東京2020パラリンピック閉幕!! | 姿勢改善ピラティストレーニング ピラコア

姿勢改善ピラティストレーニング ピラコア

ピラティスをベースとした姿勢改善パーソナルトレーニングスタジオ、ピラトレです。間違った身体の使い方、動作を改善し、正しい身体の使い方を習慣化するためのトレーニングスタジオです。運動嫌いな人苦手な人こそ、大歓迎です(^-^)身体はもっと楽に動かせますよ

9月最初のブログですイチョウ

昨日、パラリンピックが閉幕しました笑い泣きクラッカー

バスケットの決勝戦は、惜しかった~閉会式も素晴らしかった!

 

目が見えない、腕がない、足がない、起き上がれない・・・様々なできないことを抱えた人たちが、

「どうやったら平等に戦えるか?」と考え、決められたであろうルールや

障害のランクによって細かくクラス分けしてあることも関心しました。

パラリンピック バドミントンルール

だからこそ、真剣勝負できる!そして、勝っても負けても称え合えるんですね。

 

バスケット、陸上、ポッチャ、ラグビー、バトミントン、ゴーンゴール、サッカー、シッティングバレー、アーチェリーなどなど、どの競技も楽しませていただきましたよ!特にバスケの鳥海選手のプレーには興奮しました!

 

「失ったものを数えるな。残されたものを最大限に生かせ。」(by パラリンピック創設者グッドマン博士)


「限界を超えるんじゃなく、限界を伸ばす!」

コーチ、伴走者、技術者、ボランティア、様々なサポートをする人たちの力の集結。

 

パラリンピックをみていると、24時間テレビのような「障害をもっていても一生懸命頑張っている」的な見方はなくなります。(実際、フリースローを決められない選手に、思わず「なにやっとんやームキー!」と声を上げながら応援していましたww)

 

彼らは本当にその競技を楽しんでいる!

真剣に楽しんでいるからこそ、ベストな対戦ができるよう食べたいものを我慢して身体つくりするし、血のにじむようなトレーニングを続けているんです。あの、車椅子選手の上半身の筋肉と、身のこなしををみてみて!

真剣勝負の戦いだから、こちらも手に汗にぎって夢中で観戦できるし、そんな選手たちにリスペクトの感情がわくのです。

 

多様性を認めあって、尊厳をもって、共に生きられる社会・・・言葉だけじゃなく、身をもって感じられたパラリンピックでした星誰もが生き甲斐をもって、それを互いに尊重していけたら、みんなが生きやすい世の中になるだろう

 

ハンディを持った方には「何ができないの?何を手伝ってほしい?」と聞く。辛そうな人や、困っている人には「どうしたの?」と聞く。見て見ぬ振りじゃなくて、見るところからはじめよう。そして、それができたら、話しかけてみよう。

 

パラリンピック中は、Instagramストーリーはほぼ、パラリンピック情報のみ笑 

というわけで、
パラリンピック 大和ダイジェスト!
 

image
image

image
image
image
NHKあさいちの推しプレ!コーナーが、競技観戦をより楽しくしてくれました!ストーリーに載せたもの、Instagramの投稿欄に残そうと思います。
3年後のパリパラリンピックを楽しみにしています。全てのパラリンピックに携わったみなさまありがとうございました。
 
公式LINEアカウントの友達申請はこちら 友だち追加 
予約、 空き状況確認、当日予約、最新情報などご案内しています。 LINE ID:@367qctxs
月3回更新!健康美をつくるための応援メルマガ公式メルマガの購読申し込みはこちら
クローバーご予約、お問合せはホームページからどうぞクローバー
姿勢改善ピラティストレーニング ピラコア
香川県高松市花ノ宮町3丁目2-2山田ビル2階東

空き状況はHP予約フォームカレンダーにてご確認ください