トラウトハンターのリーダーとティペットをテスト。 | LASTHOPEへようこそ

LASTHOPEへようこそ

LASTHOPEのブログへようこそ。


テーマ:

2/6の釣行時に

つい最近になって入荷したばかりの、

トラウトハンターのリーダーとティペットを試してみました。


LASTHOPEへようこそ


システムは、12ft7Xのフィネスのリーダーに、

フロロの8Xを60cm、さらにフロロの10Xを90cmプラスして、

全長が17ftぐらいになっております。


まずフィネスのリーダーにつきましては、

早朝の寒い時間帯の中でも素直にクセが取れましたので、

使いやすさとしては、マキシマのリーダーに匹敵します。

マキシマのリーダーが入手できない時には、

このフィネスをお試しくださるとよろしいでしょう。


フロロのティペットにつきましては、

特に10Xのような細いティペットですと、

結ぶ時にチリチリになりやすいのですが、

ツバで濡らしながらジワッと締めていくと、

素直に真っ直ぐに締めることができました。

他のブランドの同サイズのフロロティペットよりも、

カールしにくいと思います。


また驚くべきことに、

今回の釣行では、

20~25yds前後の距離でシラメを10匹ヒットさせたのですが、

そのうちのただの1度も合わせ切れや、寄せる途中でのブレイクがなかったので、

本当に強い糸だと思います。

原糸は日本製ですが、さすがと思わせるものがございます。


10匹ヒットで3匹バラシてしまいましたが、

残念ながらシラメはバラシやすい魚ですので、これはしょうがない。

3匹のバラシはすべて20ydsより手前の距離で掛けたもので、

近いポイントの魚は誰もが届きますので、スレております。

フライを疑いつつ、おっかなびっくりで食ってきますので、

どうしてもフックが外れやくなります。

この場合のバラシは、必要経費みたいなものとお考え下さい。


それよりも、

とても遠い距離で掛けたシラメを7匹もキャッチできたのは、

リーダーのクセのなさと、フロロティペットの強度のおかげでしょう。


今後はさらに他のタイプの在庫をふやしていくつもりです。

lasthopeさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス