2008年02月24日(日)

ろんご・ロンゴ・論語―創刊号「楽しい読書」別冊編集後記

テーマ:メルマガを作る

ブログで、メルマガ「レフティやすおの楽しい読書」の編集後記を綴ってみましょう。

まずは第一回は、創刊号(発行日:2008/01/31)から。


2008(平成20)年1月 創刊号(No.1)『論語』―学ぶことは楽しい


 ・・・


「ろんご・ロンゴ・論語」と口に出して読んでみる。
なんとなくいいリズムで心地よく楽しい気分になりませんか?


そうなんです。
『論語』を読むってホントは、そんな心地よさが愉しみの一つなんです。


昔の時代劇ではよく寺子屋の場面があり、子供たちが浪人風の先生のあとについて「シ、ノタマワク…」と素読していました。


あの読み下し文というのもなかなかリズム感があって良いものでした

リズム感があるから暗誦できる。
暗誦できると、ふしぎなことに、いずれは理解できるようになるものなのです。


でもそういうことは、ある程度大人になってこないとわかりません。


だから子供はとにかく大人たちがいいということには従わなければいけません。
その教えに従ううちに、自分で自然と判断できるようになります。
そのときにおかしいと思えば、改めるべきは改めればよいのです。


ただし、大人は子供を教え導く立場ですから、子供以上に勉強していなければいけません。
それも昔の教えをただ順々と守るだけでなく、常に何が真実かを問い直すという作業を忘れてはいけません。


とにかく、『論語』というのは2500年も前にまとめられた本でありながら、依然変らぬ人の心のあり方、本質を捉えています


短い言葉で表現されているからこそ、いつの時代にも当てはまるような解釈が可能になったりもします。
この辺もおもしろいところでしょうか。


私は一種人生のマニュアル本などと呼んでいます。
そういう自分なりの読み方でいいんじゃないでしょうか。



【お勧めの楽しみ方】


まずは一日一章句、読んでみる

時間はほとんどかかりません。
朝一番にほんの一分。


そんな日を続けてみてください。
40日ほどで「学而」「為政」といった章が終わります。


「どっかでこんな文句聞いたことあるでぇ」と思い当たる章句にきっと出合うはずです。
少し興味が湧いてくるのではないでしょうか。


そうしたら、そのとき入門書を読んでみてください。
そんな読み方をおすすめします。


---
「レフティやすおの楽しい読書」


●マガジンID 0000257388
●カテゴリ  アート・文芸 > 文芸 > 批評・論評
●マガジン形式  テキストメルマガ形式
●バックナンバー設定  全て公開 
●発行周期  月刊
●メールマガジンの説明文:
若い頃は本屋の店員だった本好きのレフティやすおと「楽しい読書」を通して豊かな人生の時をすごしましょう。読書とは他人(ひと)様の人生を追体験すること。そこから何かを学ぶか、ひと時の愉快な時間をすごすか、自分なりの楽しみを見つけてください。


※ 登録は、サイドバーからどうぞ →


---
◆レフティやすおのもう一つのメルマガ「左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii」

―左利きの人、左利きに興味のある人のためのメールマガジン発行中!

(最新号はこちら)

* 親野智可等・発行「親力で決まる子供の将来」No913 2007/12/26号 で紹介されました! 

*『R25』ランキンレビュー「右利きが左利きより多いのはなぜ?」 でコメントが紹介されました! 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年02月13日(水)

久しぶりにアメブロのブログ、アメーバルームを更新する

テーマ:ブログ

タイトルにもあるように、久しぶりにアメブロのブログ、アメーバルームを更新してみました。


新たに本と読書の月刊メルマガ「レフティやすおの楽しい読書」を始めたということもあり、その登録フォームをサイドバーにいれたり、アメーバルームのプロフィールを更新してみたりしました。


メルマガの読者開拓のついでに、色々手を入れてみたわけです。


他のブログも模様替えというほどではないのですが、順に色々と手を入れています。


こちらもボチボチ、更新したいものです。

ほったらかしのテーマが色々ありすぎるぐらいにありますから。


では、とりあえず本日はこの辺で。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年02月06日(水)

本と読書に関する新メルマガ「レフティやすおの楽しい読書」発行!

テーマ:メルマガを作る


レフティやすおの楽しい読書

最近ずっとご無沙汰です。
たまにはなんとかしなくっちゃ…。

というわけでもないのですが、
報告です。


2月5日『まぐまぐ!』http://www.mag2.com/ から、新しいメルマガの発行承認のお知らせが届きました。


1月31日に、本と読書に関する新メルマガ「レフティやすおの楽しい読書」の発行を申請していましたが、その承認です。


従来のメルマガ「左利きで生きるには 週刊ヒッキイ」に続く、二番目のメルマガです。


今回は、当面月刊(月末発行予定)で発行し、状況によれば、月二回程度まで拡大してもいいかな、という気持ちでいます。


もしよろしければ、ご登録ください。
無料です。
登録及び解除は、いつでもできます。


 ・・・


■発行承認のお知らせ

マガジンID 0000257388
マガジンタイトル レフティやすおの楽しい読書


以下の場所でメールマガジンが掲載(紹介)されます。
・メールマガジン個別ページ http://www.mag2.com/m/0000257388.html
明日以降にページが作成されます。
・新作メールマガジンページ http://www.mag2.com/new/
明日から1週間掲載されます。
・「ウィークリーまぐまぐ」内の「新作メールマガジン情報」コーナー
掲載日程など詳しいことは、後日あらためてメールでお知らせします。

(【掲載号】 「ウィークリーまぐまぐ エンタテイメント版」 2008/02/08(金)号―2/6に決定の通知あり)


 ・・・


「レフティやすおの楽しい読書」

●カテゴリ  アート・文芸 > 文芸 > 批評・論評

●マガジン形式  テキストメルマガ形式

●バックナンバー設定  全て公開 

●発行周期  月刊

●発行者WebページURL  http://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/


●メールマガジンの説明文(全角120文字/半角240文字以内)

若い頃は本屋の店員だった本好きのレフティやすおと「楽しい読書」を通して豊かな人生の時をすごしましょう。読書とは他人(ひと)様の人生を追体験すること。そこから何かを学ぶか、ひと時の愉快な時間をすごすか、自分なりの楽しみを見つけてください。

●バックナンバー(創刊号:見本誌)
「2008(平成20)年1月 創刊号(No.1)『論語』―学ぶことは楽しい」
http://archive.mag2.com/0000257388/index.html


第一号は、ここ三四年で一番のお気に入りの本、『論語』を取り上げています。


本文では、『論語』が何ゆえに私のお気に入りとなったかその理由にふれながら、『論語』がすばらしい本であることを説いています。


「付録」では『論語』を楽しく読める本をいくつか紹介しています。


次号(今月末の発行予定)では、『トム・ソーヤーの冒険』を紹介する予定です。


ぜひ私といっしょに本を読むこと、読書の楽しみを味わいませんか。
そして、己の人生を豊かのものにしませんか。



登録及び解除(配信中止)は、

こちら→ http://www.mag2.com/m/0000257388.html


◆レフティやすおのもう一つのメルマガ

「左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii」

―左利きの人、左利きに興味のある人のためのメールマガジン発行中!

(最新号はこちら)

* 親野智可等・発行「親力で決まる子供の将来」No913 2007/12/26号 で紹介されました! 

*『R25』ランキンレビュー「右利きが左利きより多いのはなぜ?」 でコメントが紹介されました! 

---

※本稿は、ココログ版『レフティやすおのお茶でっせ』より転載したものです。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。