[News] 自分の思うことをするための情報の取り扱い方 | Lasata Blog

Lasata Blog

♡Baby Club Lasata毎日の様子
♡イベント情報
♡子育て中のママに役立つニュースや情報

「子どもに良いことをしてあげたい」
「ママ大好き♡って言ってもらえるママであり続けたい」
ママの「はじめのいっぽ」のクオリティを高めるお手伝いをします。


テーマ:
今日はほぼ日糸井さんの「今日のダーリン」から、私の中の情報過多について考えさせられた記事を引用します。

・なんか、いつごろからかのじぶんが、余計なことを知りすぎてるような気がしている。いろんな人が、どういうことをしているのか、どういうことを考えているのか、なにをおもしろがっているのか、どういう人たちとつながっているのか、ずいぶんたくさん知っていると思う。ほんとうのことなのかどうかは、たしかではない。だけど、見ず知らずの人のことも含めて、ずいぶんたくさんの人の「情報」を知っている。
・ツイッターのおかげで知り合った友人もいるし、助けられたことも、役に立ったかもしれないことも、いっぱいあるのは承知のうえで言ってるのだけれどね。そこで得られる基本の情報は、他人やじぶんが「いまどうしてる?」ということなのである。たくさんの人の、たくさんの「いまどうしてる」を知れば知るほど、考えや判断に余計な材料が増える。「他の人のことを気にしてないで、じぶんの思うことをちゃんとやりなさい」の正反対の日々にどっぷり浸かってしまうのではないか。



確かに。
誰かの「いまどうしてる」に心が振り回されている感、否めないなと思ったのです。
しかも、その人の「いまどうしてる」が私に全く関係も影響もないことの方が多いのに、「いいな~」「いいな~」とか羨ましがってみたりして、それがプラスのエネルギーになればいいのでしょうけど、意外と消耗させられてしまっていることの方が多い気がします。




今日は茗荷谷のshigakiで幼なじみとのランチ会でした。
普段は海外で暮らす友人の「いまどうしてる」の話は良い意味で刺激的でとても心地良いもの。
「いまどうしてる」情報は双方向のリアルな対話が一番合ってるんだな、なんて思ったのでした。


ラサタは明日から2019年の営業がはじまります。
改めまして、これからもよろしくお願いいたします!

ラサタ
www.lasata.jp



Lasataさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス