2005年05月31日(火)

下書きを書く(その三)―オレ流ブログの書き方・その5

テーマ:ブログの書き方

 前回文末で「次回は、実際の投稿の手順など。」と紹介したが、まだ忘れ物があったので、「下書きを書く」を続ける。前回まで例に挙げていた記事(『お茶でっせ』の記事「人間の幸福、左利きの幸福」 )では画像は扱っていなかったので、つい忘れていた。今回は最近の『お茶でっせ』記事「勝手に左利き筆法になる?ヨーロペンYOROPEN」 を例にして書いてみる。


5 ・画像を用意する(画像を載せる時)

最近は、画像の扱いも各社色々なパターンを用意しているようなので、一言では説明しにくい。
今、私が標準で使っているのは、小画像が冒頭に入り、それをクリックすると元の画像がポップアップするもの。
元の画像をそのまま貼り付けられタイプもある。


本当ならそちらの方が読み手側の手間がかからず良いと思うのだが(以前はそのパターンを使っていた)、最近は投稿設定を変えるのが億劫になって、用意されたままに使っている。
年のせいか、投稿方法が改良?されるのについて行けなくなって来ている。
この辺はご自分で良いと思う方法をおとり下さい、としか言えない。


ただ、一部のブログでは一記事に付き一画像というところもあるので、画像を用意する場合、二枚入れたい写真があるときは画像を作り直す必要がある。また画像の大きさや全体の容量にも制限を設けているところもあるので、その辺も考慮する必要がある、と付け加えておく。

 

この記事では、投稿画像をひとつにしようと、各画像を合成してみた
ココログは何枚でも画像を組み込めるのだが、転載先のgooブログは一記事に付き画像が一枚と決まっているためだ。


まずペン自体を紹介するための、パッケージ込みの写真。次にペン本体の写真を二点(上から見たものと横から見たものと)―このペンの特徴である通常のペンとのペン先の違いを示すため。さらにその具体的な使い方を示す写真を二点(ペン先を真っ直ぐなままにしたものと右に倒したものと)。都合5点の写真を合成した。

フォト・エディターを使って各写真から必要な部分だけを切り取ってコピー、貼り付けして作成した。大きさは、320×240が標準になっているようなので、これに近い数字に合わせて作成した。今回は縦型にまとめた。

ヨーロペン

元になる画像はデジタル・カメラで撮っているのだが、私のカメラには、撮影の際にメール・サイズ(320×240)を同時に記録するという設定があって、それを使って撮っている。(他のカメラにもあるのかどうか私は知りません。)そして、その小さい方の画像を投稿用のベースに使っている


次回はようやく、「6・原稿を広げる(原稿の首尾を見る―原稿段階の最終チェック)」に入ります。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年05月24日(火)

下書きを書く(その二)―オレ流ブログの書き方・その4

テーマ:ブログの書き方

* 下書きを書く(その二)―オレ流ブログの書き方・その4

※今回も引き続き、『お茶でっせ』の記事「人間の幸福、左利きの幸福」 を例にとって説明する。


* 下書きを書く(その二)

3・取材する


メモに記入された要素書かんとする内容―主題を肉付けするための資料を集める

ものを紹介する場合それについての詳細情報考察文では論理を展開するための補強となる具体的な事実など。
本の場合は、手持ちのものはその都度参照できるので、特にメモをくわしくとる必要はないが、そうでない場合は、ネットを使ってできうる限りの情報をパソコンにプールしておく。
そして、いつ何時でも取り出せるように準備しておく。


今回は、まず種となる言葉があるので、これについて出典を明示する。
手元にある本の書名、著者名、翻訳ものなら訳者名、出版社名を書き出す。


次に、左利きについての普段の印象をまとめたメモを参照する。
パソコンの左利き関連フォルダーにあるものから、役に立ちそうなものをいくつでも取り出してみる。
それらをひとつの画面に載せて並列に表示してみる。
その中から本日の主題に沿うもののみをピックアップする。

4・パソコンのメモ帳に原稿を書く


これらのメモ用紙(カード)、または既にパソコンに入っているメモなどを元に、パソコンのメモ帳を起動して文章を書いてゆく。


文章を書く上で大事なことは、 まず、一番大事なことを先に書いてしまう
これは、書き忘れないため。私達素人の文章には往々にして、肝心要のことを書き忘れることがある。

あとは、文章の展開に沿って必要なカードを並べて、文章の段落ごとに書き出してゆく
できれば段落ごとに見出しをつけて整理する。
その後、各見出しごと―即ち、段落ごと―に、文章をまとめてゆく。


文章の書き方の詳細については、今後折にふれ別の形で書いてゆくつもりなので、ここでは詳述しない。


一応、起承転結といった基本的な流れに沿って、まとめるようにする。
結論が大事なことは言うまでもない。
あとはこれにいたる道を示せばよい。その道は曲がりくねった道より真っ直ぐな道の方がわかりよい。だからストレートに表現するのがよい。
なぜそういう結論にたどりついたのかを説明すればいいのだ。


 入り口となる事実 ⇒ さらなる具体例を併記 ⇒ 導き出される結論


といったものだ。前回示した例で言うと、


種:〔メモ1〕 ⇒ 種から:〔メモ2〕の断片A ⇒ 日常の印象から:断片B ⇒ 発想の転換:断片C ⇒ 結論:断片D


となる。


次回は、実際の投稿の手順など。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年05月17日(火)

下書きを書く―オレ流ブログの書き方・その3

テーマ:ブログの書き方

もうお忘れかもしれないが、前回は、1・何を書くか考える(テーマと仮題を決める) について書いた。

今回はその次の段階に進む。

 

2・メモを取る(チラシの裏を利用した手製のメモ用紙&パソコンのメモ帳を使用)
3・取材する(主に本・雑誌・新聞、インターネットでホームページやウェブログなど)
4・パソコンのメモ帳に原稿を書く

この辺はひっくるめて、下書きを書く、と分類していいだろう。

 

※以下引き続き、昨日(5月16日)の『お茶でっせ』の記事「人間の幸福左利きの幸福」 を例にとって説明する。

 

* 下書きを書く(その一)*

2・メモを取る


メモの取り方は、メモ用紙(※注1)に思いついたことを書き出してゆく。

基本的に一枚一項目。いわゆるカード方式だ。

今回のように、ひとつのところで使用するという使用目的があらかじめ明白な場合、あるいは共通の要素のあるものは、同じ用紙(ページ)に併記しても良い。


この記事の場合、種(核)となる言葉があるので、これをまずパソコンのメモ帳(※注2)に書き出す


〔メモ1〕

#

ベンジャミン・フランクリン『フランクリン自伝』松本慎一/西川正身訳(岩波文庫)

「人間の幸福というものは、時たま起るすばらしい幸運よりも、日々起って来る些細な便宜から生れるものである」

#

サミュエル・スマイルズ『自助論』竹内均訳(三笠書房知的生きかた文庫)

 「人間の生活は元来、比較的ささいなことがらから成り立っているものなのだ。ちょっとした行動のくりかえしによって人間の全人格は形成され、国家の性格も決定される。堕落した人間や衰退した国家には、必ずといってよいほど、ささいなことがらを無視して来た形跡が認められる。」
「日々の経験が教えてくれるように、ささいなことがらに不断の注意を払うことは人間の進歩の前提だ。そして努力は、幸運を生み出す母親とも呼べるものである。」


〔メモ2〕

断片A:種から―

 些細な事柄に向ける注意こそが、人の世を進歩させる原動力

 一見些細なことと見えるものの中にこそ、人にとって社会にとって大切なものが含まれている

断片B:日常の印象から―

 ちょっとした使いやすさが心にうれしい

 左利きの人には左手・左利き用の品物が心地よい

断片C:発想の転換―

 恵まれた者は感謝の気持ちを忘れてはいけない

 感謝の気持ちを抱けば、その喜びを分かちあう気分になる

断片D:結論―

 互いを思いやる、些細な便宜の積み重ねの中にこそ、人間の幸福は見出される

 身の回りの些細なことから世の中を見直してゆこう

 

※注1:メモ用紙―チラシの裏を利用した、お手製の用紙。大きさは、外出時用は文庫本ぐらいのものを二つ折りにして使用。下敷きがなくても困らないように、二枚重ねぐらいにしている。いつもポケットに入れている。一ページずつ使用する。

家用は、その半分の大きさ。ひとつの小型バインダーの下に大、上に小をはさんで置いてある。使用時は随時そこからはずして使う。

使用後のもの(便宜上"カード"と呼ぶ)は、専用の"貯金箱"にクリップでまとめておく。

※注2:私は、ブログの原稿はみなメモ帳に書いている。これだとタグを打ち込んで置けるので、そのまま原稿として新規投稿欄に使える

 

このアメーバブログは4月からhtmlタグが使えるようになった。以前はここ専用に文字式のタグを打ち込んでいた。<太>とか<青>とか。

そのため、前回はえらい目にあった。記入の方法が変わっていたので、先に書いていた部分がみんなやり直しになってしまった。あららっ。

でも、これからは他のブログと同じ感覚で下書きして置けるので、楽になった。やれやれ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年05月11日(水)

再開します

テーマ:ブログ

4月18日以降、マシン・トラブルで更新できない状態が続いていました。

それ以前からしばらく更新が途切れていたため、一ヶ月以上のブランクとなってしまいました。

お詫びします。

ごめんなさい。 m(_ _)m


またボチボチ再開しますので、これからもよろしくお願いいたします。


予定がどんどん狂って行きますが、何とか修正したいと考えています。

ですが、どうなることやら・・・。


あまり決め付けずにちんたらやってゆく方がかえってうまくいくのかもしれませんね。

では。 c(^0^)y /~~

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。