2010年05月31日(月)

コナン・ドイル『シャーロック・ホームズの冒険』―名探偵の代名詞―第33号「楽しい読書」別冊編集後

テーマ:メルマガ「楽しい読書」

●レフティやすおの楽しい読書
 2010(平成22)年5月31日号(No.35)-100531-
コナン・ドイル『シャーロック・ホームズの冒険』―名探偵の代名詞   
http://archive.mag2.com/0000257388/20100531074000000.html


◆ 別冊編集後記 ◆


メルマガのラストで書きました、アイリーン・アドラーといえば、短編シリーズ第一作「ボヘミアの醜聞」に登場する女性です。


唯一ホームズを打ち負かしたといっていい犯人の女性。
ホームズは彼女を、"The Woman"と呼び、その写真を事件解決の謝礼として手に入れます。


当時30歳のオペラのプリマ・ドンナ。
男装の麗人として、ホームズを尾行し声をかけながらも正体を見破られなかった、という。


  《シャーロック・ホームズにとって、彼女はつねに「あの女性(ひと)」である。ほかの呼びかたをすることは、めったにない。ホームズの目から見ると彼女は、ほかの女性全体もくすんでしまうほどの圧倒的存在なのだ。》


『シャーロック・ホームズの冒険』アーサー・コナン・ドイル 日暮雅通/訳 光文社文庫(p.11)


  《シャーロック・ホームズの周到な計画が、ひとりの女性の機知の前に破れ去った話である。ホームズは、それまでよく女性の知恵を嘲笑したものだったが、最近のわたしはそれを聞くことがなくなった。そして、アイリーン・アドラーの話をするときや、その写真のことにふれるとき、彼は必ず「あの女性(ひと)」という敬称を使うのである。》
   同書(p.54)


一体ホームズにとって、この女性はどういう存在だったのでしょうか?


これはシャーロッキアンにとっても一つの魅惑的な謎なのでしょう。
色々な説があるようです。
女嫌いのホームズがただ一人の恋心を抱いた女性説。
探偵としての能力で勝てなかったという屈辱を味わわされた女性説、など。


まあ、私にとってはどうっていうこともないのですが―。



こういう小説の楽しみ方もあるということです。


読書はやはり奥深いものです。
読んだ数だけ話題になるものです。


そういう意味では数読むことも価値がある、ということでしょうか。


ではでは、今日はこの辺で。



↓「ボヘミアの醜聞」「赤毛組合」「まだらの紐」など名作ぞろいの第一短編集


シャーロック・ホームズの冒険―新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)/アーサー・コナン・ドイル
¥880
Amazon.co.jp

シャーロック・ホームズの冒険 (創元推理文庫)/アーサー・コナン・ドイル
¥945
Amazon.co.jp

↓荒野の魔犬伝説に基づく傑作長編

バスカヴィル家の犬―新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)/アーサー・コナン ドイル
¥660
Amazon.co.jp

↓ホームズ物語のパロディ&パスティーシュのカタログ

シャーロック・ホームズ・イレギュラーズ ~未公表事件カタログ~/森瀬 繚
¥1,575
Amazon.co.jp

●最近の「レフティやすおの楽しい読書」●


2010(平成22)年5月15号(No.34)-100515-私の読書論-11-蔵書を並べ替える効用      
5.15 私の読書論-11-蔵書を並べ替える効用―第34号「楽しい読書」別冊編集後記

2010(平成22)年4月30号(No.33)-100430-ダーウィン『種の起源』―進化理論を確立    
4.30 ダーウィン『種の起源』―進化理論を確立―第33号「楽しい読書」別冊編集後記

2010(平成22)年4月15号(No.32)-100415-私の読書論-10-蔵書を並べる効用      
4.15 私の読書論-10-蔵書を並べる効用―第32号「楽しい読書」別冊編集後記

2010(平成22)年3月31号(No.31)-100331-H・G・ウェルズ『タイムマシン』―暗い未来

3月31日(水) H・G・ウェルズ『タイムマシン』―暗い未来―第31号「楽しい読書」別冊編集後記



■レフティやすおのもう一つのメルマガ:
―発行部数300部超!日本唯一の左利きによる右利きと左利きのための左利きの"現役定期"メルマガ―
『左利きで生きるには 週刊ヒッキイ』
『左組通信』「左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii」のページ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年05月15日(土)

私の読書論-11-蔵書を並べ替える効用―第34号「楽しい読書」別冊編集後記

テーマ:メルマガ「楽しい読書」

●レフティやすおの楽しい読書●

2010(平成22)年5月15号(No.34)-100515-
私の読書論-11-蔵書を並べ替える効用     
http://archive.mag2.com/0000257388/20100515074000000.html


◆ 別冊編集後記 ◆


蔵書をどう扱うか、というのは大きな問題です。


我々のように限られたスペースで本を所蔵しなければならない者にとって、
本をどう“処分”(いやな響きの言葉です!)するかが重要です。


できる限り手元に残しておきたいと思うものです。
しかし、限度があります。


押し出し法を使うしかありません。
一定の枠を決めて、その枠からはみ出したものは、惜しくとも“処分”することになります。


そういう枠組みのためにも、本の並べ替えは必要不可欠です。


常に最新の“自分情報”に照らして、不要なものを選んでゆきます
これは致し方ないことで残念なことですが、結果として本の理解にもつながります。]


将来の再読や情報としての活用の可能性を含めて、一冊の本の要不要を決めるのは難しい面もありますが、欠かすことのできない重要な復習の機会ともいえるでしょう。



▼メルマガで取り上げた本:

種の起源〈上〉 (光文社古典新訳文庫)/チャールズ ダーウィン
¥880
Amazon.co.jp


スマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫/サミュエル スマイルズ
¥560
Amazon.co.jp




●最近の「レフティやすおの楽しい読書」●

・2010(平成22)年4月30号(No.33)-100430-ダーウィン『種の起源』―進化理論を確立   
http://archive.mag2.com/0000257388/20100430074000000.html

4.30 ダーウィン『種の起源』―進化理論を確立―第33号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10517960203.html

・2010(平成22)年4月15号(No.32)-100415-私の読書論-10-蔵書を並べる効用     
http://archive.mag2.com/0000257388/20100415074000001.html

4.15 私の読書論-10-蔵書を並べる効用―第32号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10506619465.html

・2010(平成22)年3月31号(No.31)-100331-H・G・ウェルズ『タイムマシン』―暗い未来

http://archive.mag2.com/0000257388/20100331074000000.html

2010年3月31日(水) H・G・ウェルズ『タイムマシン』―暗い未来―第31号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10493477305.html

・2010(平成22)年3月15号(No.30)-100315- 私の読書論-9-私のお薦め本

http://archive.mag2.com/0000257388/20100315074000000.html
2010年3月15日(月) 私の読書論-9-私のお薦め本―第30号「楽しい読書」別冊編集後記

http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10479932329.html

・2009(平成21)年12月31号(No.29)-091231-『代表的日本人』内村鑑三―I for Japan
http://archive.mag2.com/0000257388/20091231074000000.html

2009年12月31日(木) 『代表的日本人』内村鑑三―I for Japan―第29号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10421378380.htm


■レフティやすおのもう一つのメルマガ:
―発行部数300部超!日本唯一の左利きによる右利きと左利きのための左利きの"現役定期"メルマガ―
『左利きで生きるには 週刊ヒッキイ』
『左組通信』「左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii」のページ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。