maple sugar shack | リーフ英会話のブログ

リーフ英会話のブログ

          福岡の個別指導重視の英会話スクール•赤坂駅から徒歩6分•天神から17分•英語ワンポイントレッスンをブログで公開します


テーマ:

こんにちは!Sayoです。

もう暑いという話題も飽きたので、

去年の今頃旅行していたQuebec Cityを思い出して

現実逃避しようと思います(笑)

 

でもホントにとても美しい街だったので

ちょっと紹介させてください(^^)

 

いろいろ魅力的なものに出会えるQuebec Cityの中でも

まず甘党の私の心をひきつけたスポットが

 

「maple sugar shack」

 

そう、メープルシロップ小屋です!

 

カナダ≒メープルのイメージってあると思うんですが、

カナダのどこでもメープルシロップ取れるわけじゃないんですね。

 

メープルシュガーツリーっていう

限られたメープルの木からしか取れなくって

その木は限られた主に東の方の地域にしか生息しないんです。

 

だからKelowna(西の方)にいた私は

この時初めて”maple sugar tree”とご対面!

(響きから美味しそう!)

感激で木をなめてみたい衝動を抑えるのが大変でした・・笑

 

といっても実は、シロップ収穫の時期は4月ごろの数週間のみとすごくレアなので

私が行ったときは樹液たら~りはなく、なめたくても舐められなかった(涙)

 

この貴重な数週間に何が起こるかというと、

木の中で凍っている樹液が

お昼少し気温が上がったときに溶けて、

事前に空けてあった穴からタラ~っと出てくるんですね。

 

この時の気温差の違いや収穫のタイミングによって

色や味(ビターとかライトとかいろいろありました!)も違うから不思議~

 

っていうより、樹液も凍るカナダの冬恐るべし・・( Д)

 

で、昔はバケツ一杯になったのを集めて回ってたそうですが、

今はこの長ーーく張り巡らされたホースで、集めちゃいます!

 

で、集めたのを精製して

おっきな窯で丁寧に丁寧に煮詰めて・・・・

 

商品になっていきます☆

 

ちなみにこれを煮詰めて練ったのが「メープルバター」です

なんかバターって聞くと脂肪分がありそうですけど

100%メープルシロップなんですね

 

「へ~~~!!!」

 

この時大量買いして帰ろうと思ったら

帰りの飛行機は液体100mlまで( ;∀;)

 

じゃあメイプルバターや!!って思ったけど

メープルバターも液体扱いと言われる( ;∀;)

 

しぶしぶ一番小さい100mlボトルのみ購入( ;∀;)

 

でもおばちゃんが最後にHPからネットで帰るわよと教えてくれました!(商売上手)

ので皆さんにも紹介しますね☆笑

 

L'ÉRABLIÈRE DE L'ÎLE D'ORLÉANS

↑ここからHPへ飛べます♪

 

メープルシロップが好きすぎて長くなってきたので

次回に街中のきれいな写真を載せます☆

 

ちなみにこれはSugarShackに併設されていた釣り堀。

・・なぜ?笑

Leaf Eikaiwaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス