L'AVENIR AzuminO ブログ

チームメンバーが出たレース・イベント、定例練習会のサントレなどのレポートを掲載しています。


テーマ:

第18回サントレ日記
参加者 大石監督 雅子先生 橋本青空(日記)
天気 曇りのち晴れ 強度:テンポトレーニング
コース:ラヴニール〜山麓線〜安曇野公園〜大町自動車学校〜爺ヶ岳スキー場〜相川峠〜差切峡〜筑北村〜道の駅さかきた(休憩)〜風越峠〜四賀村〜大口沢〜安曇野市〜ラヴニール
距離120km  時間 4h30m 獲得標高 1,600m

 

 

今回のサントレは、山岳コース設定⁉︎となっており、天候は曇りで、涼しく走りやすい1日でした。私にとって、約一ヶ月ぶりの参加となり、脚が回るかとても心配で、今回は、「ケイデンス」を意識しての走りでした。

 

 

スタート後、いつもの様に山麓線を北上したところ、脚は思っていたよりも快調で、登りでも良いペースで登りきれるイメージでした……がそんなに現実は甘くなく、大石監督にすぐにちぎられ、ほとんど一人での登坂になりました。

 


道中、どの登り(どの坂)でもペースが長続きしなく、明らかなパワー不足を感じました最後のラヴニールへの登りでは、ほとんど力が入らず、なんとかお店までたどり着き、「まだまだだなと⤵︎」実感しました。


大石監督からのアドバイスは「身体を太くし持久力向上⤴︎」でした。
確かに持久力が無いため、登りでパワーが長続きしません。


すぐに身体を太くし持久力をつける事は難しいとは思いますが、いつか(近いうちに⁉︎)、監督をちぎれる様、頑張りたいと思います。サントレメンバーの皆様、次回も宜しくお願い致します。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

参加者 大石さん 中西

天気 快晴

 

コース:ラヴニール出発〜山麓線〜アルプス公園〜扇沢〜木崎湖のファミマで休憩〜美麻〜堤防道路〜ラヴニール到着
距離:118.2キロ

 

大会と部活があり、かなり久しぶり2回目の参加です。今回は参加者が2人でかなりきつい練習になるなと思いましたが、暑さと湿気が凄まじく予想以上にきつい練習になりました。

 


途中で大石さんからもっと声出しをするようにとご指導いただきました。自分のことだけではなく、一緒に走る人のことを考えてこれからはわかりやすく、かつ的確に声出しをしたいと思いました。

 

登りでは全くついて行くことができず・・・。日ごろから登りの時のペダリングなどを意識して走らなければならないな痛感しました。

 

今回のサントレでも前回も同じように多くのことを学ぶことができました。それを多く吸収してさらに速くなれるように頑張っていきたいと思います!ありがとうございました。

 

記:中西竜歩

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

あづみのCUPin乗鞍

 

平成29年7月30日(日)天気 曇り

 

出走メンバー 大石代表 川畑 細木 奥村 伊藤

計測スタッフ 津久井(班長) 津久井() 山本 甕(もたい) 関家

 

 

 

 当日、朝3時30分に起床、車に自転車と荷物を積みコンビニでおにぎり5個とパンを買い、4時過ぎに一人湯河原を出発。

乗鞍観光センターには8時少し前に到着、2014年以来の参加のため集合場所が奥の駐車場になっている事も知りませんでした。

 

 そしてミーティング、競技ルールの説明

今回は参加選手が少ないため、それぞれ前回の完走タイムと比べ、タイムをより多く縮めた人が勝ち!の特別ルール採用。

 私の出走順は前から4番目で9時10分スタート

 

 

前半の平坦区間は脚も回りなかなか好調、しかし駐車場の有るゲート付近で既に脚が売り切れ、5分後にスタートする大石代表にいつ交わされるか気になり始める。

 

 脚は回復することなく今度は頭が痛くなり始め、汗をかいているのに身体が冷えてくる、ウェアに触ると全身が汗で濡れて冷たくなっているので、背中のポケットに入れていたウィンドブレーカーを腹の前に入れて対応

 

 

 パワージェルで補給もした、パワージェルってこんなに塩味きつかったっけ?もっとベタベタに甘くて食べたら直ぐに身体に効く感じじゃなかったっけ?身体が変わったのか商品の成分が変わったのか・・

 

 冷えは徐々に収まって来たものの、脚力は戻らないし頭痛もひどくなる。←これって高山病?どうしようもなく足をついて休みたくなる。こんな時、頭が色々考え始める

 

優勝の細木選手

 

休んでる最中に大石代表にパスされるのは絶対ダメだよな~休むならパスされてからだな、早く抜き去って欲しい、もう30分も走ったのに大石さんはまだ来ないのか?そして念願の大石代表に激励を受けつつ交わされ、しばらく走って限界!

 

左足を地面につき、ハンドルに覆い被さり目を閉じて回復を待つ、後1分休もう。塩分の多いパワージェルとメダリストのクエン酸アミノで補給をしてヨロヨロとスタート、走り出したものの頭痛は治まらず、脚は更に非力になっていく、もう登るの無理!班長に連絡して下山しよう!

 

 

ゴール直前の奥村選手

 

こんな時、頭が色々考え始める

仮に電話しても計測班の班長はまだ頂上に向かうバスの中かも、それより携帯の電波届くのか?集合場所で待機している甕さんに電話してみようか?ダメだ番号知らない。直接下山すれば良いか?車の鍵を預けてる甕さんは温泉に行くって言ってたから、今下っても着替えも出来ないな~

 

 あれこれ考え、ガーミンの距離表示を見ながら100メートル獲得する遅さに絶望を感じながら何とか13㎞まで歩みを進め2度目の休憩。ここで今まで現状から逃げる事にフル回転だった脳が少し前向きに

 

 出走してから1時間、まだ全員コース上で苦しんでる最中じゃないの?もちろん代表もみんな走ってるから自分も走ろう、自分も位ヶ原山荘まで我慢してみよう!

 

その細いモチベーションで何とか前に進んでいると、視界が開け雪渓も見え始める、薄い日差しのせいか気温も上がった感じがした。身体が少しずつ回復して頭痛も気にならなくなって来た。

 

そして、位ヶ原山荘

そこで5分前にスタートした川畑さんを発見

彼も調子が悪いようで、気持ち悪く吐きそうだ!との事。

補給を持ってないというので、不味いパワージェルをお裾分け

自分より弱っている川畑さんを見て、何かのスイッチが入り再スタート。

 

 

途中、雷鳥が道端を歩いているのを見かけ、動画撮影したい気持ちが頭をよぎったが、雷鳥のハスキーな鳴き声に元気をもらいそのままゴールを目指す。

 

雪渓スキーヤーを横目に遠くに頂上が見える頃には、ふくらはぎが攣り初めても気分は良くそのままペダリング、山頂の50メートル手前で計測スタッフ監督?の関家さんの声援をうけ、少しペースを上げてゴール!!

 

 

川畑さんもしばらくして無事にゴール!参加者5人全員完走しました。私のタイムは1時間42分、自己最遅記録更新

 

 

 

計測スタッフの皆様、参加選手の皆さん

苦しく楽しい時間を過ごせました、有り難うございました。

 

レポート担当 伊藤哲夫

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

レースレポートです。よろしければご一読ください。

レポート:清水朋美

 

 

【1stステージ】

TT 8㎞ 高低差60m 女子A13:38:93 4位/22人

 

 

雅子先生よりDHバーをいただき、パワーアップして臨み、タイムは去年より40秒弱短縮できました。DHバーのおかげです(o^^o)。13〜4分我慢すれば終わると自分に言い聞かせていましたが、折り返し後タレて、1度抜かした方に抜き返された上に少し離されてゴールとなりました。どうしてついていけなかったのか。諦めたのか?私。来年は前半は抑えて後半に脚を残す事。

 

 

【2ndステージ】
ヒルクライム 27㎞ 標高差1100m 女子A 1:19:37 1位/22人
【クイーンカップ 】1st2nd合計タイム:1位/22人

 

 

スタートはチャンピオンクラスと同時。クリートキャッチに失敗し、少し焦ったが落ち着いて、チャンピオンクラスの後方、女子の先頭の方で進む。

 

追い越し禁止区間後の登りでチャンピオン集団から少し千切れそうだったが持ち直し、集団の後方で進むことが出来た。しかし、私でも余裕がある位のペースで進んでいる。先導車がいるのかな?まだリアルスタートではないの?

