たとえあなたが、もうダメだと挫けることがあっても、
今は疲れたとお休みすることがあっても。
今日はそんな話を短く綴ります。


ピカソのフクロウを買いました。

ユーモラスで凛として阿らずの表情。シンプルで圧倒的な存在感。

どんなに時代は移ろっても、ピカソは変わることなくそこに居て、異彩を放っています。

 

こんにちは。日本型トップリーダーコーチング®︎MBAコーチの上西英理子です。

変えられないものを受け入れる心の静けさと
変えられるものを変える勇気と
その両者を見分ける英知を我に与え給え。
 

私はニーバーの祈りの一節を大切にしています。
いろいろな訳がありますが、私はこの訳が好きです。

なぜならば、『変えられないもの』をまず先に謳ってあるからです。

 

今、生き抜いていくために、
急にブランディングの方向転換をなさる方々を見かけます。
その方だけの深いご事情や背景や思いがあるにせよ、ブランディングはその方を表す最たるものですのに、その方の素晴らしい『道』でしたのに、と遠くから残念に思い、エールも込めて、見つめています。
 

もちろん、ニューノーマルを創るにおいて、変えていくしなやかさは大切です。


私自身も、2020年2月という早期に、事業の90%をリアルからオンラインに切り替えました。
しかし、とはいえコーチという軸はぶらさない。
たとえ小さなことでも、結局はコツコツと続けている人が強いのです。
道を貫いていることほど強いものはありません。


もうダメだと挫けることがあっても、
今は疲れたとお休みすることがあっても、
弱い自分に向き合い、悩み迷う自分でいても、

それも、『両者を見分ける素晴らしい英知そのもの』です。


そしてやっぱりあなたはあなたのままで。
あなたが歩んできた道の先で。

こうやってnoteを地道に続けていくあなたはまさにその人です。


時代のせいにせず、環境のせいにせず、他責にせず。
時代に阿らず、時代に流されず。


コツコツとひたひたと自分の道を行く。
これほど強く、逞しく、生きる力はありません。

私の師はいつも私を、この言葉で猛烈な勢いで叱咤激励してくださいました。
「君はやってきたじゃないか!誰よりもやってきたじゃないか!
肚を据えよ!」と。


自分が生きてきた道や大切な軸は堂々と変えることなく、
シンプルに高め深めていく在り方で。


お読みくださり、ありがとうございました。





 

#私の仕事    #自己紹介

https://bizcollege.tokyo