[News] 幸せを下支えする困ったときに頼れる人の存在 | Lasata Blog

Lasata Blog

♡Baby Club Lasata毎日の様子
♡イベント情報
♡子育て中のママに役立つニュースや情報

「子どもに良いことをしてあげたい」
「ママ大好き♡って言ってもらえるママであり続けたい」
ママの「はじめのいっぽ」のクオリティを高めるお手伝いをします。


テーマ:
国連のWorld Happiness Reportという調査があって、157の国と地域で行われています。2016年では日本は53位だそうです。



この調査の幸福度の基準は、1番目は「一人当たりのGDP」で、つまり収入や年収があがるにつれて幸福度があがっていきます。1,000万が1億になると10倍ですね。こういったマクロ的にみたGDPという話と、2番目は「困ったときに頼れる人がいるか」、3番目は「平均寿命」、4番目は「自分の人生を自由に選べる感覚」と続いていきます。


これをみて「困ったときに頼れる人がいるか」という項目が挙がっていることがとても興味深いと思いました。
確かに、20代の仕事中心だった人生でも、30代の育児中心になった暮らしでも、いつだって心にhappinessとか、wellnessを感じるのは困ったことがないときよりも、困ったことを乗り越えたとき、或いは乗り越えられると感じられているときで、そこには必ず、自分以外の誰か、頼れる誰かの存在がありました。

いまだって割りと目まぐるしい日々の中にささやかな幸せを感じるのは、子どもを育てる、夫婦関係を育む、事業を展開するというチャレンジングなことに向き合っている、そこに、子どもたち、夫、周りの大切な人たち、ラサタの先生たちやスタッフの方々、たくさんの人の支えがあるからです。
一人だったら私の場合、フーテンの寅さんみたいな人生を歩んでいたに違いありません(笑)

新しい年になり仕事が始まって一週間が経とうとしています。
日々、感謝を忘れずに過ごしたいと思います。

ラサタ
www.lasata.jp

Lasataさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス