Latin Beauty ® -ラテンビューティーMOMOKOのBLOG-

Latin Beauty ® -ラテンビューティーMOMOKOのBLOG-

MojoStudio代表/Latin Beauty主催:ダンサーMOMOKOのBLOG
全ての人にアーティスティックな時間を
MojoStudio(世田谷区上野毛駅より徒歩30秒)
web mojostudiotokyo.com

2017年1月中旬 MOMOKO主宰のスタジオ・アーティストスペース
Mojo Studio(モジョスタジオ)が 東京・上野毛にOPEN!



WEB  Mojo Studio オフィシャルサイト
FACEBOOK  Mojo Studio フェイスブック
場所  〒158-0093 東京都世田谷区上野毛1-27-5 清水ビルB1F
[東急池上線・上野毛駅から徒歩30秒]


女性のためのソロで踊るラテンダンスLatin Beauty® (ラテンビューティー)
▶︎MOMOKO LESSON お申し込みはこちら!ご予約フォーム◀︎

▶︎MOMOKO主宰 ラテンダンスパフォーマンスチーム
Latin Beauty (ラテンビューティー)… Latin Beauty Facebook
ただ今🇨🇺キューバはHavanaにおります。




この旅は、

観光客の旅ではなく旦那の家族と共に過ごす現地人の旅なので、周りから聞いていた"キューバ最高!"という意味が6日目になってもまだ全く意味がわからず。



今、キューバは大変革の時と言われていて

観光客ビジネスが発展して

社会主義に資本主義の色が入って

物価もめちゃくちゃ(安い物と高い物の差が狂ってる)で不思議な共存をしています。



観光客目線のキューバと、

実際の現地の人の生活はかなりの違いがあるようです。



Wifiが繋がらないどころか、

水が出ない、お湯が出ない、汚い、臭い、物資が足りない、不便。

東京ではありえない当たり前の生活ベースが満たされていないのです。

生後二ヶ月半の乳飲み子もいるし、衛生面共に心配になりました。

(これからキューバに行く人、心配しないで。ホテルや観光客向けのものは大丈夫なはず。私が滞在してる旦那の実家は普段誰も住んでいないバケーションの時だけ家族が使用する持ち家の団地です。)



水は夜1時以降は止められるし、

シャワーのお湯は出ないし、水量は細い1本でしのぐ。

慣れない生活環境の悪さと時差ボケの眠気で、

あぁ人間は【快適に生活する】という根源的な欲求が満たされないとそれ以外の夢希望が湧いてこないもんなんだなぁと心が荒んでいきました。




物資難で、スーパーで食べものを買い込むことが出来ず、外食が出来ない夜中や朝方にひもじい思いもしました。


これ、スーパー。

あっという間に売り切れるそうです。





旦那が子どもの頃に育ったゲトー地域に連れて行かれた時は、もう絶句。



私のような都会の快適に満たされて何不自由なく生きてる人間がその地にいることは、

その人達にとって知らなくてもいい世界の存在として彼らの目障りになるのではないかといたたまれなく思ったほどです。


幸せは測れないけど、快適は測れる。

目に見えてこれは快適な暮らしとは言えないだろう。





観光客は1人も歩いていない地域でのカルチャーショックは、

みんなの言う

キューバ最高!!

と、全く結びつかなくて、




3週間も生きていけるのだろうか

心身共に狂わないか

と、かーなーりー心配になりました。




旦那からは、

最初から現実を見せたよ。

最低ランクからちょっとづつ上がっていけば全てがよく見えるから。

最初から最高だと、辛過ぎるから。


と。



旦那も旦那のお母さんも海外住まいで仕事があるので、キューバで仕事している人とは比べものにならないくらいお金ある方の部類。

この生活で、中の上みたいです。




ある日の、お風呂。

(熱湯にお湯でタオルシャワー。バスタブが恋しい。泣)





エレベーターのボタンがおかしい。



え!ボタンがなぜ一個飛ばしなの!?


「二階の人は階段で行け

三階の人は4階から階段で降りろ

だよ。」


エコか。






昨夜は、観光客が来るエリアで夕飯食事をして、目の前の観光客の白人さん達がモヒート飲みながら飲めや歌えやでとっても楽しそうにキューバを満喫して弾けている姿を見て、

羨ましく見てしまいました。

いいなぁ。たのしそう。





バケーションに来て、こんな想いをするとは。苦笑


現地人妻、キツ。


あーーー高級ホテル泊まりたい😭😭😭






日本で快適な暮らし、仕事、環境に何一つ文句がないのと、ベイビーが小さいのでわざわざ外に出ていくことに意欲があまりなかった産後。



そんなドン底味わうためにキューバに来たのか?


私はここから何を得られるのだろうか?


ピンチをチャンスにするには何をマインドセットするべきか?


紙に書いて向き合う。


ノートに書き殴っていたら


出てきた旅プランがこれ。




Latin Beauty®︎代表として学ぶキューバ



第一章

国を知る。

現実と現状を把握する。

歴史を知る。




第二章

音楽とダンスを知る。

ラテンダンス発祥の地、音楽とダンスの大国キューバはどのようにして生まれたか?



第三章

アカデミックでサイキックな魅力。

プリミティブなルーツを持ちながらも世界水準の技術が定評なキューバの芸術の高さ。

この謎を知りたい。知りた過ぎる。





というわけで、三章を理解するには、

第一章の現状を知るは、切り離せない。



決めた。



ここで終わらせるわけにはいかない。



いかんいかん。


東京のお嬢は、


ひもじさに負けて目的を失うところだった。






旦那の芸大の同級生のプロダンサーにばったり遭遇。すぐさま連絡先をもらってプライベートレッスンを受けることに。




明日から第二章スタート!!!




音楽とダンスの学びの旅にする!!!




現実は変えられる。

マインドセットでいかようにも結果を変えられる。

それがジャパニーズマインドだと思ってる。


私達は恵まれてる。


好きなことやるチャンスをもらえてる。


衣食住のその先を生きれる。


その有り難みに気付いて生きる人生でありたい。





感性を磨き感度を上げる美感覚統合

Beauty Sense Integrate

Line@登録はコチラ
友だち追加