台風の影響 | 弁護士 金英哲のブログ

弁護士 金英哲のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

台風21号は凄まじい勢いでした。

当日は珍しく、大阪の裁判所の期日も全て延期になりました。

岸和田支部は翌日午後の期日も延期になりました。

 

当日、私は朝に出勤して事務所内で溜まった仕事を処理していましたが、

昼頃、風の音が凄くて外を見ると、色々なものが舞い上がり、近くのタワーマンションの頂上あたりまで運ばれていました。

さすがに窓際は危ないと思い、窓の少ない部屋に避難したのですが、ビルが風で揺れているのが分かりました。

近くの街路樹は、何本か根こそぎ倒れ、信号の向きが変わっていました。

 

このように、台風で常識を超える風が吹いたことにより損害が発生した場合、通常の場合よりも、補償や賠償を請求することが困難になります。

民法716条は、土地の工作物についての責任が規定されていますが、「設置又は保存に瑕疵」があることが前提となります。

「瑕疵」とは、「通常有すべき安全性」のことなので、今世紀最大の台風に耐えられる強度まで要求するのは無理がありそうです。

そこで、保険で対応してもらえるかどうかですが、それは、入っている保険の契約内容によります。台風による被害の場合も含まれるのか、今回が免責される場合にあたらないか、保険証書や約款等で確認しておかなければなりません。

 

台風等で深刻な被害を被ったけど、補償や賠償を受けられるかどうか分からない場合、一度弁護士に相談してみてはいかがでしょうか。

 

KIMさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス