トロイメライ

トロイメライ

趣味のあれこれを綴っています。
~現在blog移行中のため、随時過去記事が増えていきます~


テーマ:

ハローキティは音楽と英語が得意なんだって鉛筆ルンルン

あなたはどんな科目が得意だったかおしえてほしいな照れ



ブログを放置してしまっていたので、リハビリがてら質問に答えたいと思います

好きと得意は違うんだよね。

中学までは得意な科目も苦手な科目もなかったです。

単元ごとに苦手はあったけど…

国語は文法、理科は力学が突出して苦手でした。

得意なのは…特になかったかなぁ。

強いて挙げれば数学?

連立方程式が好きでした。

あとは理科でも電気と天文かなぁ。

音楽はピアノ習ってたから対応できたので、得意科目なのかな?


高校に入ってからは1年生の時だけなら化学。

3年間通してなら古文漢文かなぁ。

一応、理系なのですが

理系の中で比較したら数学も化学も物理も得意とは言えないけど、文系も含めた全高校生の中でなら得意な方になるのかもしれません。



みんなの回答を見る右矢印
キャンペーン詳細右矢印


テーマ:

横浜で行われたHandmade MAKER'S本多 宏美先生の秋色フルーツタルトのWSを受講しましたラブ

もう1か月も前アセアセ

WSやらレッスンやら受講はしているのですが、ニス塗ってから写真撮ろうとか思っているうちに溜まってしまいましたドクロタラー

 

みずみずしい秋のフルーツが載った美味しそうなタルトですナイフとフォーク

フルーツの作り方はまだまだ知らないことが多いので勉強になりました。

 

勉強といえば、クレイパティシエール学科講座で写真の撮り方を学んできました。

光の当て方に気を付けて撮った写真。

色の出方やフルーツの瑞々しさが違う乙女のトキメキ

人数も多いので狭いスペースだったので、コーディネートが中途半端なのが心残りではありますが…。

(習ったことを生かして自宅で撮り直せばいいだけの話なのですがガーン)


テーマ:

2日目は5時起きですアセアセ

最近の京都はものすごく人が多くて日中の混み具合に辟易しそうなので、清水寺は早朝に見ることにしました。

ホテルも最寄りのバス停から清水寺までは1本で行けますグッ

混んでいる京都駅前を通らないで移動できるので、良かったです。京都駅から徒歩でも15分くらいだったけど、地下鉄も使えたし便利でした。

三年坂を登っていくけど、まだ暗い。

でももう夜は明けているので、到着する頃にはいい感じのハズ。

 

地元の小学生らしき団体さんがいました。

日中は混んでるからこんな時間に来るんだろうか…。先生も大変アセアセ

 

まだ建物内だと暗くて、照明が必要でした。

外は灯りなくても歩けるくらいなんだけどね。

 

京都の街並みも霞がかって見えます。

紅葉は夜露に濡れているのか少し暗め。

 

清水の舞台の灯りがまだはっきり見えます。

観光客も割といるけどゴミゴミした感じではないし、列になってなんかいないので快適です。

地元の方がウォーキングなのかラジオ体操にでも向かうのか集まっていく様子もありました。

そうそう、こういう風景が観たいの。

 

だいぶ明るくなってきました。

 

が、まだすっきりとした青空でもないし、葉の色も濃いのでどっしりとした感じの風景です。

でも、この写真で判る通り、清水の舞台も全然混雑してないの。

朝の清涼な空気とお寺の凛とした雰囲気を味わうにはこの時間は最適でした。

 

この風景、ずっと眺めていたい…ハート

 

ぐるりと回って反対側から見る清水の舞台も素敵。

ちょっと舞台上に人が増えてきたかな?

でも日中の混み具合を考えたら空いている方なのかな?

 

混んでいたら絶対見落としてしまいそうなお地蔵様にも気づくことができました。

 

音羽の滝と清水の舞台もじっくり見ることができました。

 

帰りは地元の人に勧められた道を通ることに。

これが大変でした。

石畳が濡れているのでスニーカーなのに滑るし、結構下っていくので最後上りが長いし。

でもでも、本当に人がいなくて、風景を独り占めできました照れ

 

紅葉と石畳のこの風景が好きで、一時期facebookの背景画像にしていました。

 

この風景を独り占めっまじかるクラウンハート

 

ところどころの散紅葉が美しい。

本当に贅沢ラブ乙女のトキメキ

 

こうやって近くで見ると鮮やかで紅葉の盛り!って感じなんだけどなぁ。

 

最後に上ってきた坂。

写真で見ると大したことなさそうなんだけど、傾斜が急だし足元滑るし最後の最後で大変でした。

 

迂回して帰る形になったので、だいぶ追いつかれたらしくこの辺りは人が居たなぁ…。

 

 

来た時と全く明るさが違います。

これからホテルに戻って、朝食です。

この辺りでモーニングと思ったら、まだお店がやってなかった。

 

朝食取ってから移動しても東寺の五重塔の特別公開のオープン前に入れるのです。

今回の観光はオープン時間とか考えて、どうしたら混雑を避けられるのかを重視して日程を組みました。


テーマ:

結社のお参りも済んだので、来た道を戻りつつお夕飯をいただきました。

湯葉のあんかけがたっぷりのおうどんハート

湯葉ダイスキなのでたまりません。

アツアツでちょっと冷えた体が温まりました音符

 

まだ貴船に着いて1時間くらいなのに、もう真っ暗です。

松明の光が明るくて暖かい。

電気だけどキレイ。

蝋燭ならもっとキレイなんだろうなぁ…。

 

思ったほどは混んでいなくて、人が途切れることはないんだけど、ビッシリでもない感じ。

京都市内もこのくらいだとありがたいんだけど…。

一眼レフじゃなくても手持ちのコンデジでこの程度は撮影できました。

一応ちょっとだけ色温度とシャッタースピードはいじってます。

旅行のカメラは倍率が欲しいので、ミラーレス一眼でも荷物になるのでコンデジ派です。

 

降りてきた階段を振り返ると、ガイドブックとかで見る風景~~~ラブラブラブ

貴船まで来て良かったハートと思える光景です。

鳥居まで戻ってきました。

貴船神社は絶えず水の音が聞こえて、浄化されていくような空間でした。

 

バス停までの道でこんなものを見つけました。

川に浮かぶ灯篭ハート

光が揺らめいて本当にキレイでした乙女のトキメキ

 

バスは本当に混んでいて、ピストン輸送だけどすぐには乗れない感じでした。

満員で乗れなくて次のバスを待つという。

平日だったし、それでも空いていたんだとは思うけど、貴船口駅から叡山電車ではなくバスで市内に戻ろうと思っていたんだけど、間に合わず残念。

貴船口駅から市内のバスは空いているという情報もあったので、狙ってたんだけど数分間に合わず…。

叡山電車は改札の外まで行列で、駅のホームに入るまでが大変。

 

でも、この風景、駅のホームから見えた貴船の紅葉。

とても綺麗だったので見惚れていたら、電車がすぐ来ました。

この時間なのに鞍馬から乗ってきている人がいて座席は埋まっていたんだけど、そんなに立っている人は多くなかったので、紅葉のトンネルが見やすそうな場所に。

一応写真も動画も撮ったんだけど、upできるクオリティじゃなかったのでガーン

是非紅葉の時期に叡山電車に乗って確かめてみてくださいサファイア


テーマ:

奥宮へ歩を進めるとどんどん暗くなってきました。

 

灯篭の明かりが映えるようになってきました。

でもまだライトアップされていなくても風景を楽しむことはできました。

 

そうこうしているうちに奥宮に到着。

だいたい17時頃でした。

これより早いとまだ明るいし、遅いと闇に沈んでしまうし、意図せずですがちょうどよい時間に到着することができました。

 

 

日中来たことがないから比較はできないけど、火の灯りが映えてとても綺麗でしたダイヤモンド乙女のトキメキ

 

来た道を戻り、結社にも忘れずに伺いましたハート


テーマ:

ペンワークの課題は最初からジョンテニエルのアリスにしようと決めていました。

線画がペンワークにぴったり鉛筆ですし。

左上にチェシャ猫を描こうとしていたのですが、ごちゃごちゃしすぎな気がして、マッドハッターだけにしました未だ見ぬ明日に

ヨーロッパといえば石畳とかレンガのイメージなので、リム部分はレンガ模様にしました。

他のイラストでシリーズで作っても良いかも乙女のトキメキ


テーマ:

Little sweets factoryのりょうこ先生のジオードケーキダイヤモンドのプライベートレッスンを受けてきましたハート

できあがった作品はこちらハート

キラキラで可愛いラブラブラブ

 

 

私は欲張って2つ作成し、ジオード部分も大きめにしてみましたダイヤモンド

左奥と中央奥の2つが私の作品ですハート

キラキラなジオードケーキが出来上がりましたハート

赤いのはお見本通りのガーネットガーネット

左奥は2色のグラデで作成しましたサファイアアメジスト

リアリティを追求してベリル(アクアマリン&エメラルド)もしくはコランダム(ルビー&サファイア)などの同じ組成の石でグラデを作ろうかと思ったのですが、グラデの美しさを重視してリアリティを追求するのはやめました。

鉱物を作るのではなくジオードケーキを作るので、そこまで追求しなくてもよいかな…と思って。

でも、中央部分の鉱物の感じとかは拘って作ってみました乙女のトキメキ

ブログで拝見するよりも実物は更に本物の鉱物っぽくてりょうこ先生のアイディアには驚かされました。

手前にあるのはいただいた鉱物和菓子乙女のトキメキ

美味しかったですハートごちそうさまでしたハート

 

いろんな色で作成できるので、他の色もたくさん作ってみたいです音符

鉱物によって結晶の感じとかも違うから、そのあたり拘りだしたら止まらなさそうですラブ


テーマ:

ポーセラーツのインストラクターディプロマで作成した作品でアップしてないのがあったので。

タイル作品です乙女のトキメキ

森アーツセンターギャラリーでミュシャ展を見てから、課題のいずれかでミュシャを取り入れようと思っていたので、タイル作品をミュシャにしてみました。

ミュシャの宝石シリーズを描きました。

左からガーネット、トパーズ、アメジスト…だったかな?

あんまり人と被るのが好きじゃないのでミュシャにしたんですが、最近はミュシャを取り上げている作品も結構ありますねアセアセ

背景のモザイクが細かくて大変なので、アウトラインは描きましたが色はラスターで表現しました。

卒業制作の次くらいに時間がかかった作品かもしれません。

タイルそれぞれで下地が違うのですが、真ん中の下地が一番描きやすかったので一番細かい図案を。

右側が描きにくかったので、それなりの図案をというように下地で図案を選びました。

制作中の思い出といえば

下絵を写して「…似てない」

線描きして「…似てない」

色を入れて「…似てない」

と似てなさにうんざりして、先の長い工程を思ってはため息をつきつつ取り組んだ記憶があります(いい思い出じゃないドクロガーン)

インストラクター作品の課題って先生のお見本通り作ったものもありますが、自分でデザイン考えたものは自分の好きなもの作ったひとがいなそうなものという感じでデザイン決めていました。

が、工程の大変さはあまり重視していなかったので、たいてい途中で「なんでコレにしたんだろう…」と思いながら作っていましたねタラー

今となってはいい思い出です乙女のトキメキ


テーマ:
たんじりょうこ先生のスイカのソルティーグラニテスイカを教えていただきました。
池袋サンイデーのレッスンは申込日が平日だと受講できないのでアセアセ諦めていたのですが、プライベートレッスンを行うという事だったので、受講できました乙女のトキメキ

出来上がりはこちら
{E351FA43-F8E9-4329-A293-E2812FE72ABE}

どう見ても本物です。

集合しても…
{3359E50E-6F90-483B-A5D5-308247C8B5F6}

美味しそうスイカラブラブ
工程がスゴイ。
スイカの色も一色ではなかったり、作り上げるのに何度も試されたんだろうなーと。
だからこそこんなにも本物にしか見えない作品が出来上がるんだろうなぁと思いました。
スイカ部分はなんとなく予想していたのですが、それよりも工程が分かれていて、細部への拘りを感じました。
そういうところは私が苦手なところなので、第一線のクレパテさんの細やかな仕事を感じて刺激を受けました。
グラニテ部分は全く想像してなくて、作ってる最中も「これ、お見本みたいになるんだろうか?」と内心思っていたのですが、最後にぐんっとお見本通りになって感動しましたルンルン
種が2色とも入らないなんてことがありましたがアセアセ、先生に対処していただき無事完成しました。
ジオードケーキも楽しみですラブ




テーマ:
ショコラノワールのBasicClassを受講してきましたラブラブ
作成したのはこちらキラキラ

1回目のレッスンで宿題となったアイスクリームを使って、アイスフレームが完成照れ
{D95621D6-8379-4D17-B873-6E2793C2FE43}
12個って大変アセアセ
被らないように、並べた時にバランスが良いように…と考えると10個で手が止まり…ガーン
味が想像できるものを作るという信念を捨てタラー、右上と左下を作りました。
並べ方も迷ってこの配置に。
背景に引いているのはスクラップブッキング用のペーパーです。
たくさんあるので活用しました。

{2EFDE0D2-27FD-4548-9194-1B9E8C9E99AC}
そしてイチゴのケーキ、マカロン、パフェも完成ラブ
イチゴのケーキはクリームたっぷりにラブラブ
生クリーム嫌いなので、食べるならクリーム少なめがいいんだけど、スイーツデコならクリームたっぷりが可愛い。
パフェも自分じゃ絶対作らないマンゴーにしてみました。
マンゴー苦手なんですアセアセ
自分からは作らないものに敢えて挑戦してみるのもレッスンの醍醐味だとチャレンジしました。
出来上がりはオレンジ色で可愛い乙女のトキメキ
でもマンゴーのねっとりとした濃厚な甘みが特に苦手なので、さっぱりさせるためにソーダ系の爽やかなアイスを添えました。
同系色で纏めるのも良いですが、ブルーベリーの紫とソーダの水色を差し色にした方が可愛くなりそうだったので。
一応、アイスフレームの上段真ん中とか3段目の左はパフェ用に作ったものです。
私が作るスイーツデコやフェイクスイーツは見た目も、食べた時の食べやすさも考えて作るようにしているところが拘りです。
色んな意味で食べにくそうな作品って、ウソっぽいので。
パフェならコーンフレークの上下に何が入るかとか(今回はコーンフレーク無いけど)は気にしてます。
パフェは後ろから見た姿もちゃんと作ったのですが、写真撮ってないガーン
乾燥していないのに持って帰るのが怖かったので、次回レッスンまで先生に預かっていただいているので、手元にもないんです。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス