- 法律をわかりやすい言葉で噛み砕きたい弁護士北川と申します。 -

- 法律をわかりやすい言葉で噛み砕きたい弁護士北川と申します。 -

なるべくわかりやすい言葉で噛み砕いて、
法律に関する諸問題を説明できればと思っています。
https://twitter.com/lawyer_kitagawa

Copyright © 2018 弁護士 北川貴啓 All Rights Reserved.


各記事は配信当時のものです!

配信以後の法律改正や

判例変更等の内容は反映されておりません!

ご注意ください!

テーマ:

【ざっくり説明すると…】

 

→肖像権侵害は犯罪行為とはいえない

 

→授業そのものが「言語の著作物」

 

→それを録画するのも

SNSにアップロードするのも

原則としてダメ、犯罪です!

 

 

先日、テレビ番組で、

日常生活の中でうっかり

やってしまいそうな行為が

有罪になるのか

無罪になるのかについて、

僭越ながら

解説させていただきました。

 

事例がたくさんあり

放送では解説しきれなかったので

各事例について何回かに分けて、

わかりやすい言葉で

噛み砕いて説明したいと思います。

 

 

今回は

「大学の授業を録画して

SNSにアップロードしたら

罪になるのか」です。

 

 

 

まず、前提として

民事責任と刑事責任の違い

説明します。

 

 

法律上の責任には

民事責任(≒弁償をする)と

刑事責任(=犯罪行為になる)、

大きく分けて2つあります。

 

この2つは

どちらか1つだけ責任を負う、

というわけではありません。

 

2つとも責任を負う場合もあれば

1つだけ責任を負う場合もあります。

 

 

 

たとえば、

コンビニで万引きしてしまった場合

万引きをしてしまった人は

コンビニに対してお金を

弁償をしなければいけないですね

それが民事責任です。

 

それとは別に

万引き行為は「窃盗罪」なので

犯罪行為をしたことの責任として

国に対して罰金を支払ったり

刑務所に行ったりすることになります

それが刑事責任です。

 

ですので、もし万引きをしたら

コンビニに対して弁償もするし

国に対して

罰金を支払う必要が出てきます。

 

民事責任と刑事責任は別モノなんだな

と覚えておいてください。

 

 

 

さて、

授業の録画映像を

アップロードした場合に

話を戻します。

 

 

よく、勝手にカメラで

自分の顔を撮影されて

ネットにアップされてしまうことで

皆さんが言うするのが

「肖像権侵害だ!」

という主張ですね。

 

この、肖像権

(=自分の姿を

公開されたくない権利)

は、あくまで民事責任の話です。

 

「肖像権侵害だ!犯罪行為だ!」

ということには

(一般論では)ならないんですね

ですので、

このブログを

ご覧になっている方々には

「肖像権侵害は、犯罪ではない」

ということを

ご理解していただきたいと思います。

 

 

では、

まったく犯罪にならないのか、

というと

そんなことはありません。

 

いわゆる「著作権侵害」で

(著作権については

過去のブログをご参照ください)。

 

 

大学の授業や講演会というのものは

喋っている言葉そのものが

「言語の著作物」

(著作権法10条1項1号)

に該当することになります。

 

この「言語の著作物」である授業を、

他の人にも広めようとして

録画(=コピー)すること自体、

著作権侵害となります。

 

また、録画映像をSNSなどの

インターネット上に

アップロードすることも

著作権侵害 となります。

 

ですので、

アップロードして収入を稼ぐ

といった、お金目的かどうかは

まったく関係がありませんので

注意が必要です。

 

 

ちなみに、よくあるのが

ご自分のお子さんの

文化祭などの録画映像を

SNSなどに

アップロードされているケースです。

 

文化祭など演目も

厳密にいれば

「著作物」になるモノが多いので

録画もSNSアップロードも

アウトになります 笑

注意してくださいね

私的使用目的の場合を除く)。

 

 

 

大学の授業を録画して

SNSにアップロードしたら

罪になってしまう理由

ご理解いただけましたでしょうか。 

 

次回は 「他人の無線LAN(Wi-Fi)を

内緒で利用したら

罪になるのか」について

わかりやすい言葉で

噛み砕いて説明したいと思います。

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス