中耳炎
中耳炎は、子供に多い中耳に細菌が入り炎症をおこす病気です。成長途中の乳児や子どもは、耳管が未発達で細菌などが侵入しやすいです。そのため、風邪をひいた時、喉や鼻に病気が起こったときなどは、特に中耳炎にかかりやすいです。

中耳炎の種類
中耳炎は急性中耳炎と慢性中耳炎に分けられます。3カ月以上急性中耳炎が治らないと慢性中耳炎といわれます。急性中耳炎が治った後、中耳に浸出液(しんしゅつえき)が溜まったままになることがあります。これを滲出性中耳炎といい、子供に多くみられる中耳炎です。

■急性中耳炎
耳痛、難聴、耳閉感、耳鳴、発熱、耳漏などの症状がみられる。乳幼児の場合は理由なく泣いたり不機嫌になったり、耳をさわったり、食欲不振になることがあります。

■慢性中耳炎
痛みはほとんどなく、難聴や耳漏が主な症状です。

■滲出性中耳炎
子供の80%は、中耳炎になっても自覚症状を訴えないと言われます。集中力の低下や返事が遅い、ボーっとしていることが多かったら注意が必要です。

治療は薬物療法が基本ですのでアロマテラピーを取り入れる場合も担当医と相談して実践してください。

子供に刺激の少ない抗菌作用のある芳香成分
抗菌作用のある芳香分子はモノテルペン炭化水素類、モノテルペンアルコール類、フェノール類、芳香族アルデヒド類。その中でも皮膚刺激が弱いのがモノテルペン炭化水素類とモノテルペンアルコール類。特にモノテルペンアルコール類は酸化しにくく子供にもおすすめです。

■モノテルペンアルコール類を含む抗菌作用のある精油
ゼラニウム・エジプト
パルマローザ 
ティートゥリー
マジョラム
ラベンダー・スピカ
ローズウッド

キャリアオイル(植物油)5mlに上記精油どれか20滴をブレンド

ローズウッド 20滴
キャリアオイル 5ml


3滴を耳の周りに塗布

滲出性中耳炎用に粘液溶解作用のある芳香成分
ケトン類を含む精油に粘液溶解作用がある。

セージ
ヘリクリサム
ラベンダー・ストエカス
ローズマリー・カンファー
ローズマリー・ベルベノン

※但しケトン類は神経毒性があるため乳幼児には注意をして使用する必要があります。

ローズマリー・ベルベノン 10滴
ヘリクリサム 10滴
キャリアオイル 5ml
耳の周囲に3~4滴を塗布(1日3回)
※3歳以下の乳幼児には使用しない


【メディカルアロマをする前に】

このブログを読む前後に目を通してくださいm(__)m

【 メディカルアロマ 目次 】 ←初めての方は便利です

【ブログ内検索】 ←検索したいキーワードを入力するだけで記事がみつかります


人気ブログランキングへ1日、1クリックして頂けると嬉しいです

『2015年サードメディスン・プロジェクト認定
 アドバイザー基礎講座 開催予定地・日程』


日時:3/7(土)―8(日) 場所:神戸(三ノ宮駅周辺)
日時:3/16(月)―17(火)  場所:東京
日時:3/28(土)―29(日) 場所:広島

講師:軍場大輝

時間10:00~18:00 受講料 90,000円 年会費12,000円
>>詳しくはコチラ<<

>>お申し込みはコチラ<<
(クリックすると申込フォームにジャンプします)



『嗅覚』は、五感で一番強く本能や生体反応と結びついている器官で、嗅覚刺激反応により理性(大脳新皮質など)に邪魔されること無く、心身の状態を把握する鍵を握っています。
記事の執筆者である 軍場大輝 がメディカルアロマ分野で10年間かけて行った臨床研究から開発した「サードメディスン・チェック」は、科学的に証明されている芳香分子による脳の反応(嗅覚刺激反応)を、たった8本のアロマオイルを嗅ぐことで分析することができます。(特許取得)

サードメディスン・チェックを活用することで、脳の反応から個々人の身体に合った最適な食事や運動、健康法を導き出すことができる【サードメディスン理論】を学びたい方はこちらの画像をクリックしてくださいね↓


一般社団法人サードメディスン・プロジェクト