こんにちは川島です。

 

アドラーコンサルティングの

 

ブログを移転します。

 
無料電子書籍の紹介や
 
部下が付いてきてしまうリーダーシップ
 
働きたくなる職場のヒントなどを書いています。
 
今後ともよろしくお願いいたします。

↓    ↓    ↓

 

https://adlerconsulting.info/

 

 

 

 
 
アドラー心理学を身近に感じていただきたい!
そして、実際に使えることを体感していただきたい!
 
そんな思いでアドラー心理学友の会
横田会長(現小学校校長)が
皆さんの可能性を引き出すためにサポートしてくれてます。
これこそ共同体感覚の実践者だと心から思うのです。
 

『One Dayアドラー心理学』とは、

アドラー心理学に興味をお持ちの方、現在学んでいる方、

さらに実践している方が、団体、会派を超えて集い、

“共同体感覚”で学びを深める場です。

(社)日本アドラー心理学協会以外で学ばれた方

アドラー心理学には興味があるけど、

まだよくわかっていないという方も一緒に学びましょう!


◆日時:2018年3月10日(土) 9:30〜16:20
◆場所:福岡商工会議所 406会議室
  福岡市博多区博多駅前2丁目9−28

 

 

◆内容

セッション1【9:20〜10:50】
ワークショップ主催者 山本規三
テーマ「相互尊敬、相互信頼が創り出す横のつながり」

 

 

セッション2【11:00〜12:20】
ワークショップ主催者 小林伸尚
テーマ「会社を成功させる秘訣とは?アドラー心理学を会社に活かす具体的方法!」

 

セッション3【13:30〜14:50】
ワークショップ主催者 生田千年雄
テーマ「組織と働く人、アドラー心理学で眺めてみれば」

 

セッション4【15:00〜16:20】
ワークショップ主催者 北村由美子
テーマ「より良い関係をつくるために〜すべての行動には目的がある〜」

 

 

◆参加費:1セッション 500円

     ◎4セッションすべて参加されると2,000
     当日、受付でお支払いください。
◆申し込み:Googieフォームよりお申し込みください。
           ↓ ↓ ↓
    
https://goo.gl/forms/UXcRw2TZ12APZ1qh1


◆後援:一般社団法人 日本アドラー心理学協会

 
 

パワハラ問題に危機感を感じている
経営者・上司・人事・総務の方へ


パワハラ加害者の体験は
パワハラ対策の大きなヒントとなるはずです。

 



目次

◆パワハラを振り返る

◆仕事内容

◆T君

◆パワハラへ変化

◆無断欠勤

◆精神崩壊

◆正しくても

◆リーダーの仕事

◆大人の発達障害

◆被害者がやってはいけない事

◆パワハラは対処より予防

◆パワハラ加害者は自ら気付く事

 
 
 

 

 
 
 

 

会社で教えてくれない 


PTAで学んだ人が動く法則

 

 

●つい権力に頼ってしまうリーダーへ


●上下関係や優劣だけで判断しがちな管理職へ


●離職率が高い会社の幹部の方へ



面倒だと思っていた


小学校PTA会長を引き受け


総替えでスタートした役員8名。

 


PTA経験者もゼロ、


お互いの人間関係も真っ新な状態です。

 


しかし、仲間のお蔭で


人が動き出すヒントを学びました。

 


目次

◆親父倶楽部結成
◆PTA会長やってくれない?
◆入学式の10日前に事故
◆入学式挨拶デビュー
◆上ではなく横に立つ
◆命令ではなくお願い
◆エピローグ
◆祟り編(入学式10日前の・・・)
◆あとがき

 

【新刊】Kindle版

 
無料でお読みいただけます。

https://goo.gl/oY3pss

 

 

 
 
 

 

 

 

 

 

ワイドショーなどでコメンテーターの方が、

 

プライベートであからさまに問題があった方に

 

『仕事さえきっちりやってくれれば良い』と言ってますが、

 

極端に言えば

 

人間性は疎かにしてもオッケーのメッセージになり、

 

能力偏重、過程を無視し

 

結果だけで判断するようになります。

 

子どもはどう思うでしょうか。

 

良い成績をとれば、後はどうでもいいでしょうか。

 

殆どの、事件事故には人間性を疎かにした結果が凝縮されています。

 

綺麗な人間性を求めませんが、

 

能力だけ、結果だけの評価では、

 

人間性を磨くことに価値を置かない社会になることを忘れてはならないと思います。

 

 

 

 

 

 

 

『知らない内に、誰かの奴隷にならないように・・』

 

その人たちは、さも立派な答えを与えて、

 

物事を深く考えさせないようにしてきます。

 

ゆるくて安易な快楽を与えてきます。

 

さまざまなやり方で、『それが幸せなんですよ』と

 

やんわり押し付けてきます。

 

まずは、知識をつけること。

 

思考するには、偏らない知識量の土台が必要です。

 
 

AmazonKindle解き放つ力  https://goo.gl/tCnQbk
 
 
 

 

 

スリップストリーム

 

自動車や自転車などのレースで使われるテクニックです。

 

前の車のすぐ後ろに付くことで

 

空気による抵抗力を避けることが出来て、

 

エネルギーを無駄に消耗せずスピードも増します。

 

限られた時間の中で成長するには

 

人間性と能力において優秀な人に付いて

 

人生を学び実践することをお勧めします。

 

無駄な抵抗力を受けずに早く成長できます。

 

 

 

 

自身の「強み」を見つけたのなら

 

表現し磨き続けるべきです。

 

良い評価がなくても、本当に情熱があり、

 

涌き出る得たいの知れない自信がれば。

 

たった一人のキーマンが認めれば、

 

すべてが怒濤のように動き出します。

 

これは、奇跡ではなく

 

誰にでも起こりうることなのです。

 

まわりに囚われずに、自分をしっかりと観ていくことです。

 

 

 

 

 

『人気』は能力や表面でつくれますが、

 

『人望』は、内面の人間性の高さが必要になります。

 

ですから、人気はあっても、

 

犯罪や失態が後を絶たないのは、

 

人間性を疎かにしすぎてきたこと。

 

自分もまわりもそれを

 

見て見ぬふりをしてきたからだと思います。

 

調子が悪いときは自分を見直しますが

 

調子が良い時こそ、人間性を磨くのに適した時かもしれません。

 

 

 

 

 


解き放つ力 https://goo.gl/tCnQbk

超S級ブラック企業  https://goo.gl/1evRTT

勇気を一度上げるヒント  https://goo.gl/eAjsZ3

一流のリーダーは部下を操作しない  https://goo.gl/x88Ka1

心を一度上げるヒント  https://goo.gl/n6ufvm

劇的に離職率が改善する https://goo.gl/anijXq
 

 

 

新刊の紹介です。

 

「解き放つ力」 8割は脱似非ポジティブで成功の扉を開ける 川島令詩

 

300円→99円AmazonKindleアンリミテッド読み放題

 
 

https://www.amazon.co.jp/%E8%A7%A3%E3%81%8D%E6%94%BE%E3%81%A4%E5%8A%9B-%EF%BC%98%E5%89%B2%E3%81%AF%E8%84%B1%E4%BC%BC%E9%9D%9E%E3%83%9D%E3%82%B8%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%96%E3%81%A7%E6%88%90%E5%8A%9F%E3%81%AE%E6%89%89%E3%82%92%E9%96%8B%E3%81%91%E3%82%8B-%E5%B7%9D%E5%B3%B6%E4%BB%A4%E8%A9%A9-ebook/dp/B076X8CGH8/ref=sr_1_2?s=digital-text&ie=UTF8&qid=1509191122&sr=1-2&keywords=%E5%B7%9D%E5%B3%B6

 

商品の説明

内容紹介

【新刊発売記念】
300円→99円にて販売させていただきます。



第一章 似非ポジティブ

私たちは、表面上ポジティブな言葉を意識して使っていますが、

潜在意識では、ネガティブに傾いていることがあります。



仕事では「よし、目標達成するぞ」と言っても、

内心、「やっぱり、無理だろうな」と思っている人が多いのではないでしょうか。


また、いつも嫌味な事をネチネチ言って、フォローもしてくれない上司のことを、

スピリチュアル系の先生に相談したら、

「その上司は、この世で嫌われる役目を請け負ってくれて、

貴方を成長させるために言ってくれているのですよ」と言われて、

何か釈然としないことはありませんか。



仕事以外でも、電車の切符を買うために並んでいたら、

急に割り込まれて怒りそうになった話を、心理学系の先生にしたら、

「もしかしたら、身内に不幸があって、急いでいたかも知れない。と考えてみなさい」と言われて、

「そうは見えなかったけど・・」と思ったことはありませんか。



それで、貴方の気持ちが軽くなったり、ポジティブになれるなら本当に良いと思います。

私も、そう思えるように挑戦しましたが、出来ませんでした。

嫌味な上司は、「人間性も低く、部下を育てるどころか潰すダメ上司」であり、

列に割り込む人は、「ただの自分勝手で常識外れな人」としか思えませんでした。



良い話にすり替えて、意識をポジティブに変えようとしても、

自分が腹落ちしなければ、ネガティブな余韻しか残りません。

多くの人は、本心を似非ポジティブで誤魔化して、

ネガティブな感情に蓋をしているのではないでしょうか。


幸せに成功するには、常にポジティブで、気分良くしていましょうと言われても、

四六時中ポジティブな思考や行動など出来ません。

ネガティブを悪だと決めつけて、ポジティブなフリをしても、

日々起こる問題で感じる、ネガティブな感情を溜め込むと、心身のバランスが崩れていきます。



●潜在意識を活かせない理由
 

潜在意識の法則は、

良いことを思考すれば、良いことが起り、

悪いことを思考すれば、悪いことが起るということです。


「潜在意識」をポジティブにするのは大切です。

しかし、多くの人が、上手く行ってないように思います。


なぜなら、潜在意識が、今何パーセントポジティブになったかなどは分からないので、

一向に良くなる気配が無くても、確認しようが無いので不安になるのです。

しかし、顕在意識であれば、今の感情を観ればすぐに分かります。

 
そこで、誰もが潜在意識をポジティブに出来る方法をお話します。

それは、顕在意識がポジティブになれば、潜在意識もポジティブになるという自然な流れです。

しかし、「現状を良くしたいから、潜在意識に取り組んでる」と言われかも知れません。

ですが、現実にコントロールできる「顕在意識」に力を集中した方が、効果が出るのが断然早いのです。


当たり前のことですから、少し捕捉します。

例えば、セールスで最初の注文を取るまでは苦労しますが、

二件目の注文は、もっと容易く取れるようになります。


それは、経験を積んで能力が上がったのと、

現実の小さな成功のお蔭で、注文が取れた自信を得て、

潜在意識がポジティブな感覚をインプットしたからです。


小さくとも、リアルな成功体験が、潜在意識にまでポジティブな影響を与えたのです。

人間は、一回出来たら、また出来ると自然に思えるのです。

例え失敗しても、また出来るはずだと思い込んでいますから、

高い確率で「再現」出来るようになります。


このポジティブな臨場感を、思考や紙に書くことだけで感じるのは、容易ではありません。

これは、見えない世界の話では無く、誰もが普通に経験していることです。

現実の調子が良ければ、意識は裏も表も関係なく、ポジティブになるのです。


さらに、小さな成功を磨くことで、新たな成功を生み出し、勢いよく回転し始めるのです。

アスリートの大記録も、上場企業の売上も、

すべては小さな達成感、小さな成功から始まっています。

一度の人生、後悔しないように、自分らしく幸せに成功するために、

似非ポジティブではなく、精神世界に依存することもなく、

過去を悔やまず、未来を恐れず、目の前にある課題に、持てる最高の力を集中させましょう。

行動と並行して思考を整えることが、潜在意識にも効果的なのです。



●蟻の穴の力



頑丈な堤防も、蟻が通るような小さな穴から決壊すると言います。

貴方の力を塞き止めている堤防に、小さな成功という穴を開けて解き放つのです。


まだ、潜在意識をポジティブで満たすために、手応えを感じないまま努力し続けますか。

それとも、まずは小さな成功で顕在意識をポジティブにして、

自動的に潜在意識もポジティブにしますか。


後者を選ばれたなら、そのままお読みください。

誰もが、成功の扉を開ける極意をお話しします。


まずは、幸せに成功するための土台を作り、高い確率で成功できる種を見付けます。

これを磨けば、大きな成功をもたらす事も可能です。

そして、対人関係のゴールと言われる3つの幸福感について、お話しさせていただきます。
  

人間の悩みは全て、対人関係の悩みである。

    アルフレッド・アドラー



最後に、貴方の力を奪うもの、利用しようとする者にどう対処するかについて説明します。

「自分ならどうするか」と、意識しながらお読みいただくと、より理解が早まりスムーズに実践できます。

それでは一緒に学んでいきましょう。


 

 人間は自分の人生を描く画家である。


 あなたを作ったのはあなた。


 これからの人生を決めるのもあなた。


      アルフレッド・アドラー
 


目次

第一章 似非ポジティブ
潜在意識を活かせない理由
蟻の穴の力
第二章 なぜ自信を奪われたのか
減点主義と加点主義

第三章 自分を受け入れると人生が変わり始める
今の自分では本当に駄目なのか
短所が魅力になるには
「ありのままでいいんだよ」の落とし穴
善き指導者とは
自分を信じると素晴らしき力を引き出せる
自己肯定感の効果

第四章 成功者は強みを活かす
余命半年でもやりたい仕事
強みの3大要素
強みを発見するキーワード
強みは成功の種

第五章 勇気づけで壁を乗り越え力を引き出す
勇気づけの力

第六章 共同体感覚の3つの幸福感
貢献感とは
所属感とは
信頼感とは

第七章 価値の無いものを手放す
無駄な情報を「断つ」
ストレスになるSNSを「捨てる」
価値のない人間関係から「離れる」

第八章 騙す人を見抜く
注意すべき人
お金で注意すること
貢献や寄付に騙されない

エピローグ
ネガティブな成功者
経験は宝


著者プロフィール


川島令詩(かわしまれいじ) 福岡市在住
アドラー心理学をベースに、執筆、勉強会を行う。
19歳の時超パワハラブラック企業に就職。
25歳から経営コンサルタントを6年間経験。
30代で美容室500店舗の売上アップ・人材育成アドバイスを行う。
地域活動では小学校PTA会長・青少年育成連合会会長
視覚障がいパソコン支援ボランティア役員を経験。
 
資格
一般社団法人日本アドラー心理学協会 認定インストラクター
日本産業訓練協会TWI-JR人の問題の扱い方 訓練指導者
 日本産業訓練協会TWI-JI 仕事の教え方 訓練指導者

モットー
『知行合一』 知識と行為は一体である

著書
Amazon Kindleにて下記電子書籍を出版しています。
「1億円もらっても戻りたくない会社 超S級ブラック企業」
「心を一度上げるヒント 幸福度を高める八十八の心得」
「勇気を一度上げるヒント 人生を変える77のヒント」
「一流のリーダーは部下を操作しない 80%の部下は信頼と勇気づけで必ず動き出す」
「離職率を劇的に改善する3つの秘密」
「解き放つ力 8割は脱似非ポジティブで成功の扉を開ける」



子どもたちに、人間性を高めることの大切さや、自分の能力を世の中の役に立てることの素晴らしさを学べる学校をつくりたいと思っています。

今は、受験や偏差値に関係ないことは、ほとんど関心を示さないでしょう。

真剣に、人間性の向上が重要だと思う親も少ないでしょう。

一生を通して自分を守り、自分を助けてくれるのは、学校でほとんど学ばなかった、人間性を高めることです。 

教育は国の基盤をつくります。国をつくるのは人です。

政治・経済・事件・事故の、ありえないようなニュースを見ながら、そう思わずにはいられないのです。