恐れを回避せず、正面から受け止めた先に見えるもの|巫女体質のためのお清め教室 | 巫女体質のためのご神託・お清め教室|翡翠の巫女

巫女体質のためのご神託・お清め教室|翡翠の巫女

新宿1駅のサロン「翡翠の巫女」「東京ヒプノセラピーサロン レイラ&カイス」を夫婦で運営しています。巫女体質(霊媒体質)の方のためのセルフケアの記事を主に書いています。
【専門:口寄せ・催眠療法・占い・巫病改善・出張祭式・整体】


テーマ:

翡翠の巫女 松井久子&武司 です。

 

ようこそお参りくださいました。

 

近年では、心の問題解決のための様々なメソッドが登場したおかげで、それらを駆使して、感じたくない感情を巧みにかき消すことが得意になってしまっている方が増えてきました。

 

巫女体質の方は、感受性が鋭すぎるため、感情面でキャパオーバーの状態になりやすく、受け止めきれない感情を様々なやり方で回避する術に自然に長けていくのです。

 

その回避する癖を見抜いて手放し、避け続けていた感情を受け止めることができれば、その術は後々、才能として活かしていくことができるようになっていきます。

 

下記でご紹介するお清め士講座の受講生の方は、自分で氣が付かなくなっていた恐怖の感情に直面することができるようになってこられました。

 

ある感情を思考を使って巧みに回避してしまう癖に自分で氣が付くのは至難の業ですが、彼女がどのようにしてその癖を外していったのか、とても参考になりますので、是非ご覧ください。

 

 

◆ お清め士講座(前期)受講生のメッセージ

 

昨日、メールを送ったあとふとした日常の瞬間に意味もなく強い恐怖心が湧いてきました。咄嗟に「私は大丈夫、怖くない」と思うと、すぐさま恐怖心が薄らいでいくのが分かりました。でもこれがいつものパターンなんだと思い直し「怖くない訳がない、怖いんだ」と思ってみました。するとむくむくと再び恐怖心が湧き上がり、思わずスーパーでパンを選びながら嗚咽しそうになりました。
 

家へ帰る途中も恐怖心が湧き上がりましたが、「これは何に対する恐怖なのか」と恐怖の原因を考えようとすると恐怖心が薄らいでいきました。「原因が分かれば対処できるから大丈夫」というのもいつものパターンです。
 

とことん感じ切るまで何も考えずにいるしかないと決心し、現れたり消えたりする恐怖心を感じ続けていました。
 

そうする事でだんだんと、我慢をし続けていて苦しかったこと、恐怖心を認めず厳しさばかりを強いていて優しくなかったこと、助けて欲しかったことが感じられました。

生前父は認知症の伯母が徘徊し夜中に警察から電話がかかってくると何度でも迎えに行き、献身的に伯母の面倒を見ていました。
きっと私が甘えて助けてと言えれば父は助けてくれたはずです。私のために何かしらのアクションをしてくれたはずです。時間が経つとその様な強い確信と共に大きな安心感を得ることができました。
ずっと親の愛情を拒否し、親の愛情は私まで届かないと思ってきましたが、そっくり全体を愛で包まれていたことに気づきました。親が助けてくれると思って安心できるということは、私の中にしっかりと愛情があり、支えとなっていたと思うからです。

恐怖を感じてみて、次に、親の存在に安心感を得た事で恐怖の中身も見えてきました。
シェアして頂いたM様のメールを何度も読んでいるうちに気づきを得ることができました。
人も含め全てのものが、互いに支え合い慈しみ合い労わり合い補い合い、共に喜びを感じながら生きていくことを私は「知っている!」と気付いてはっとなりました。そして「知っているからこそ現実とのギャップが怖かった!」と気付いたのです。
その後しばらく号泣が続きましたが、今までの様に人類を呪う様なものではなく、小さな子が「こわい〜」と言って泣いている様でした。

怖いと言ってもちょっとした思い違いや誤解があったからかも知れませんし、理解できない部分があっただけかも知れません。それを恐怖から逃げることでずっと引きづり続け、恐怖の先にあるものを見ることが出来ませんでした。やっと私を包んでいた愛に気づくことができました。


ここまで読んで頂きありがとうございます。
まだまだ最後の日まで学び続けるつもりです。

 

------

◆ お清め士講座(前期)受講生のメッセージ(続き)

 

意識の中で父を思い浮かべエピソードを思い出し父の存在を感じていると、胸の中がじんわりと暖かく柔らかで暖かい感覚が溢れてくるのを感じました。

父は一番身近に居る神様だったと感じられ、父と私はとても太いパイプで繋がっていて、父の先にもずっと沢山の神様が繋がっている様な感覚になりました

ただただ感謝で一杯になっておりました。

すると突然「私の中にも愛がある」という確信が湧いたのです。

その後は涙が止まりませんでした。色々な感情があるようで無いような不思議な感じでした。

大自然の中、とてつもない美しい光景に感動して胸の中が一杯だけど頭の中が空っぽになり涙が溢れてくるような感じが近いかもしれません。

自分の中に愛がある事が分かり、周囲の人に思いやりを持って接することが出来る、慈悲の思いで奉仕出来るように思えました。

やっと大人になれた気がします。

誰かが作った外の世界のあり様に怯えたりせず、自分の意思で自分を生きていける気がしました。

 

 

シェアをありがとうございました。

 

自分にはないと思っていた感情に氣付き受け止められるようになると、

その先には靈的な恵みを無限に受け取れる場所が開けてまいります。

 

粘り強く自分自身に向き合い続ける姿をお見せいただき、ありがとうございます。

 

ブログをご覧の皆様にもお清めのご神徳がありますように、

いつもお祈りしています。

 

 

 【人氣記事】

巫女体質について 【 記事一覧 】
靈性を育む御神託【奴奈川姫の御神託】

 

【お清め士講座(入門)】(1day)

・平成30年12月4日(火)(受付中)

 

【無償お話し会&整体】 

・平成30年12月1日(土)(受付中)

 

 

巫女体質のためのお清め教室|翡翠の巫女
新宿1駅のサロンです。ご相談(対面・電話)はこちらからお申し込みください。

 

東京ヒプノセラピーサロン レイラ&カイス

旧サロンのHPです。

 

 

翡翠の巫女 松井久子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント