2/6のシラメのストマック、これはいったい? | LASTHOPEへようこそ

LASTHOPEへようこそ

LASTHOPEのブログへようこそ。


テーマ:

これは2/06に釣行した時の、シラメのストマック。


LASTHOPEへようこそ

黒い砂粒のようなものがびっしりと入っておりましたので、

雨の一日でしたから、砂でも飲んだのかなと思っていたのですが、

よくみると虫の体の一部です。


いったいこれはなんやろ?


ちなみに状況としては、

雨でミッジもクロカワゲラもハッチが少なく、

殆ど捕食できていなかった。


ということは、これはその前日に食べたものの中で、

まだ消化されていない残り物なのかな?


ということは、ミッジのピューパの頭の部分か、

あるいはちょっとずんぐりとしておりますので、

ブユのラーバの一部かも?


ちなみに刈田さんの水棲昆虫ファイルⅢによりますと、

アシマダラブユは年中出ていますので、長良川でも充分にありえます。


ただ、ブユがすでに出ているとなると、

ゲームがとたんに難しくなり、

ミッジの各種類をステージに分けて用意して、

それからミジカオクロカワゲラのニンフ、アダルトと、

さらにブユのラーバとアダルト、スペントを用意しなければなりませんので、

準備が大変、ベストが重くなってしまいますね。

でもそれも楽しい作業ですが...。


なお、このストマックの持ち主は、

#18秘密のニンフの改良タイプで釣ったものですが、

それは、ストマックの中に他のストーンフライが入っておりますので、

それへの連想で食ってきたのでしょう。


ストマックの中身と、ヒットフライの現物が異なるのも、

自然相手のフライフィッシングの面白いところですね。



lasthopeさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス