名古屋港のシーバス、塾長殿も爆釣! | LASTHOPEへようこそ

LASTHOPEへようこそ

LASTHOPEのブログへようこそ。


テーマ:

好調な名古屋港のシーバス、

今夜(7/04)は塾長殿と一緒に

明康丸 の小川キャプテンにお世話になりました。


風が強かったため、

ちょっと収まるのを待って22:00出船。

潮は23:38が満潮ですので、満潮の前後2時間を狙う作戦です。


塾長殿は渓流は大ベテランですが、

シーバス船に乗るのも、8番ロッドを振るのも始めてのご経験。


けれどもさすがに練達の士、

揺れる船の上での波のリズムをすぐに掴まれて、

キャスティングも全然問題なし。


これなら、後はボイルが出れば釣れますので、

港内のポイントを順番に回っていきますと、

2番目のポイントで濃厚な魚の気配あり。


水潮の影響か、派手なボイルは出ないものの、

水面直下では盛んに捕食しているような感じで、


とりあえずフローティングラインに

いつもの#2イワシゾンカーのチャートリュースヘッド をセットして、

引っ張っていただきますと、


LASTHOPEへようこそ


まぁまぁのサイズのシーバスがヒット!

すぐに釣れてほっとしました。


その後は幾つかのポイントを試していきましたが、

梅雨の雨のせいなのか、派手なボイルの姿はなく、

今夜の魚はおとなしいようです。


それでも納竿までにずっとヒットが続き、

結局はこんなに釣れました。

良かったね。


LASTHOPEへようこそ


さて、初めてのシーバスチャレンジ、

面白かったかどうか心配でしたが、

塾長殿よりメールを頂戴しましたので、

それをご紹介申し上げましょう。


  今年は長良川では戻りシラメも釣れないし、ましてやサツキマスも

  あたることなくもう7月。
  何か刺激が欲しいと伊藤さんと話をしていると、お誘いがありました。
  「シーバス船にチャレンジしてみない?ご一緒させていただきますよ。」
  海でフライ。かつ、ボートでのキャスティングも初めてです。

  2,3日前から小学生の 遠足前状態です。


  当日まで天気が心配でしたが、風や潮を考えて、22時からのスタート。
  キャプテン、伊藤さんのサポートで、♯8ロッドを振りました。
  投げてリトリーブ、盛り上がる水面。これが、ボイルってやつか?
  途切れないリトリーブ、、、今度はしっかり針掛かり。
  釣れると針まで外していただき、海外の釣りのようです。
  4時間ばかり様々なポイントでシーバスを釣らせていただきました。
  こんなに数が釣れるとは思っていませんでした。
  これも、ポイント+フライ+システムを日々研究しているキャプテン、

  伊藤さんのお陰でですね。


  長良川の近くに住んでる私としては、とても敷居が高いシーバスでしたが、

  1回のチャレンジで敷居が下がったような1日でした。5匹シメてもらい、

  自宅で塩焼き、刺身で頂きました。臭みもなくかみさんにも好評でした。
  費用ですか?若かりし頃の飲み代より安いですよ。


というわけで、お気に召したご様子、

また行きましょうね。


 

lasthopeさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス