Cana116、ちょっと夢を語る | 左利き高校生の主張 〜左利きと右利きの相互理解に向けて〜

左利き高校生の主張 〜左利きと右利きの相互理解に向けて〜

日本左利き協会の高校生ボランティアスタッフが左利きについて日常で感じることや喜怒哀楽を発信しています。

日本左利き協会のサイトは下のURLから!
https://lefthandedlife.net/index.html

こんにちは、Cana116です。

今回も利き手アンケートのコメントからお届けしていきます。今回はこちらです。

「まだまだ右利き優先の世の中だなと思います。小さい頃ほど左利きだということにおどろかれることはないですが、不便なことを伝えると大体の方が「考えたことなかった」と仰います。少なからず、左利きの方たちは嫌な思いをしてきたと思います。これから大きくなる子や生まれてくる子が嫌な思いをしない世の中になるといいなと思います。そのサポートをしてくれるといいなと思います。」


そうですね。右利きの方は何気ない普段の生活でも、そこにちょっとした不便が隠れています。

一瞬話がそれますが「ユニバーサルデザイン」って聞いたことありますよね。障がい者の方にも使いやすい、見やすい、デザインのことです。あれ、左利きにも当てはまると思っています。詳しい話はまたいずれ、お届けしたいと思っています!


コメント主の方「これから大きくなる子や生まれてる子が嫌な思いをしない世の中に」とおっしゃっています。非常に強く共感します!私も、その一心で活動させていただいています。私たちが歩んできた道よりも歩きやすい道を、これからの世代の人たちには残していきたいですね。

左利き協会に入った理由も、大きくそこに理由があると思っています。また、このコメントにもあるように、より左利きの方々が暮らしやすい生活を送れるよう、精一杯努力を重ねていきます!


感想や取り上げて欲しい話題などはコメント欄からお願いします。


高校生ブログランキングにも参加しています。下のバナーをクリックorタップして応援お願いします!


それでは、また次回

2020.01.12 Cana116



高校生ランキング