”メモの魔力”

テーマ:

リブログさせていただきました。記事アップありがとうございました。

すごく流行っている本だということです。アウトプットを、アナログで、メモやペンで行うというのはほんとうにすっきりするし、クリアになるな、とわたしもつねづね思っていましたが、ここまで理論的に説明し、使いこなしているのはほんとうにすごいなと思います。

 ビジネスをするようになって、かかわりたい相手というのがわたしもはっきりしてきたのですが、それは相手が明確なビジョンを持っているか、それをことばで説明できるか、ということです。それが明確でない相手とは、かかわれないし、場合によってはめんどうなことになります。

こうしたい、こういうふうにしたい、とはっきり言えるには、自分の中で明確なビジョンがあるかどうかで、それを説明しなければならないんですよね。そういうときに、普段からことばを洗練させておく、というのが大切になってくると思います。で、はっきりと書くけれども、それを理解できない人とは距離をおいたほうがいいでしょう。理解できる人と確実につながることに集中するべきなのです。

 

 

リブログさせていただきました。記事アップありがとうございました。

「自愛」ということは、ほんとうに大切、というか基本なのだな、と最近思うようになりました。

「愛」と書くと、なんだか特殊な、ちょっと重い感じもしてしまい、わたしはあまり使わないのですが、自愛というものを、「自分の好きなことを丁寧にする」とか、「生活を楽しむ」とか、「自分の存在を尊重する」とかに言い換えると、わかりやすいのかな、とも思ったりしています。そういうふうに自分に接していると、周りの人もそのように接してくれるようになります。

 たとえば、自分が気に入っている服をバランスよく着ることや、髪を結って、髪飾りをつけること。そういう外見的なことはもちろん、自分にとって必要な知識を取り入れて「身に着ける」こと。そういう、「今」の自分にはなにがベストなのかをひとつひとつ考えていくことも自愛だと思います。だからそうでないものは、手放していくことも自愛になります。

 人間関係もそうですよね。今の自分にとって必要な相手は誰なのか。それは自分を愛することで答えがでるように思います。知恵蔵

 

休みの日は、ほんとうに休みます。そりゃあ必要最低限の家事とか、食事の用意とかお風呂とか、そういうのはするけど、極力午前中に済ませて、あとはただ、飲んだり食べたり、昼寝したり… 昼にワイン飲むからくーっと昼寝に入れて、ああ、わたし疲れてたんだな…とうとうとしながら幸せな午後を過ごします。出かけないからお金も使わず、ストレスもない。これを「休日」というのだな、としみじみ思います。

 むかしはそうじゃなかったですよ。「休み」なんだからなにかしなければならない、と強迫観念を持っていた。いつもよりさらに人間関係に疲れてしまっていた。そんなのはおかしい。「休み」なんだから、ちゃんと休む。自分内バッテリーをフルにする。SNSはしないほうがいい。

 たとえば英語でヴァケーションとかヴァカンスというのは「空白」とか「なにもない」とかそういう意味ですよね。本来のヴァカンスを我らに。

 


リブログさせていただきました。記事アップありがとうございました。

よほどの特権階級でないかぎり、働かなくてはならないのであれば、その働き方、仕事の質、がものすごく大切だとわたしも思います。

だからできるならば能動的であること、自分でやりたいこと、楽しめることを仕事にし、決定権を持つこと、などがポイントだと思うんですよね。

 

わたしはいま、カフェで働いてるのですが、開店、閉店のタイミングや自分の労働時間を、季節や天気、天候、曜日などその日の様々な状況から総合的に判断し、「もうちょっと開けていようかな」とか「今日はもう閉めるか」など決めることができます。これはものすごく素晴らしいことです。こういうのが全部決められていて、どんな日も必ず、何があってもこの時刻に開けて、閉める、など決められていたら…それだけでやる気をなくしてしまいそうです。あとは服装や髪型、接客の仕方など、自分がお客さんに合わせて、こういうかんじがいい、とその都度判断できるのも素晴らしいです。そういうのが全部決められていたら…、というかチェーン店はそうですよね。

 労働がなくならないのであれば、せめてその時間や自由決定権、楽しみなどが増えれば、様々な疾病、事故や自殺などもかなり防げるのではないでしょうか。

 

 というわけで、わたしはいま、仕事が楽しいです。ほかのことがしたくないわけじゃなくて、仕事が楽しいです。集中したいし、もっとお店をよくしたい、そのために自分をよくしたい、と素直に思えるわけです。そういう仕事に巡り合えただけでも、わたしの人生はかなり上出来ではないでしょうか。知恵蔵

 

 

撮影:知恵蔵

 

リブログさせていただきました。記事アップありがとうございました。

人生100年時代になって、便利になって、基本的にはいいことですが、たいへんな時代になってきたなと思います。

生きていく限り、アップデートを続けていくしかないのだと思います。

 

