台湾に行ったら必ず食べたいものといえば、皆さま何を思い浮かべますか??
 
マンゴー雪花冰、小龍包、水餃子、蛋餅、タピオカ、熱炒、豆花、火鍋・・・・・・・ メジャーなものからマイナーなものまで、例を挙げればきりがないのですが、中でもわたしが絶対に外せないのは愛しの魯肉飯(ル―ロ―ファン)どきどき♡
 
今朝たまたまテレビで魯肉飯を見て、またモーレツに食べたくなってきました・・・・・・kirakirakirakira
 
 

●日本人観光客にも利用しやすいチェーン店

魯肉飯が食べられるお店は実はそこらじゅうにあります。裏路地にある小さな屋台とか、地元の台湾人しか知らないようなお店で食べる魯肉飯もとっても美味しい!しかしながら、中国語しか通じなかったり、注文のシステムがわかりづらかったりで、観光客にはちょっぴりハードルが高く感じられるかもしれません。
 
日本で発売されている観光ガイドブックによく掲載されているのは、中正紀念堂近くにある金峰魯肉飯や圓山駅近くの丸林魯肉飯。どちらも比較的アクセスが良く、観光客慣れもしている有名店です(もちろん味も美味しい)。ただ、その店舗に行かないと食べられないというのがやや難点。2泊3日や3泊4日の短い旅行中に、毎回足を運ぶのは結構キビシイ・・・・・・汗汗
 
そんな方におすすめなのが、台湾全土に店舗をもつ、ヒゲのおじさんがトレードマークのチェーン店「鬍鬚張魯肉飯」。赤と黄色のこの派手派手な看板、あちこちで見かけたよ!という方、たくさんいらっしゃるのではないでしょうかにこ♡

 

 

 

 

 

 

やじるしこちらは忠孝新生駅近くの店舗。駅をおりて徒歩すぐの場所にあります

 

 

 

●夜遅くまで開いてます!魯肉飯以外のメニューも人気

鬍鬚張魯肉飯の良さは、店舗数が多いことだけではありません。店舗にもよりますが、長いところだと朝10時~夜11時頃まで営業しているので、夜まであちこち観光してレストランのディナータイムが終わってしまったときや、晩御飯は食べたけれどまたお腹がすいてきたとき、熱炒の〆にもう一軒行きたいときなどにもありがたい!きらきら


サイズも選べてさくっと食べられるので、「台湾旅行はスイーツメインです!」っていう方の、スイーツとスイーツの合間の軽食にもおすすめです。入って注文してあっという間に出てくるのも嬉しいポイントですにこっキラキラ

 

看板メニューの魯肉飯のほか、雞肉飯も美味しくて人気です。どちらも通常サイズで一杯39元(約150円)。安い!!!!!

 

ご飯だけでは物足りないよ~という方には、豊富なサイドメニューも。おすすめは水耕A菜(空芯菜など)や筍絲魯(細切りのタケノコの炒め物)、貢丸湯(肉団子スープ)、椒麻雞(ペッパーチキン)など。メニューは写真付きで、セットメニューも複数あり。初めての方でもとっても注文しやすいので心配無用です手手

 

 

おはなメニュー詳細(鬍鬚張魯肉飯HP)

https://www.fmsc.com.tw/ch/mainfood.php?n=food#pageCont3

 

 

やじるし魯肉飯と雞肉飯、迷うと両方注文しちゃうこともありますww
 
 
 

●あの味を日本でも!レトルトパックが簡単便利☆

鬍鬚張の魯肉飯&雞肉飯をいつでもお家で味わいたい!かおきらきら という方には便利なレトルトパックがあります。鬍鬚張魯肉飯の各店舗でも販売しているので、台湾に住んでいた頃にも時々購入していました。SOGOや三越の食品売り場にも置いているようです。
 
日本では石川県に鬍鬚張魯肉飯(ひげちょうるうろうはん)の店舗がありますが、実は日本国内にいても通販サイトでレトルトパックを購入することができますnico 店舗で食べるよりはちょっと割高ですが、日本語サイト&日本円で購入可能なので、安心ですよね♡
 

おはな鬍鬚張魯肉飯 日本公式HP
 
おはなレトルトパック通販サイト

 
image

image
 
 
 
 
 
以上、今日はちょっぴり真面目に、鬍鬚張魯肉飯をご紹介してみました手