[News] 新しい時代、新しい競争、新しい革命 | Lasata Blog

Lasata Blog

♡Baby Club Lasata毎日の様子
♡イベント情報
♡子育て中のママに役立つニュースや情報

「子どもに良いことをしてあげたい」
「ママ大好き♡って言ってもらえるママであり続けたい」
ママの「はじめのいっぽ」のクオリティを高めるお手伝いをします。


テーマ:
数日前に出会ったこの記事。
震えます。
子どもにも聞かせたくて、音読&解説までしちゃいました(笑)


https://heisei.yahoo.co.jp/interview/4.html


'日本の主流のビジネスマンたちは、モノをつくってなんぼ、モノづくりにこそ魂があるみたいなね。結局、それが日本の決定的な遅れにつながったんですね。'
20代、コンサルタントとして関わっていた企業で「ハードからソフトへ」そこをどう転換させていくか、というようなことを議論していたことを思い出します。

当時から約15年。
時代は本当に変わりました。

AI(人工知能)の時代といわれる「令和」。
その分野を最先端でリードする孫さんのような人は、それをどう捉えているのか。
以下、チェックしたところを抜粋してご紹介します。

・どんな時代でも、常に人に生きがいはあるわけですよ。昔、機械がないときに人々は手で田植えをして、手で魚を釣って、手で土を運んでいたけれど、機械が登場しても職は奪われるどころか、むしろ新しい職が次々に生まれていった。同じように、AIがどんどん人間の仕事をこなすようになっても、AIを道具として使って、AIとともに提案をしていくコミュニケーションの仕事が次々と誕生するはずです。

・機械とAIができるような単純労働やルーティンワークは、そんなものをなんでわざわざ人間がするの?という時代が訪れる。人間はもっと人間らしく会話をしようよ、触れ合おうよと。人の温かみを感じるサービスや商品をリスペクトしようよと。そういうことによって生まれる、新しい価値や新しい仕事、これはもう山ほど生まれてくるはずです。

・新しい時代が来たというときに、振り切りすぎるぐらい振り切ってもなおかつ難しいわけですよ。なのに、中途半端な理解の学者も含めた“大人”たちが相も変わらず、「そっちに行ったら危ない」とか、「そっちに行くとこんな問題点がある」とか、言うわけです。これはもう百害あって一利なし。僕は日本にとって最大の害はそういう人たちだと思うんですよね。

・新しい文化というのは常にいかがわしいところから生まれる。ビートルズだって、当時、僕らが子どもだったころは、いかがわしいと。あんなのを聴いたら不良になると言われたわけですよ。でも今では音楽の教科書にも出てくるでしょう。

・なにか歌にもあるじゃない、「ニッポンの未来は♪」とかって。日本の未来を明るくするために、みんなでワーッといかがわしく語り合おうよと。ニタッと笑いながら、みんなでわいわいやってお祭り騒ぎをすると。だから、いかがわしさに喜びを(笑)



新しい文化が生まれていくこの時代に一人の'大人'として生きていることを楽しみ、その時代に大人へと成長していく子どもたちの育ちに少しでも良い影響を与えられる存在でありたいものです。


今日も最高の一日を♪


P.S.
最近のキッズガーデンで流行っている塗り絵。
台紙に貼って作品度が高まります♪



ラサタ
www.lasata.jp

Lasataさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