に残ったことは、「持続可能な○○」といった考え方と、平和に生きる方法を教える「平和学」という考え方
-

平和をつくった世界の20人 (岩波ジュニア新書)/ケン・ベラー&ヘザー・チェイス
¥882
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。