「学校の勉強は役に立たない」と言う人もけっこういますが、そんなことはないと思います。基本的な読み書きや計算はできないとやはりまずいですね。あと、人に「教える」技術も大切だと思います。わたしは接客業ですが、お客さんにけっこう教えます。ネットでどう検索すればいいか、どのサイトを読めばいいか、どこで買い物すればよくて、どう頼めばいいかなど、ばんばん教えます。あと、お客さん同士の会話など聞いていて、教えるのがうまい人にはサービスします。そういう方はありがたい方なのです。

 昨日は香港からの方に広東語をすこし習いました。復習がてら、漢字で書いたりしていたら、「わーぼくらより漢字うまいね!」と褒められました。ああ、そうかわたしは漢字がうまいんだ、と言われて気付きました。そうなんです。日本語は漢字圏なので、漢字を使った言語に対してはものすごく有利なのです。発音はむずかしくても、漢字さえ読めば意味が分かるのですから。これは学校での漢字の読み書きスキルがダイレクトに活かされる場面です。英語や数学だけでなく、漢字って地味だけど、ものすごい基礎学力なんだな、とつくづく思いました。

 あとは会話力というか対話力で、相手がどんな人か少し話して探っていくという力は絶対必要だと思います。これはさすがにAIには無理ですよね。接客業は残る、とわたしは信じています。知恵蔵

 

リブログさせていただきました。記事アップありがとうございました。

 

 最近、ちょっと外に向かいすぎているかんじで、ちょっとあることがあって、「あ、自分に戻ろう」と意識的に生活してみたら、すごくいいかんじで過ごせました。仕事も、同じように淡々とやっているのに、自分のペースをつよく意識してやってみたら、すごくいい流れが創れました。

 猫たちは、わたしに合わせたり、ほかの猫に合わせたりすることもなく、それぞれ自分のペースで生きていて、彼ら彼女らを見るととてもはっとします。ああ、そうだこんな風に生きればいいんだよ、と思い出すというかね。

 ちいさいことをひとつひとつ積み上げる生き方や、仕事の仕方を理解できない人は多いし、そういう人と仕事でかかわっても、いまいちなんだけど、同じ感性を持つ人と出会えると、ほんとうにうれしい。なにも言わなくても、言いたいことが分かっているというかね。

 

 新緑の季節は、ざわざわするけど、とても好き。ひとりでいることの良さは、どんな季節の中にも、自分らしく存在できること。知恵蔵

 

リブログさせていただきました。記事アップありがとうございました。
 

 

 

リサイクルはもっと一般化していいし、売買もさらに洗練されていくと思います。わたしもリサイクルショップは路面店でもオンラインでも楽しく利用しています。ファッションを楽しむ、とか節約するとかもだけど、やはりエコで地球環境を守るためには、これ以上の新品の売買は避けたいというのがわたしの狙いであり、願いです。

 

いなかぐらしをするようになって、「実用的」であることがわたしのなかで第一になってきてはいるんだけど、いちおうカフェで接客もできるくらいのおしゃれさ、プラス毎日ばんばん選択してヘビロテで着れる…というのがわたしの服選びです。チュニックが好きで、年中着れるし、ねこが服の中に入ってきて、超かわいい。

 今着てるチェックのチュニックはリサイクルショップで買って、激しく当たったアイテムの一つです。かなり元を取りました。Lサイズでよかった。わたしは細いですが、なぜかLがよく合います。新品では買わないであろうものと巡り会って、大当たりする、というのもリサイクルショップならではの楽しみ方です。

 

 

 

※リサイクルであっても、残酷な動物性素材は避け、アニマルフリーファッションを('ω')ノ

リブログさせていただきました。きじあっぷありがとうございました。

 

わたしたちの世代はたしかに、悲惨な世代でした。でも、今は、上を見ても下を見ても、どちらも悲惨なかんじになってきたな、というのがわたしの実感です。いなかに住んで、たしかにわたしは楽しんではいますが、しかし労働者階級であることに変わりはなく、したがってわたしの周りにいる人たちもみなそうで、70歳くらいでも、みんなものすごく働いています。年金だけじゃ全然足りない、とみなさん口をそろえて言ってます。

 「悠々自適でスローライフ」な方も、どこかにはいるんだろうと思うけど、わたしはまだ会ったことがありません。自分が労働者だから当然周りも労働者なわけで。そういうお金持ちなコミュニティがあるんだろうけど、ほとんどの人はそういう世界とは関係なく生きているように思います。

 だから夢見て暮らすんじゃなくて、現実的にできる手を一つでも具体的に打っていく、というのが大切だろうと思います。

リブログさせていただきました。記事アップありがとうございました。
 

「今を生きる」ということに集中するようになって、日々心地よい疲れがあります。ちゃんとエネルギーを出し切って一日を終える、というかんじです。自分の精神的な面がまず育ち、それに肉体がついていこうとしているために、とくに運動しているわけではないのに、体が疲れ、ぐっすり眠れます。