西麻布発信〜LCCスタッフブログ〜

西麻布発信〜LCCスタッフブログ〜

「新しいカタチ」の訪問看護ステーション


テーマ:

こんにちは!

 

取締役 理学療法士の鳥谷です。

 

2019年はLCC訪問看護ステーション、ライフ・ケア・コンシェルジュ株式会社はチャレンジの年となります。

 

大きく分けて3つのチャレンジが始まります。

 

1、LCC訪問看護ステーションのサテライト展開の開始

2、予防事業の「SALPO」が本格始動

3、コンシェルジュ業務の充実

 

1、LCC訪問看護ステーションの渋谷サテライトが1月よりスタートラインに立ちました。渋谷サテライトは理学療法士が所長を務めており、リハビリ特化型と訪問看護の融合を図っていきたいと考えています。リハビリ特化型とは「リハビリで結果を最高に引き出せるステーション」です。これは完全に世の中の動きに逆光しています。今更?と思われている方も多いと思います。「結果を最高に引き出せる」というのが最重要ポイントだと考えています。今までの訪問看護のリハビリはただ1時間をこなすだけで保険が下りていました。その結果、看護師の算定よりリハビリのレセプト算定が多くなっていき大規模に抑制が入りました。残念ですが、制度上セラピスト単独では動けない状況が出てきています。訪問看護の職域では看護師のリハビリの代わりにセラピストが訪問する内容となっているからです。

渋谷サテライトは圧倒的に質の高いセラピスト集団していき卒業を視野にご利用者様に関わっていきます。移動距離の効率化と保険外リハビリとの組み合わせにより実現していきたいと考えています。渋谷サテライトのコンセプトが上手くいけば都内で何店舗か展開を考えています。

既存の西麻布エリアはご利用者様も増え、看護機能の充実させ機能強化型ステーションとして少しずつ変化させていく考えです。

リハビリ分野は予防により近く、看護分野は医療依存度の高い形として今年は2〜3ステーション展開しながら確立していく予定です。


 

2、予防事業の「SALPO」が本格始動

2月には「SALPO」のwebサイトがプレリリースします。

セラピストとお客様を繋ぎ予防や現在お困りの疾患に合わせてオンラインで繋がり、問題点に対して介入。

なかなか通えないや通うと料金が高額になりやすい現状を画期的なプラットフォームとして解決の糸口を探ります。「SALPO」の語源はスペイン語からなり「サルー:健康(乾杯の掛け声としても使われる)」×「クエルポ:身体」の組み合わせの造語として創りました。今後は幅広いお客様やセラピストに使って頂けるよう組み立てていきます。

 


3、コンシェルジュ業務の充実

現在は訪問先のご利用者様や地域の方、ご紹介者を介してコンシェルジュ業務のご相談を受けている形です。今までにあった内容としては病院同行、旅行の付き添い、施設や病院の斡旋、医療や介護制度の説明、お手伝いサービス、家族の調和と様々なご相談を頂きました。今年は葬儀社の方と連携を図りながらエンディングサービスも開始予定です。今後は「LCC訪問看護」「SALPO」事業と連携をはかりながら展開していきたいと考えています。


 

優秀なスタッフのみんなのおかげで、港区地域で展開をはじめ知名度が少しずつ上がってきています。今年はその地盤を活かしてさらなるステージにみんなでチャレンジしていき、本物の企業へと変化させていく入り口の年にしていきます!!


テーマ:

こんにちは!

 

取締役の鳥谷です。

 

師走もあっという間に走り去って、一年が終わろうとしてます。

 

今年一年はライフ・ケア・コンシェルジュ株式会社にとって成長の一年でした。

 

2017年11月にLCC訪問看護ステーションがオープンして、2018年6月からは24時間看護体制をスタート。4名の方のお看取りとたくさんご利用者様の笑顔と別れによって支えられてきた一年でした。常勤スタッフも14名と増え大所帯です。

 

弊社では4ヶ月に一回くらいに頻度で、「アワード」を実施しています。

 

目まぐるしく変化する訪問看護の日常の中で、会社の方向性や事業の業績などを報告。そして来年以降に関しての予算や事業展開などを話す場とこの4ヶ月で最も輝いていたスタッフを表彰する場にしています。

この医療・介護業界に10年程携わってきた中で世の中の当たり前と医療の当たり前が違い過ぎることに驚かされることが多くありました。売上や給料に関してもそうです。病院の売上は?リハビリ科の売上は?自分達の売上は?と言われても、分からない人が多い中で仕事をしている方が大半です。就職したばかりの私もそうでしたが、売上意識もコスト意識もなく、ただ課せられたことを行うという形は医療の業界が衰退しく原因の一つだと感じています。以下厚労省HPからの抜粋ですが、約73%の医療法人が赤字経営。

そんな赤字経営の中で給与を上げて欲しいとか待遇をとスタッフが声をあげたとしても病院の運営側から見ても無理難題。そこから双方の溝が深まり離職に繋がる。そして採用にまたお金をかけて(人材紹介会社を使うと一人のスタッフ採用に80-100万円かかる)スタッフに払う給与水準を上げれない状況が続くという負のスパイラルに入っていることも多くあるんじゃないかなと思います。

 

 

ライフ・ケア・コンシェルジュ株式会社の運営するLCC訪問看護ステーションでは毎月の訪問件数、概算の個人売上、営業件数をスタッフに毎月報告する業務を作っています。11月は訪問が95件で売上が82万円。営業が20件行ったという具合にです。

表彰対象はこちらの4名👏

右から大槻OT(営業TOP賞)、磯部Ns(TOP賞訪問と営業の稼働時間)、管理者の横山Ns(社長賞)、稲田Ns(新人賞)

 

その個人の集約がLCC訪問看護ステーションの収益構図です。個人が頑張った、チームが頑張った先に会社の業績が良くなり、会社は利益が残ればスタッフ個人に対して表彰・賞与やチームに表彰など様々なことに活用していきたと考えています。

会社は収益構造を透明化してスタッフ一人一人の努力量や結果によって給与水準などを変えていきたいなと考えています。

また、訪問看護は個人では運営が困難です。チーム力をつけて個人のパフォーマンスを最大限に上げることによって、最高な訪問看護ステーションが完成すると信じています。

日常細かい色々はありますが、スタッフが笑顔で働ける職場っていいですね〜

 

忘年会は25人くらいで六本木のバーを貸し切って盛大にお祝いしました♪

 

8−12月の誕生日もお祝いしてもらいましたw

 

来年は新しく20名の仲間を採用する予定なので、ここには入りきらなくなるかも✨笑

 

来年の課題は「チーム力」と「仲間集め」です。

数年後には業界No1に躍り出る予定。日本一面白くて東京一、たくさんのスタッフが働いているステーションになる予定ですので2019年もよろしくお願い致します。

 

本年は本当にありがとうございました。

 

ライフ・ケア・コンシェルジュ株式会社 鳥谷


テーマ:
LCCでは一緒に働いて下さる仲間を探しています!!



20代〜40代のスタッフでワイワイガヤガヤやってます(^^)

一番多い年代は30代前半です!


お近くに訪問看護をスタートさせたいと思っている看護師さん、セラピストさんいらっしゃいましたら、お知らせください!!スタッフが働いて良かったと思ってもらえる職場にしていきます!!


以下のリンクから採用情報はご覧頂けます!!


今ならキャンペーン中!!

東京で働きたいな!と思ってる方、引っ越し支援金もありますので、ぜひご連絡ください!
大都会、港区で働けるチャンスですよー♪♪

お問い合わせは以下より

担当鳥谷まで

テーマ:

気づけばもう年末。。

バタバタと過ごしており、ブログ更新遅れました!


私事ですが、LCC在籍から1年が経ち、12/21に開催されたアワードでは社長賞を頂きました!


↑加藤社長と。中身は東京遊覧ヘリのペアチケットでした!

スタッフをはじめ、利用者様、クリニックや病院の主治医の先生方、居宅介護支援事業所のケアマネさんなどなど、関わって下さる皆さまのおかげで色々経験させて頂き、賞まで頂いて感謝の思いでいっぱいです!いつもありがとうございます!



さて、前回のブログでは京大時代のお話と祖母を看取った話をお伝えしました。

まだ読まれてない方は

第1章:大阪編→https://ameblo.jp/lcc2017/entry-12400614698.html

第2章:京都編→ https://ameblo.jp/lcc2017/entry-12407380501.html

をご一読下さってからご覧頂けますと幸いです。


このブログは第3章:大阪出戻り編①とし、

京大を辞めた後、大学院に行かず、自分の本当にやりたい「看護」を探すことにした私が在宅看護に出会うまでを書いていきます!



①大学生に在宅看護を教えることでわかった在宅の魅力


大学院を目指さず、自分のやりたい看護を追求しようと思う中で「在宅」というキーワードが浮かぶようになりました。


病院から帰った患者さん達は、緩和ケアをうまく受けられていたのか?

在宅で医療的処置が果たしてできるのか?

という疑問もあり、訪問看護や訪問診療の見学に行かせてもらうことにしました。

時は2014年8月ごろでしょうかね。随分前のことのように感じます。


そんな時に、大阪市大病院時代の先輩から、知り合いの大学の非常勤講師がおらず困っているので助けてあげてほしいという依頼があり、

園田女子大学の老年看護と在宅看護の非常勤実習助手(TA)を任されることになりました。


園田女子大学の学生達はとても素直で素敵な子達で、教え甲斐がありました!

実習先ではなかなか大変なこともありましたが、すごく楽しかった!というのが今の感想。


この時に老年看護実習でグループホームや特別養護老人ホーム、ナーシングホームの実習もさせて頂きました。

介護施設の見学は大学時代に老健にしか行ったことがなく、今まで経験していなかったので、とても勉強になりました。

この時の経験も今現在に生きているなーとこれを書きながら思っております。


老年の実習を2クール(3週間×2)終了し、

その後、在宅看護のTAもさせて頂くこととなりました。


在宅看護実習では、2つの訪問看護ステーションの実習を担当させて頂き、

実習で同行させてもらったり、学生に指導する訪問看護師さん達の利用者様への想いに触れ、「私も在宅をやりたい」という思いが強まるのを感じました。

この時に出会った管理者さんは私の管理者としてのモデルであり、素晴らしい管理者さんに出会ったことも私の財産です。


在宅看護の助教授に「みとりびと」という写真絵本を見せてもらった時に衝撃が走りました!

(この本については以前のブログでもお伝えしてます→https://ameblo.jp/lcc2017/entry-12368978615.html)


なんて在宅看護って素晴らしいんだろうと。私はぜひ在宅の道に進みたい!そうしっかり思えた瞬間でした。


そして、就職活動も平行して行っており、翌2015年4月から訪問看護師として働くことが内定しました。


教師という仕事は面白く、魅力も感じたのですが、まだまだ教えられるほどに経験を積めていないことにも改めて気づかされた31歳の半年の経験でした。


↑当時の教え子に結婚式の二次会(2016年11月)に来てもらった時の写真、今みんな4年目?頑張ってるんだろうなー



②バイトで経験した療養型病棟での看取り


非常勤講師を終了し、訪問看護師として働くまでに、2ヶ月間のラグがあり、療養型病棟で派遣社員のバイトをすることにしました。


2ヶ月間だけなので、条件の良いところで働こうと思っていたこともあり、とても多忙なバイトでした。


2フロア100人規模。3分の2程度の患者さんは注入食で、食事前のインスリン投与、注入をつないで回り、2フロア分の注入のスピードを調節しつつ食事介助し、食後の薬の注入し注入食の回収。。。

ほぼほぼ食事という行為に費やされる毎日でした。


そんな2ヶ月間で6人程度看取ることになるのですが、

臨終前に家族を呼んでも家族は来ない。。

スタッフはモニターがフラットになるまで行かなくていいよという。。

ほぼ寝たきりの状態で過ごされており、一人一人と向き合って関わることができなかった。


精神的に辛かったですね。この時期、実際に胃出血で食事が取れなくなりました。


できる限りのことはしてあげようと、今までの知識と限られた時間でやれることはやりましたが、なんせ時間がない。。


同じ看取りでも「看取る環境で全く違うな」ということを身をもって経験した療養型病棟のバイトでした。


※療養型病棟でも看取りに真摯に向き合っているところもありますし、

あくまで私がバイトした病院の個人の感想としてお聞き頂けば幸いです。



さあ、次回からは大阪の池田市という地元で訪問看護師として働くところからのスタートになります。

訪問看護師としてどう歩んできたかをお話していていきます。乞うご期待!



2018/12/22 横山



テーマ:

こんにちは!

 

取締役の鳥谷です。

11月27日に弊社主催で「在宅看取りと葬儀の実際」という勉強会をLCC訪問看護ステーション管理者の横山/緩和ケア認定看護師の本とグローバルケア株式会社(http://www.globalcare.jp/)の一言奈津江さんと共同で開催して参加者30人と盛大に開催することが出来ました。




 

なぜ葬儀をするのか?供養とは?生前準備することは?

いざ自分の大切な人がなくなってから考えるのでは間に合わないだろうなと。

一言さんの想いのある葬儀会社の実際の話を聞けて本当に良かったです。私も準備から始めてみます。

 

 

看護の方からの話は6月から24時間の訪問看護をスタートして半年が経ちましたが、6名くらいのターミナルの方をお看取りした流れや家族との関わりや他職種連携についてなど経験を基に話の構成がされていました。本人が死を受け入れる。在宅で看取るということに家族が葛藤を感じていた事例も出てきていましたが、往診医を含めたチームとして看ていくことで素敵な最後を迎えられた方がたくさんいたんだなと改めて感じさせられました。

 

「LCCに頼んで本当に良かった」と言ってもらえるだけでやってきた甲斐があったと思います。

 

現場では一回の訪問時間や一日の訪問回数など、どこまで関わるかという課題も浮き彫りになってきました。

医療保険制度は30〜90分までが同じ点数で算定。一日2回目以降の点数がかなり下がるというのが制度上のルールです。あとは会社単位でどうするかを決めて行っています。事業所の中には「60分以上はいないようにする。2回目訪問はしない」など会社単位でルールを決めていることがある様です。

経営だけを考えば割り切るという選択肢もありかもしれません。

ご利用者様の来て欲しいという気持ち、訪問スタッフの寄り添ってあげたいという気持ち、経営面で会社がしっかりと利益を出して展開しながら存続していけるビジネスモデルが必要だなと改めて考えさせられました。

 

11月にお看取りしたご利用者様は一日2回目以降も毎日訪問したり、スタッフがお誕生日の寄せ書きを作ってみんなでお祝いしたそうです。最後の最後までそのご利用者様の人生をうつしだすように美しく逝かれたとスタッフから報告を受けました。本当に学びの深い出会いと訪問看護として人生の最後までお付き合い出来たことに感謝です。

 

 

訪問看護の存続は、人も想いだけでは難しいことがほとんどです(一時期は続きます)。小さく展開されている事業所で想いのある方が現場に出続けている限りは続きますが、そのスタッフが現場に立てないという状態(自身の病気や怪我、家族の問題etc)に際には利用者様のところへは行けなくなってしまい、ご利用者様が困ってしまうことも生じてしまうケースもある様です。

 

ライフ・ケア・コンシェルジュとして、想いのあるスタッフが大活躍することが出来る場、なおかつ万が一の場合にもご利用者様やスタッフが困らないような運営していけるバックアップ体制(ビジネスモデルと資金力アップ)を目指していきます!!!

 

12月21日はアワード(全体会議と表彰)と忘年会&ウェルカムパーティーが予定されています。

ブログを読んでくれて転職したい、会社の雰囲気が見てみていという看護師さんがいたら無料でご招待するので会社にご連絡下さい。


テーマ:

 

こんにちは、 LCCの理学療法士のミナクルです。

スタッフ紹介を順次行なっていきます。

記念すべき第1回目は、作業療法士の大槻彩乃(おおつきあやの)さんです。

 

 

{256005B0-2B03-4D9B-B8A9-6636A9495B0A}

 

ちょうちょ大槻彩乃(おおつき あやの) 

【経歴】都内の回復期の病院で4年働き、2018年5月からLCCのメンバーとなる

【資格】作業療法士、アロマハンドセラピスト、アロマブレンドデザイナー、シニアヨガ、リストラティブヨガ、キッズファンクショナルロールピラティス

 

 

{9711809A-20CF-411E-8841-54775214412E}

 

 

 

 

 

 

■LCCに入職し在宅に関わりたいと思ったきっかけは?

前職は回復期専門の病院でしたが、患者様が退院後の生活に携わりたいと思うようになりました。

 

リハビリ病院で働いていた時も、もちろん自宅を想定して病院の中でトイレ動作練習や調理練習などは行いますが、

 

実際退院してからの生活とはギャップがある

 

ことを感じていました。

 

そこで、直接退院後の生活に関わりたいと思い在宅領域に興味を持つようになりました。

 

■実際に在宅でリハビリを行うようになってどうですか?

回復期の病院でのリハビリと違って、

 

ご自宅はリハビリができる環境じゃない家も多くあることに驚きましたびっくり

 

 

当たり前ですが、道具も揃っていない、十分なスペースがないなど笑い泣き

 

また、家族がいる場合は、家族の意思と本人の意思が違うこともありそれぞれの家族の事情に配慮する必要があります。

 

しかしその分、病院とは違って、

 

ご本人や家族の居場所に自分が出向くため、「家族の本音」や「ご本人の思い」を共有する時間が多くあることも確かです。

 

病院にいた時は、言い方が悪いかもしれませんが、

 

今思えば「他人行儀」だったリハビリの提案が、今はご本人やご家族の意思によりそう提案になってきていると思います。

 

■LCCに入って印象に残っている出来事

ある男の子のリハビリのケースです。その日は、発熱していてリハビリできる状況ではなかったのですが、

 

男の子のお母様が「今日は、あまりリハビリができないかもしれないけれども大槻さんとゆっくりお話がしたい」

 

と言ってくれたことです。

時には、家族の相談相手としての時間を持てることも在宅での仕事の醍醐味だと思っています。

 

その後から、技術も大切ですが、

 

まず人として

「この人にリハビリをやってもらいたい!」と思われる人になりたいと強く思うようになりました。

 

■LCCの好きなところ、良さはなんですか?

一人一人のメンバーのモチベーションが高く、それぞれに夢があることです。

 

スタッフと夢について語り合うことも多く、そんなメンバーと日々一緒に接することで自分を高めることができます。

 

そして、会社が個人の夢を応援してくれるところが好きです。

 

■将来の夢はなんですか?

私の将来の夢が誰もが安心して集えるコミュニティーを作ることです。

 

その夢を語った時に、取締役の坂田さんと鳥谷さんが「必ず実現しよう!」と言ってくれたことがとても印象的です。

 

■大槻さんの弊社のビジョンでもある「生きるを楽しむ」はどんなことですか

 

自分がやりたいことをやる人生です。今やっているアロマやヨガなどをして生きることです。

そしてみんなとワイワイすることが好きなので、夢でもありますが、「みんなが安心して集えるコミュニティーを作る」ことが生きるを楽しむことです。

 

 

 


テーマ:

取締役の鳥谷です😊

 

10月末でLCC訪問看護ステーションの一年が終わります。

 

長かったようで短かった一年間。

 

一年目の節目で10月の中旬に管理者の横山さんにも8日間の連休をとってもらえました(実は見えないところでだいぶ電話連絡していたようですが笑)

 

たくさんの出会いがあり常勤スタッフも12名に増えました。非常勤も合わせると20名は優に超えます。

ご利用者様は延べ100名の方からご依頼を頂きました。在宅でのお看取りも4人程任せて頂きました。

 

訪問看護ステーションの1年目としてはなかなかの数値かと思っています。

 

 

一番嬉しいことは「LCCさんを選んで良かった」「あなた達が来てくれて嬉しいわ」「最後に家に帰れて良かった」というご利用者様の声と「LCCに入って良かった」「訪問看護って大変ですけど、面白いです」「出会えてよかった」というスタッフの声です。

 

訪問の現場は正直大変です。

 

まず家のお伺いするまでの道のりがあります。

朝に夜に電話がかかってきます。

晴れている秋晴れの日は最高ですが、雨や風、暑さに寒さ。どんな時も自転車移動です。

 

到着してご自宅に訪問すると病院とは全く違った空気感。

病院は治療をしてもらう側、施設では身の回りのお世話をしてもらう側のご利用者様達が多いです。

しかし、ご自宅ではご利用者様やご家族様のテリトリー(領域)なので隅から隅まで訪問スタッフの所作や態度などご指摘を受けるケースも多々あります。どんな知識よりもご利用者様のことを考えて行動出来る、人間性がかなり大切だなと感じています。

 

弊社のメンバーも各々に課題があり、ご利用者様やスタッフ間で指摘を受ける時もありますが、日々努力して変化している姿を見るとこれから3年後、5年後がとっても楽しみ♪

 

理念は「生きるを楽しむ」を追求

取締役 兼 事業所長としては日本で一番やりがいがあって休みがとりやすく病院以上に稼げる仕組みのある訪問看護ステーションに成長させていきたいです!!!

 

今はまだまだ小さいステーションですが、来年には港区No1ステーションになると思います。

 

支えてくれてるスタッフの皆さん、地域の皆さん、連携事業所や見守ってくれている皆さん。いつも本当にありがとうございます!!

LCC訪問看護ステーションは第1幕が上がったばかりです。これからどんどん面白くして行きますので、一緒に在宅業界に挑んでいきましょう。LCCで働いてくれる仲間も募集してます。非常勤からでも大丈夫です。在宅の見学来るだけでも大丈夫です。とりあえず来て見て下さい。めちゃくちゃ面白いのでw

 

ではまた〜


テーマ:
{9FD2D436-31BA-4E54-B5C9-99646229147F}
 
こんにちは、LCC訪問看護ステーションの理学療法士のミナクルです。
今日はなんと、理学療法士×ヨガで有名な中村尚人先生の勉強会にみんなで参加してきました。
 
人類の進化論からみる人間のカラダの不思議について学びました。
中村尚人先生の進化論への熱い想いと深い知識に引き込まれてあっという間の2時間。
 
恐竜が二足歩行の元祖だったお話から、
歯の噛み合わせの話、
実は子供が行うスポーツによる将来のカラダの不具合の話を通じて。
 
人間の体は長い年月をかけて今の形に進化していること。
この進化を紐解けば、どこにアプローチすべきなのか、どんなトレーニングをすべきなのか、そして、子どもの時にどんなことに気をつけるべきなのか見えてきました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 

 


テーマ:
{EF0693BC-0411-47DC-A59B-FBE0C42B0B08}
月一回の勉強会
テーマは「小児のポジショニング」
担当は作業療法士の田中さん
 
 
筋緊張の強い「つっぱりタイプ」
と筋緊張のゆるい「ゆるゆるタイプ」に大きく分けてその子が安心して座れるポジショニングについて学びました。
 
 
そして、人工呼吸器が入っている子にクッションを使って座ってもらう方法を具体例を使ってみんなで議論。
 
気をつけなければならないこと、
リスク管理
ご家族との関わり方
などなど
実際訪問看護の場面でどうしようか、と悩むことが多いことをみんなで議論してよい勉強会でした。
 
 
 

 


テーマ:

取り締まられ役の鳥谷です(^^)

 
9月25日業務後に社内研修を開催しました。
 
テーマは
「生きるを楽しむ」×「チーム力」
 
 
取締役の坂田よりオンラインで繋いでの講義です。
 

 

・ご利用様も働くスタッフも生きるを楽しむの追求

・今までにない医療サービスを作り上げる会社

・記憶に残る看護、リハビリを行う集団

・在宅医療で最先端を考えて創造しようという内容でした。

 
認定看護師のスタッフが看取りをやりたくて7月にLCCに入社しました。研修当日の夜中、初めての在宅のお看取りを経験したそうです。
 
泣きながら最後に同席出来て良かったと。
 
亡くなったご利用様が「おまえと結婚出来て良かった」とお風呂に入っている最中に話されていたそうです。
 
そのスタッフの話を聞いてライフ・ケア・コンシェルジュという会社を始めてよかったなと改めて想いました。
 
ターミナル期は1日に何度も訪問や電話、夜中になることもあります。
体調や麻薬の相談etc
本人に身体の苦しみや周りの不安など訪問の現場で支えていかないといけないものはたくさんあります。
 
ご利用様やご家族様からの家に帰って来れて良かった。最後いい顔で逝ったよね。という声を聞くだけで、それまでの大変なこととか全部吹き飛んじゃうんじゃないかなと思っています^ ^
 
 
 
 
訪問看護ステーションをやり始めてまだ10ヶ月ですが、利用者様は70人ほどまで増えました。
スタッフも12人になり、事務の方も入社されてどんどんと組織が大きくなってきています。
 
各スタッフがやりたかったことが少しずつですが、チャレンジ出来る環境にもなってきました。
 
ただまだこれからが始まりです。
 

徹底的に「生きるを楽しむ」を追求する会社へとさらに「チーム力」を高めてチャレンジして行きます!!!

 
 
 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス