るーちゃんのブログ

る・ひまわりオフィシャルブログです


テーマ:

 

先日ご案内させていただきましたが、「白痴」(はくち)、坂口安吾の文学作品です。

文学作品というと、ものすごく固いイメージがあると思いますが

そこは、脚本・演出のほさかよう氏の色があいまってとてもファンタジーで且つ滑稽な世界観となっております。

ほさか氏が描く、“絶望”と“救い”の物語。

そして少しだけ苦いかもしれないお話です。

 

出演キャスト9人によるストレートプレイ。会話劇です。

何気ない会話に含まれる“毒”はどのように俳優たちの中で生成され、お客様に撒かれるのか

そして、かなりお客様と近い空間で行われる会話劇でございますので温度や空気、吐息まで伝わってしまいます。

その空間にて、お客様ご自身のその目で「その場で俳優たちに起きること」も一緒に“体験”いただきたいと考えております。

上演時間は1時間40分程度。

それぞれがとても重要な役割を担い、主人公である“伊沢”と対峙します。

 

本日より、舞台「白痴」る・ひまわり先行のご案内をメルマガ配信しております。

今週末より受付開始です。

客席数が200ちょっとの小劇場空間でございます。是非この機会にるひま先行、ご利用下さい。

 

そして。この「白痴」は、青空文庫などでもお読みいただけますが、あのままの舞台ではございませんので

今回は特別に、脚本の一部を抜粋し掲載させていただきたいと思います。

映画演出家の青年・伊沢とその隣人の気違いと呼ばれている資産家の青年、その青年の妻で白痴のサヨのシーンです。

あの「白痴」の世界はこんな風にほさか氏の手によって描かれています。

 

是非劇場にてご“体験”下さい。

ご来場、お待ちしております。

 

 

―「白痴」シーンを一部抜粋―

 

気違い             お前の物語を見せろ。

伊沢               ……それは映画のことですか?完成したらもちろんお目にかけます。

気違い             違う。物語だ。

伊沢               ……すいません、意味が……

気違い            物語は十から始まって、最後は零になる。それで終わりだ。

           物語はお前がその女と出会った時からはじまっている。もしもお前がお前の求める人間になりたいのなら、

                       零になる前に何とかすることだ。

伊沢               それは、いつのことですか?一月?……一週間?

気違い             零は零だ。物語が終わる時だ。

 

                                           気違い、押し入れに入ろうとする。

 

伊沢               待ってください。うちに居座るつもりですか?

気違い             言っただろ。お前の物語を見せろと。私はお前の傍で物語を見て、数を数える。それ以外のことはしない。

伊沢               ……何なんですか、あなたは。

気違い             知ってるだろう?ただの気違いだ。

 

                                           気違い、押し入れの中へ入り戸をしめた。

                                           その間、サヨは、気違いなど全く見えていないかのようにずっと虚空を見つめていた。

 

サヨ                  (虚空を見つめたまま)「どうされるのですか?」

伊沢               ……決まってるじゃないか。映画を撮るよ。君の映画を。

サヨ                「いつから?」

伊沢               今だ。今すぐ。

サヨ                「私はどうすれば?」

伊沢               君は何もしなくていい。私はそのままの君を撮りたいんだから。

 

                                           伊沢、サヨの身体に触れる。

                                         その瞬間、サヨの身体はビクッと弾かれたように反応した。

                                           伊沢、驚いて思わず手を引っ込める。

                                           サヨ、伊沢を見た。そして物欲しそうに身体を近付けた。

 

伊沢              ……違う。私は、そういう風に君を必要としているんじゃない。私の愛情は、君の精神や、魂に対してのものであって

 

                                           サヨは尚も身体を寄せてくる。

                                           戸惑う伊沢。

 

伊沢               駄目だ。君を抱いたら、私はこの町の人間達と同じ豚になってしまう。

サヨ                「あなたはおっしゃったではありませんか。人間は自分を偽ってはいけないと。あなたは私に触れたくはないのですか?」

伊沢               ……。

サヨ                「それを偽ることの方が、人間から豚になり下がることなのではありませんか?肉体を愛し、同時に魂も愛する。それこそあ 

                         なたが目指す人間らしさなのではありませんか?」

伊沢               ……。

サヨ                「あなたは私に触れたくないのですか?」

伊沢               触れたい。

サヨ                「あなたは私を抱きたくないのですか?」

伊沢               抱きたい。

サヨ                  「だったら人間らしく。豚になど堕ちずに、人間らしく。あなたの心の、どうかそのまま」

 

                                             伊沢、サヨを抱きしめる。

 

伊沢               俺は、君が欲しい。

サヨ                  「……映画を撮るのは、明日からにいたしましょう」

 

                                           伊沢、サヨを押し倒し、欲望のままに彼女を抱く。

 

                                           何故か、押し入れに入ったはずの気違いが離れた空間に現れ、そんな二人の様子をジッと見ていた

 

 

来週より御稽古も始まります!

 

るーちゃんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。