[News] 親の役割 (2/3) | Lasata Blog

Lasata Blog

♡Baby Club Lasata毎日の様子
♡イベント情報
♡子育て中のママに役立つニュースや情報

「子どもに良いことをしてあげたい」
「ママ大好き♡って言ってもらえるママであり続けたい」
ママの「はじめのいっぽ」のクオリティを高めるお手伝いをします。


テーマ:
今日は久しぶりにしっかり雨が降りましたね。
次男は水曜日が午前保育なので、9時に送って11時30分にお迎えとなると、やはりバタバタです。

さて、日々の子育て。
声のかけ方が大事だなとしみじみ思います。
三人いれば三通り。


少し間があいてしまったのですが、「一流の育て方」著者ムーギー・キム氏のインタビュー記事で紹介されていた〈親の役割〉について。
(以下、Newspicks magazine未来の子育て、より抜粋)


二つ目は、子どもの視野と選択肢を広げていくときに、常に子どもに「何が好きか」を問いかけてあげることです。子どもが自分の好きなこと、没頭できることを自由に考え、決めることが大事ですが、任せきりにするのではなく、「どんなことが好き?」「何をやってみたい?」と親が問いかけていくことで、子どもは自分で考え、を選択する習慣がつきます。


自分で考えるって、考えられるっつ、本当に大事だと思います。
大人になると自分で判断しなければならないことが増えるわけですが、考える力・習慣がないと、この類いの能力は取って付けたようには身につかないものです。

だから、論理的思考やコミュニケーション能力を幼児期から育もうという流れがみられるようになっているんでしょうね。
そのためにも、まずは語彙力。
って、最近そのことばかり考えて、自分が幼児期の国語力について学べば学ぶほど、その価値を感じているので、ついそっちに話がいってしまいます(笑)

小学生の教材がまたとてもいいのです。


すべての学びに一貫性があり、反復学習を促してくれるのと、例文もとても有効。
先日、中学受験に向けた家庭学習について研究している方からお話を聞く機会があったのですが、結果的にその基礎づくりにも繋がるのではないかと思いました。


というわけで、春からの小学生てらこやは、こちらの教材を使用して、素読の時間も取り入れていきます。


あ、結局その話になりましたけど、親も子も、共に学ぶことを続ける、学び合う、そういう関係になれたらいいなと思います!


ラサタ
www.lasata.jp

Lasataさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス