感性を育むもの(2)

テーマ:
「音楽」と「赤ちゃんともち」  で  
その子らしさを引き出すお手伝い✨
音楽教室コン  アフェットの伊崎です音符

前回の記事の続きです。


感性を育むためにお家でできることHome

まずは大人の方が違いを感じて下さいね。
例えばお茶を淹れるときに
丁寧に淹れてみてくださいお茶

淹れる前の茶葉の甘い香りをかぎ
お湯の温度や蒸らし時間時計にも心を配り
お湯を注ぐ時の音も意識して聴いて

頂く時には目を閉じらぶ②
お茶の香りと味をよく味わって
口に当たる器の感触はどんな感触はてなマーク

こんな風に五感フル稼働させて
お茶を味わうと、いつもより
きっと美味しいはずほっこり


お風呂の中でもできることお風呂

洗面器にお湯をはり、そのお湯の中に
手をつけてから上げると
指先からポタポタと涙涙涙
しずくが落ちていきますね。

そのしずくを洗面器のお湯で
受け止めてみて下さい。
音がしない時もあるのですが
ピチャッ涙と水が跳ねる音がする時
よぉーく聴いてみて下さい耳

少し高い音や低い音がしませんか?
(これはお茶を最後の1滴まで注ぐ時にもきこえます!)


しずくの音楽しずくの音楽
2,000円
Amazon
水の跳ねる音でメロディーを録音されてるんですよ!


お布団の中でもできることzzz

シーツやパジャマの感触は
どんな感じでしょうか?
サラサラ?ふかふか?

電気を消して視覚を遮断したら
お子さんと、お互いの心臓の鼓動を
胸に耳を当てて聴いてみてください。
そしてお腹も!

時々お腹が、ぐぅ~と鳴るのが
周りにも聞こえますが
自分ではわからないけれど
お腹に耳を当てている人にしか
わからない小さな音がするんですよ!

コミュニケーションにもなりますから
是非やってみてくださいニコ


五感を刺激してさえいれば
音楽的なセンスが養われるのか?
それは絶対とは言えません。

ですが、しっかりと感じとる力を
伸ばすことは様々な部分に影響を
与えるのは確かです。

本好きな本その子は、より
素晴らしい表現力を身につけて
美しい物語を創るかもしれません。

思いやりのあるその子は、より
周りの人の気持ちを理解し
誰かの気持ちを明るくするかも
しれません。

お子さんが将来お医者さんになり
子どもの頃に培った感性が
患者さんの、ちょっとした
変化に気づくきっかけとなり
誰かの命を救うかもしれません。

その子だけが持つ感性は
こうやって周りにも伝染して
いくのではないかと
私は思っていますニコニコ


レッスン室の小鳥の噴水(?)水のチョロチョロ流れる
音は心癒されます。

      ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
        ご質問や無料体験レッスンなど

              お問い合わせはコチラ音符音符

        お問い合わせお待ちしていますウインク
       ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