 

追い越し禁止区間はスタートから400mではなく、4㎞だった⁉︎等々考えるが、よく分からない。そしてこの集団におそらく最低女子3人はいるはず。ようやく4㎞?位で、アタックがかかったのか、私は千切れた。前方には女子1人確認できた。その方に追い付き、なんとか離されないように集中して走る。

 

途中先頭交代できるかな?と思い試みるが、私はついて行くだけで精一杯だったので、かえって邪魔をしてしまった。ごめんなさい。その後、離れてはいけないと言い聞かせ、我慢。最初の大きな下りからの登りで追い越すことが出来た。先頭に出たからには絶対に抜かされてはいけないと、改めて心に決めた。

 

途中藤田さんから応援もいただき、まだ15㎞位あるし、もしかしたらクイーンカップも獲れるかもしれない。と思い始めた。

 

そこから、私の頭の中は関家さんの顔と約束している「最後まで諦めない」で埋め尽くされていた。怖くて後ろは振り返れないし、前見て進む。ラスト3㎞からの登りで年代別1位のsさんに声をかえていただく。うれしい😊

 

ラスト1㎞は下りからの本当に最後のきつ〜い登り。クイーンカップを獲るには1秒でも差をつけてゴールする必要があったため、最後のひと踏ん張りをしてゴール🍉🍉

 

2ndステージは優勝できた(^-^)vクイーンカップは??おもてなしのスイカ🍉🍉や麦茶をタップリいただいて、いろんな方とお話ししてゴール後のまったりした時間を楽しみました♡お付き合いいただいた方々ありがとうございました

 

その後、クイーンカップも獲れたコトが分かりとてもビックリしました。優勝カップは重かったです🏆歴代優勝者リストに関家さんと一緒に名前を残せた事がなによりうれしいです☺️それと、今年の目標の1つ「牛肉を獲る」も達成できました🐮ごちそうさまでした🍽

 

 

後半の目標「輪島ロードレース」に向けて、また練習して行きたいと思います٩( ᐛ )و最後になりましたが、大石監督はじめ一緒に練習してくださる方々に感謝いたします😊これからもよろしくお願い致します。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

平成27年7月23日日曜日
E2 2組目 8:05スタート 天候:曇り

出走:大島理彦 結果:7位

 

目覚ましが鳴って、そうだレースだったと思い出してゴソゴソ、積載が準備体操になる。会場には6時半着。準備して7時からアップ。
6周回のうち2.4周目の地元賞も狙いつつゴールも決める予定で出走.。

 

最初のポイントは手堅くゲット。次は元練習仲間のキナン近藤君と2人で抜け出したので譲って2着。これで地元賞1位決定&近藤君にもおすそ分け♡


5周回目は少し休んで、とはいえ前の方で最終回のペースアップに備える。ここまで心拍は160台で安定。苦しい局面には達しない。平坦なコースの中で唯一の丘を2人目で超えたところで牽制が入る。

 

B-SOUL丸山選手がもう1人と飛び出して行ったが早過ぎると思い待機。最終コーナー手前の直線で全開に。丸山選手は吸収したがもう1人は逃げ切ったか?

 

僕は棒状切れ切れになった中で7位と凡退。もうひともがきできる体を作る旅が始まりました。そして愛機の695は長年の疲労によりエンド付近の破壊が進み生まれ変わる事となりました。大石さんよろしくお願いします!

 


前日の監督会議には茂木さんにご足労を頂きました。 車中での楽しいひとときもありがとうございました。

 

記:大島理彦

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。