フライキャスティングレッスン、スギ様の場合。 | LASTHOPEへようこそ

LASTHOPEへようこそ

LASTHOPEのブログへようこそ。


テーマ:

当方はマンツーマンでのキャスティングレッスンを承っております。


今日のレッスンはスギ様、

とりあえず管理釣り場に行ってみたものの、

なかなか投げれなくて前に飛ばないとのことですので、

まずはフライキャスティングの物理的なシステムを簡単にご説明します。


皆様もご存知のように、フライラインはロッドの反発力を利用して飛ばしますが、

その場合、動いているロッドを止めた時に反発力が発生します。

フライキャスティングは、キャスティングと名前がついておりますので、

ついつい投げることに力点がおかれますけれども、

実際はロッドを止めることによって投げることができます。


投げるのだけれども止める、

この矛盾点を理解できれば、もうお出来になったも同然です。


急ブレーキをかけて、慣性の法則を利用しますので、

投げるというよりは、前後できっちりとお止め下さい、

そんな説明をさせていただいてから、

さぁ、レッスン開始。


いつものようにターゲットを決めて、


LASTHOPEへようこそ

練習される時は、かならず前方にターゲットを置かれるとよろしいでしょう。

進歩の具合がわかりますし、真っ直ぐに投げることができているかどうかは、

実は極めて重要な要素です。


この距離で10ydsぐらいでしょうか。


最初はなかなかうまく飛ばないものですが、

バックキャストとフォワードキャストでロッドを止めるときに、

反発力を利用するためにキッチリとお止め下さいと申し上げたことを、

体がだんだん反応するようになってきて、

やがてラインに力が乗るようになり、

見違えるようにラインスピードが上がりました。


これは、フォワードキャストで止めているところ、

これ以上は手が下がらないように、

頑張って止めていただいております。


LASTHOPEへようこそ


前はご自分の目で確認できますので、

殆どの方がすぐにお出来になりますが、

問題は後ろ、確認ができません。


幾つかあるキャスティングの解説書の中には、

首を回して後ろのラインの状態を確認しなさい、

などと書いてあるものも過去にはありましたが、

首を回すと体の芯がぶれますので、

ロッドの軌跡が弧を描きます。


そうするとどうなるかというと、

ちょうどボールを投げるような形に手が動きますので、

ロッドを持つ手が直線的には動かず、曲線的に動きます。


その結果、右利きの方は、ラインが前方に伸びるときに、

左にカーブを描きます。


ラインがカーブを描きますと、

 1-力が分散して飛距離が伸びない。

 2-ストレートラインが作れないので、フライを狙った所に落とせない。

 3-ラインのよれができてしまうので、すぐにラインが絡まってしまう。

などの問題が発生しやすくなりますので、

後ろのラインを自分の目で確認することはオススメできません。


ではうまくいっているかどうかはどのように確認するかといえば、

結果的に、前のラインがストレートに伸びていればOK、

後ろのラインを確認する必要はありません、

ということになります。


これは後ろで止めたところですが、



LASTHOPEへようこそ


きちんと止まっておりますので、

左手に持つラインとストリッピングガイドの間が弛んでおりません。

とうことは、結果的にラインがちゃんと伸びているということです。


ここで手が止まらずにリストが下に下がってしまいますと、

反発力が発生しませんのでラインは伸びないし、

ラインもリーダーも下に落ちて地面を釣ってしまいますので、

フライが幾つあっても足りない、

そんな状況に陥ってしまいます。


フライフィッシングをお始めになって、

一番の問題点がココ。

バックキャストで手がしっかりと止まって、

ロッドの反発力を発生させることができるかどうか、

ここが成功と失敗の分かれ道になりますので、

ぜひ皆様も、しっかりと後ろをお止め下さいね。


スギ様は、ひょっとしたら技術系の方かもしれませんが、

理系の方は理論ののみこみが早くて、

ご説明申し上げたことを頭で理解されると、すぐに出来るようになられます。


この日も、ターゲットにあたるようになりますと、

ちょっとづつ下がっていただいて、


ただいま3回下がって、4回目にチャレンジしていただいているところ、

4本のラインが引いてありますので、進歩の度合いが一目瞭然、

素晴らしい。


LASTHOPEへようこそ


ただ、少しばかり風がでてきましたので、

ウィンドブレーカーを羽織ってキャストを続けておられますが、

風があるとちょっと辛い。

そろそろホールなしのキャスティングの限界ですね。

1時間半ほど振りっぱなしで、ずいぶん頑張られました。


ちょっとお疲れになられたようですので、

最後にターゲットに当ったところでレッスン終了。


LASTHOPEへようこそ

真っ直ぐなラインができております、

お見事!


コレぐらいの距離でターゲットにストレートラインであたるようになりますと、

あとはダブルホールの練習に移行します。


次はダブルホールを身につけていただくのが、

練習の目標になります。


---


なお当方では、

こっそりとうまくなりたい方のために、

キャスティングレッスンを承っております。


マンツーマンですので、

友人にナイショで上達が可能、

前にうまく飛ばない、

あるいは、ちょっとは飛ぶようになったのだけど、

ダブルホールがなかなかうまくできないと悩んでおられる皆様、

ぜひ一度、

キャスティングレッスン をお試しになったらいかがでしょう。


お待ちしておりますよ。



lasthopeさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。