こんにちは、レイ・ブータンですひまわりブルーハーツ

ブータンの国旗や、飛行機に描かれている「ドラゴン」龍


辰年である今年、ブータンとドラゴンの関わりを、

ブータン公式ツアーガイドを務めるジャムヤンさんにお聞きしましたメモ

 

(このドラゴンは、建設塗装会社に勤務する学生が描いた壁画とのことです。)

“ ブータンの国旗に描かれているドラゴンは、

天界や神の存在を表しています。
 

「ドゥルク」と呼ばれるこのドラゴンは、ブータンそのものを体現していて、

国を守る神々の力と保護を象徴しています。


ドラゴンはブータン文化の象徴であり、仏教や神と結びつき、

国の精神性や文化的遺産そのものでもあります。

ブータンの神話に登場するドラゴン=ドゥルク、

そしてゾンカ語の「ドゥルク・ユル」は「ドラゴンの国」を意味しています。
 

国旗のドラゴンは手足に宝珠を握っていて、国の富と安全を象徴しています。”

 

(ホテルのエントランスの柱に描かれている「ドラゴン」)

 


(民家の外壁に描かれている「ドラゴン」)

 

(ブータン中央部の古い家に描かれている「ドラゴン」)


とても興味深いお話でしたね!!


ブータンの国旗には複雑で緻密なドラゴンが描かれていて、

世界の中でも複雑な国旗の一つと言われています。


こういう所からも、ブータンのドラゴンに対する思いが伝わってくるようです。

最後までお読み頂き、ありがとうございましたふんわりリボン