西麻布発信〜LCCスタッフブログ〜

西麻布発信〜LCCスタッフブログ〜

「新しいカタチ」の訪問看護ステーション

LCC訪問看護ステーションは日本訪問理美容推進協会と業務提供しております。

今まで当たり前に行っていた美容室。病気や怪我、何かしらの理由で行けなくなってしまった方へ、ご自宅でも素晴らしい美容サービスを受けて頂きたい。

そんな思いから、LCC訪問看護ステーションの皆様を、訪問理美容推進協会の美容師の方が全力でサポート致します。
(写真に写っている美容師の皆さん、本当に素敵な思いを持った方々です!青のユニフォームはLCCスタッフです。)



ご利用者様の生きる楽しみの一つの手段として、美容の力を生かしていけるよう、看護、リハビリスタッフも協力して参ります。

こんにちは!

 

取締役の鳥谷です。

 

大晦日。2019年もあと数時間で終わりになろうとしています。

レセプトも現場のスタッフ訪問もあと残り少しとなり、良い締めくくりとなりそうです。

 

2019年は

・11月1日で訪問看護ステーションが3年目に突入

・スタッフ数も常勤で30名を超え

・11月から芝浦サテライトがOPEN(ベテラン理学療法士 河野が所長就任)

・新COO(水田取締役)就任

・新管理者の㓛刀の入社

 

たくさんの仲間に支えられて、2019年の最後を迎えました。

 

思い返すと嬉しかった場面や悔しかった場面がたくさんありました。眠れない日々も、、、、笑

 

 

先日12月13日開催したLCCAWARD&忘年会の様子です。

涙あり笑いありのAWARD

・訪問TOP賞
・採用貢献賞
・新人賞
・BestThanks賞 7名の方々を表彰しました!

特に今回初導入したBestThanks賞は心震えた場面でした。

もっともっとお互いの背中を合わせて挑戦出来る仲間の集まる会社創りをしていきたいです。

表彰された方々、スタッフ一人ひとりの皆さん1年間お疲れ様でした!

 

LCC訪問看護ステーションを支えて頂いているご利用者様や地域の皆さま

関わってくれているスタッフの皆さま

スタッフを支えてくれている家族の皆さま

 

2019年は本当にありがとうございました。

2020年はたくさんの笑顔の集まる会社を目指して

さらに飛躍する年にしていきますので、何卒よろしくお願い致します。。

こんにちは!

 

取締役の鳥谷です。

 

9月に看護師と作業療法士のメンバーが仲間入りして、より盛り上がってきました。

 

先日フェイスブックに記載されていた、記事をご紹介して行きたいと思います。

 

「在宅ケアを受けたがん患者の療養場所の希望と実際―在宅療養中の希望の変化を含めた検討―」

https://www.jstage.jst.go.jp/article/generalist/42/3/42_150/_article/-char/ja/

 

結果:当初の希望が自宅である患者の95.6%・家族の96.8%が最期まで自宅を希望し,当初の希望が自宅でない患者の87.9%・家族の84.8%が最期に自宅を希望した.患者の97.4%・家族の97.2%で,最終段階の希望と最期を迎えた場所が一致した.

 

という論文がありました。

 

厚労省が出している結果と比べると想いと現実のギャップが凄いですね。

 

在宅で支え続けていける仕組みをどうするか?をもっともっと考えていかないと感じてます。

 

今朝もスタッフがお看取りをして最後を迎えたご利用者様がいました。

最後まで家にいたいという想いを支え続けるために大切なこと。

そんな想いのご利用者様を支える家族、日々関わっている医療・介護従事者、それをバックアップ出来る会社創り。

 

ただいま絶賛模索中ですが、LCCの大切な仲間と共に見つけて行きたいなと思っています。

 

LCC訪問看護ステーションが今月で丸2年が終わります。

本当にありがとうございます!!これからも頑張っていきますので、よろしくお願い致します。

こんにちは!

 

取締役の鳥谷です。

 

7月末から連日暑い日が続いている東京です。

 

訪問のスタッフ達は連日暑い中、ご利用者様のお宅に自転車で訪問しています。

 

梅雨明けから一気に猛暑日になった影響で熱中症気味のスタッフもちらほら。

 

会社として何か対応出来ないかと思い福利厚生も兼ねて熱中症対策を導入してみました。

 

 

OS-1と瞬間冷却を各スタッフに配布。

欲しい方にウォータークールタオルなど選んでもらい1つ配布しました。

暑い夏をみんなで乗り切りましょう!!!

 

取締役の原田が昼ごはんを準備して、訪問の合間や訪問後などにみんなに手料理を振舞ってくれてスタッフ達に大好評でした✨

またやって欲しいという声も多くLCC訪問看護ステーションの月一のイベントになるといいなと思ってます。

 

原田さん前日から買い出しや下ごしらえ、当日の準備等、本当にありがとうございます!

次回は是非、手伝います。笑

 

 

8月からベテランの言語聴覚士も入社されLCC訪問看護ステーションはSTが常勤で3名(その他非常勤2名)いるステーションになり、現在地域のニーズを含めて模索中です。訪問歯科の先生と連携をはかったり等、ST領域の可能性を探っています。

 

 

また渋谷サテライトのメンバー達が独自にイベントを開始して、仲間を募集中です。

ご興味ある方は是非、LCC訪問看護ステーションの鳥谷(取締役)or小峰(渋谷サテライト所長)までご連絡下さい。

 

以下ご案内

 

「在宅医療」を
知ろう、語ろう、繋がろう  〜夏の陣〜

愉快で尖ったメンバーが集まり、
「訪問看護」「訪問リハビリ」、「在宅医療」
にざっくばらんに語る会🗣
【注目】
とにもかくにも、参加者の皆さんと『繋がる』
ことがこの会の目的です。
当日はささやかではありますが、お食事とお飲物を準備いたしますので、時間の許す限り熱〜〜〜く語り合いましょう🔥🔥🔥

《日時》
2019年8月21日(水)
🕑19:30-22:00
 
《場所》
LCC訪問看護ステーション渋谷サテライト
(小田急線  代々木上原駅から徒歩5分)
{ここに住所載っけるか、参加者にだけ別途伝えるか

《対象者》
看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、医療事務、ケアマネージャー

※上記職種で在宅に関わっている、在宅に興味がある人はどなたでも参加できます☝️

↓↓↓
📣迷った場合は連絡をください。お迎えにあがります。
📣とにかく楽しいスタッフばかりです。不明な点はお気軽にお尋ねください。
🤟人柄に自信🤟

 

渋谷はこんなメンバーです✨ちょっと変わった人が多いかもw

 

こんにちは!

 

取締役の鳥谷です。

 

2018年6月〜24時間の緊急時訪問看護加算を開始して1年が経過しました。

 

おめでたい✨

 

ご利用者様は200名を越え70〜80名の緊急時加算を算定している状況となりました。

 

当然、管理・把握しなければいけないご利用者様数の増加、緊急に呼ばれる回数は右肩上がりに増えています。

少人数だと起こりえない問題点も出てきています。

 

LCC訪問看護ステーションのチーム作りが問われる段階に入ってきています。

スタッフが100名規模(ご利用者様数1000人)になる時には「夜間専従」や「専任オンコール対応」の配備を考えていきたいなと思っています。

ステーションの規模が小さいと日勤もしながらオンコールして呼ばれると夜に休めない環境で出来てしまいます。現状弊社もまだ同様の状況で、スタッフが疲弊しているケースも時折あります。

 

看護やリハビリは「やりがい」は大前提で大切ですが、「やりがい」だけでは続けていけません。

会社理念にある

「生きるを楽しむ」

を追求していくにも仕組み化して、働くスタッフがしっかりと続けていける様、会社制度として作っていきたいなと思います。

どの訪問看護ステーションも実現出来ていない体制を創造していきますよ!!!

 

まず今期は

・オンコール手当の増額

・夜間体制を行えるスタッフの増加

・ご利用者様が多くなっても把握や共有出来る体制強化

を目標に取り組んで行こうと考えています。

 

取締役 事業部長として数字とのにらめっこを日々頑張ります✨

 

それでは〜

 

 

5月25日に行われたBBQの集合写真です🍖

来年は80名規模くらいになりそうで準備や進行もっと頑張らないとなと思います。

 

弊社にご興味ある方、訪問看護が見てみたいという看護師やリハビリスタッフがいましたら是非ご連絡下さい!

 

 

こんにちは!

 

取締役の鳥谷です。

 

新元号おめでとうございます!!

 

「令和」に突入ですね。

 

5月に入り、LCC訪問看護ステーションもさらに勢いを増しています。

 

5月に渋谷サテライトの入居を行い、本格的に渋谷・世田谷エリアでの訪問がスタートしました。

リハビリに力を入れていくステーションになりますので、急性期や回復期後に集中的にリハビリが必要な方は是非ご相談下さい。

 

 

5月15日19時〜は渋谷サテライトの内覧会も開催予定で、歯科のDrや訪問のDrがお祝いにきてれて講演会をする予定になっていますので、ご興味ある方はご連絡の上、ご参加下さい。

 

 

3期目が始まり、働く仲間がたくさん増えました!!総勢20名で運営するステーションになりました。

一方で連携や情報伝達の不手際も事業所の中でポツポツ出てきてしまっています。

 

港区の中核を担うステーションに成長していくために一層気を引き締めてやっていきます。

 

5月もよろしくお願いします。

こんにちは!

 
取締役の鳥谷です(^^)
 
4月1日に「令和」という新元号が決まり、桜満開となる季節になりました。
 
ライフ・ケア・コンシェルジュ株式会社も3期目を迎え、LCC訪問看護ステーションも出会いの時期に入りました(^^)
 
2月にNs1人
3月にOT1人
4月にPT2人、ST1人が入社が決まり、新たな仲間を迎えて訪問開始しております。
 
常勤スタッフも18名を超えるステーションに成長出来たのも、ご利用者様や地域のみなさま、一緒に前を向いて走ってくれているスタッフのおかげだと思います。
 
先日のオリエンテーションで代表の加藤から新入社員に
 
「生きるを楽しむ」
 
という理念を追求して欲しいという話がありました。
ご利用者様へこの理念を提供するということは私たち医療従事者が日々の研鑽と、より一層の気配りをしていくように聞こえました。我々は病気になった方、障害を持った方を相手にする機会が多いです。ただその中で人としてのリスペクトが抜けてしまうと「生きるを楽しむ」という追求が出来なくなってしまうなと感じています。
そうならないためにどうしていくのか?
もちろん個人での研鑽や成長というものは欠かせないと思います。それに加えて企業としてどのようなことを社員と一緒に目指していくのかを考えなくてはいけないなと強く感じています。
 
ある100人規模の訪問看護ステーションで採用しても人が離れてしまう(離職)。ということが課題に挙がっているそうです。
 
LCC訪問看護ステーションはまだ小さく20人弱のステーションですが1年半運営して離職が0人です。この数値をどう維持していくのかがこれからのステーション創りで最大のキーポイントになってくると思っています。
上記の問題に答えはまだ出ていないですが、この1年でしっかりと地盤を作って2020年で100名規模のステーションとなれるよう挑戦していきたいと思っています!!
 
キーワードはスタッフに対しての「生きるを楽しむ」を会社として追求していくという方向性と、「多様化」ではないかなと思っています。
 
3期目は「現場の質向上」「組織化、そしてチーム力向上」「理念の追求」を目標に掲げて新たなチャレンジです!
渋谷サテライトは近日中にオープン予定で、今期はあと2〜3サテライトの展開を目指していきます✨

こんにちは。

 

取締役の鳥谷です。

 

先日、管理者の横山Nsが熱意のあるブログを本日読みました。

正直、かっこいいです。本当に横山Nsに出会えて良かったと思います。

 

他のスタッフやリーダー達も本当に素敵な方々で頼もしい仲間に出会えて心強いです!!!

 

年が明けて2ヶ月、LCC訪問看護ステーションとして全体が締まって運営出来ていると感じています。ただ、小さい問題は多大にありますが(笑)

 

 

締まった状況で運営が出来ていると問題も未然に察知出来たり、先週議題に挙がった課題が解決されるのが10倍くらいのスピードで解決されていってます。リーダー達は現場と運営と戦略と多種多様なことについて一緒に向き合ってくれています。

例えば

・利用者様への日々の訪問やスケジュール管理

・スタッフの訪問看護の現場力向上

・クレームに対する判断と対応

・新規獲得

・事業戦略に対するチームと個人の動き

・採用と配置

・教育のシステム作りetc

挙げていけばキリがなくあります。

病院では絶対に経験しない動きです。病院では分断教育という形で分けられて上記の1や2つくらいの役割で仕事が回るようにして部署を区切っているからだと思います。医療の現場はマルチタスク(ご利用者様に関してのマルチタスクは別です)が本当に苦手なんだなと感じています。

LCCではそう言ったタスクをリーダーになる人にはたくさん経験してもらいます。1人のスタッフや利用者様の人生や未来を考える上で俯瞰した見方と同時並行して対策や行動をしていかないと上手くいかないからです。一個の問題が起こって火を消そうとしている最中に別の場所からも炎上して収拾がつかなくなって組織が崩壊するなど日常茶飯事にある話だからです。これが出来ても次のリーダーが育たず任せられずに組織が大きくならないなどあります。

 

社会で通用するリーダーに一緒に成長していきたいです。

2019年に入りその想いがさらに強くなりました。

 

2019年4月から3期目を迎える中で20名以上の採用とサテライトを3店舗展開しながらも想いと経営もより強固なチームにしていきたいからです。

 

横山Nsが書いていたように中途半端に運営する訪問看護ではなく

「生きるを楽しむ」を追求し続けて、ちゃんとした訪問看護ステーションを目指していきます。

こんにちは!

 

取締役 理学療法士の鳥谷です。

 

2019年はLCC訪問看護ステーション、ライフ・ケア・コンシェルジュ株式会社はチャレンジの年となります。

 

大きく分けて3つのチャレンジが始まります。

 

1、LCC訪問看護ステーションのサテライト展開の開始

2、予防事業の「SALPO」が本格始動

3、コンシェルジュ業務の充実

 

1、LCC訪問看護ステーションの渋谷サテライトが1月よりスタートラインに立ちました。渋谷サテライトは理学療法士が所長を務めており、リハビリ特化型と訪問看護の融合を図っていきたいと考えています。リハビリ特化型とは「リハビリで結果を最高に引き出せるステーション」です。これは完全に世の中の動きに逆光しています。今更?と思われている方も多いと思います。「結果を最高に引き出せる」というのが最重要ポイントだと考えています。今までの訪問看護のリハビリはただ1時間をこなすだけで保険が下りていました。その結果、看護師の算定よりリハビリのレセプト算定が多くなっていき大規模に抑制が入りました。残念ですが、制度上セラピスト単独では動けない状況が出てきています。訪問看護の職域では看護師のリハビリの代わりにセラピストが訪問する内容となっているからです。

渋谷サテライトは圧倒的に質の高いセラピスト集団していき卒業を視野にご利用者様に関わっていきます。移動距離の効率化と保険外リハビリとの組み合わせにより実現していきたいと考えています。渋谷サテライトのコンセプトが上手くいけば都内で何店舗か展開を考えています。

既存の西麻布エリアはご利用者様も増え、看護機能の充実させ機能強化型ステーションとして少しずつ変化させていく考えです。

リハビリ分野は予防により近く、看護分野は医療依存度の高い形として今年は2〜3ステーション展開しながら確立していく予定です。


 

2、予防事業の「SALPO」が本格始動

2月には「SALPO」のwebサイトがプレリリースします。

セラピストとお客様を繋ぎ予防や現在お困りの疾患に合わせてオンラインで繋がり、問題点に対して介入。

なかなか通えないや通うと料金が高額になりやすい現状を画期的なプラットフォームとして解決の糸口を探ります。「SALPO」の語源はスペイン語からなり「サルー:健康(乾杯の掛け声としても使われる)」×「クエルポ:身体」の組み合わせの造語として創りました。今後は幅広いお客様やセラピストに使って頂けるよう組み立てていきます。

 


3、コンシェルジュ業務の充実

現在は訪問先のご利用者様や地域の方、ご紹介者を介してコンシェルジュ業務のご相談を受けている形です。今までにあった内容としては病院同行、旅行の付き添い、施設や病院の斡旋、医療や介護制度の説明、お手伝いサービス、家族の調和と様々なご相談を頂きました。今年は葬儀社の方と連携を図りながらエンディングサービスも開始予定です。今後は「LCC訪問看護」「SALPO」事業と連携をはかりながら展開していきたいと考えています。


 

優秀なスタッフのみんなのおかげで、港区地域で展開をはじめ知名度が少しずつ上がってきています。今年はその地盤を活かしてさらなるステージにみんなでチャレンジしていき、本物の企業へと変化させていく入り口の年にしていきます!!

こんにちは!

 

取締役の鳥谷です。

 

師走もあっという間に走り去って、一年が終わろうとしてます。

 

今年一年はライフ・ケア・コンシェルジュ株式会社にとって成長の一年でした。

 

2017年11月にLCC訪問看護ステーションがオープンして、2018年6月からは24時間看護体制をスタート。4名の方のお看取りとたくさんご利用者様の笑顔と別れによって支えられてきた一年でした。常勤スタッフも14名と増え大所帯です。

 

弊社では4ヶ月に一回くらいに頻度で、「アワード」を実施しています。

 

目まぐるしく変化する訪問看護の日常の中で、会社の方向性や事業の業績などを報告。そして来年以降に関しての予算や事業展開などを話す場とこの4ヶ月で最も輝いていたスタッフを表彰する場にしています。

この医療・介護業界に10年程携わってきた中で世の中の当たり前と医療の当たり前が違い過ぎることに驚かされることが多くありました。売上や給料に関してもそうです。病院の売上は?リハビリ科の売上は?自分達の売上は?と言われても、分からない人が多い中で仕事をしている方が大半です。就職したばかりの私もそうでしたが、売上意識もコスト意識もなく、ただ課せられたことを行うという形は医療の業界が衰退しく原因の一つだと感じています。以下厚労省HPからの抜粋ですが、約73%の医療法人が赤字経営。

そんな赤字経営の中で給与を上げて欲しいとか待遇をとスタッフが声をあげたとしても病院の運営側から見ても無理難題。そこから双方の溝が深まり離職に繋がる。そして採用にまたお金をかけて(人材紹介会社を使うと一人のスタッフ採用に80-100万円かかる)スタッフに払う給与水準を上げれない状況が続くという負のスパイラルに入っていることも多くあるんじゃないかなと思います。

 

 

ライフ・ケア・コンシェルジュ株式会社の運営するLCC訪問看護ステーションでは毎月の訪問件数、概算の個人売上、営業件数をスタッフに毎月報告する業務を作っています。11月は訪問が95件で売上が82万円。営業が20件行ったという具合にです。

表彰対象はこちらの4名👏

右から大槻OT(営業TOP賞)、磯部Ns(TOP賞訪問と営業の稼働時間)、管理者の横山Ns(社長賞)、稲田Ns(新人賞)

 

その個人の集約がLCC訪問看護ステーションの収益構図です。個人が頑張った、チームが頑張った先に会社の業績が良くなり、会社は利益が残ればスタッフ個人に対して表彰・賞与やチームに表彰など様々なことに活用していきたと考えています。

会社は収益構造を透明化してスタッフ一人一人の努力量や結果によって給与水準などを変えていきたいなと考えています。

また、訪問看護は個人では運営が困難です。チーム力をつけて個人のパフォーマンスを最大限に上げることによって、最高な訪問看護ステーションが完成すると信じています。

日常細かい色々はありますが、スタッフが笑顔で働ける職場っていいですね〜

 

忘年会は25人くらいで六本木のバーを貸し切って盛大にお祝いしました♪

 

8−12月の誕生日もお祝いしてもらいましたw

 

来年は新しく20名の仲間を採用する予定なので、ここには入りきらなくなるかも✨笑

 

来年の課題は「チーム力」と「仲間集め」です。

数年後には業界No1に躍り出る予定。日本一面白くて東京一、たくさんのスタッフが働いているステーションになる予定ですので2019年もよろしくお願い致します。

 

本年は本当にありがとうございました。

 

ライフ・ケア・コンシェルジュ株式会社 鳥谷