心の奥では小さく思ってる。
怒りに任せて、言い過ぎてしまったと。

今日の「4ヶ月1,500名のウェルビーイングの声から紡いだ“幸せの習慣と質問”は誰もが知っている、人間あるあるです。

人間関係というものは厄介で。というか、人間ってものは厄介で。

心の中でぐじぐじと、長々と、葛藤を重ねる。躊躇い続ける。
いまさら後に引けないやら、そもそも事の発端はこっちじゃないからやら、上だ下だやら、勝ちだ負けだやら。

言うだけ言ってスッキリするはずが、その間、結局、心はブルー。スッキリしない。


まずは正論ですが、とっとと言ってしまえばいいのですよね。

誰もが知ってる言葉。
「ごめんなさい」を。
誰もが知っているのに、なぜか言えない言葉。躊躇う時間。

人生のどこかで、誰もが必ずあるはずです。
気まずいものにしてしまった人間関係。途切れてしまった縁。

もちろんそこにはそれぞれの理由がありますから、一概には言えません。
しかし、こちらが謝罪することではないにしろ、
その人との関係性がこじれていくプロセスにおいて、どこかのタイミングで必ずあったはず。
自分からごめんなさいを言ってさえいれば、何かが変わっていたということが。

昨夜雑誌を見ていて、あるシーンを思い出しました。
25年ほど前のこと。
小さな棘(とげ)として、そのシーンは私の心に残っています。
不器用なその人にとって、それは歳月をかけて準備し、見栄もかなぐり捨てて、
最大限の謝罪と感謝の表現だったでしょうに
その時の私にはどうしてもそうは思えず、素直に受け取れませんでした。
しばらくしてからでも、その時の自分の態度を素直に「ごめんなさい」と言ってさえいれば、「ありがとう」と言ってさえいれば、小さな棘として人生の長きにわたって残ることはなかったはずです。

後悔はしていませんが、小さな棘は何年経っても、チクッと痛い棘のまま。
完全には楽になってはいないということです。

質問3:あなたが10年後に「こうすればよかった」と思わないために、躊躇わずに今やっておくと良いことは何ですか?


幸せの習慣3:
躊躇う時間は最小限にして、ごめんなさいはとっとと言う。


でも一方で、真逆のことを言いますが、ちょっと切ない香りも残しながら、こうも思ってもいます。

小さな棘も持っているから、人は成長できるのだと。
躊躇う時間がもたらすものによって、人生はちょっと切なく、味わい深くなるのだと。
人生のタイミングは、ずっと先だから豊かでもあるということ。

お読み頂きありがとうございました。

あなたの今日が良き日になりますように。