[News] 人生を豊かにする「人・本・旅」 | Lasata Blog

Lasata Blog

♡Baby Club Lasata毎日の様子
♡イベント情報
♡子育て中のママに役立つニュースや情報

「子どもに良いことをしてあげたい」
「ママ大好き♡って言ってもらえるママであり続けたい」
ママの「はじめのいっぽ」のクオリティを高めるお手伝いをします。


テーマ:
おはようございます!
11月もあと3日。
何かしても、しなくても。
時の流れが早いです。


最近、#古典 #教養 #リベラルアーツ
といったキーワードがよく目に留まります。
私も色々本を読んではいるのですが、そっち方面は弱く、、、
でも、この記事のなかで指摘されている通り、今本屋に並んでいる、Amazonでベストセラーになっている書籍で10年後まで残るものはどれだけあるでしょうか。
それならもう10年どころか、ずっと残されてきた古典をまず読むべきだと言われても納得できます。


https://www.shigotoba.net/expert_interview_1810_businessshowosute.html


この中で特に心に留めておきたいポイントをピックアップします。
教養とは、知識×考える力です。料理にたとえれば、材料を集めて上手に調理すればおいしい料理ができますが、たくさんの材料を集めることが知識の習得であり、上手に調理するのが考える力です。知識は、時間の関数、つまり時間をかけて学べばある程度身につけることができます。一方の考える力は、レシピと一緒で、最初は誰かの真似をすることになります。考える型や発想のパターンを学ばなければ、考える力を身につけることはできません。それなら、アリストレテスやデカルトのような超一流の脳みそに鍛えてもらった方がいいわけです。だから、ビジネスに役立つのは何よりも古典。まずは古典を読むことです。

歴史を振り返ってみればわかることですが、最高のべンチャーは、新しい国を創ることです。しかし国を創建した人に「大きな国を作ろう」と最初から周到に考えていたような人はほとんどいません。様々なめぐりあわせがあり、天の刻、地の利、人の和の3つが揃って、いつの間にかリーダーになり、国を拓いてきたケースがほとんどなのです。人間という存在はそれほど賢くはないので、志があって準備をしたくらいでは、大したことはできません。人生は人智を超えたところにあるのです。僕がライフネット生命を立ち上げたのも、APUの学長に就任したのも、友人の紹介や誰かの推挙など様々なめぐりあわせによるものです。僕自身は川の流れに身を任せるように生きてきました。それが人生のリアリズムだと思っています。

「メシ・風呂・寝る」では知的生産性は上がりませんから、これからのビジネスパーソンは早く帰宅して、何よりも「人・本・旅」で勉強することです。様々な人に会い、本を読み、いろいろな場所に行くことです。仕事の後で勉強会に参加したり、コトラーの本を読んだりすることが勉強だと思っている人がいますが、これは大して役に立ちません。マーケティングなど仕事に近いことを勉強するより、むしろ自分の好きなアートや文学、茶道、華道などを学んだ方がビジネスの役に立ちます。



ビジネスを育児に置き換えても全く同じだと思います。
私たち親が、もっと視野を広げ、教養を深めることは、必ず子どもたちの豊かな成長に繋がっていきます。
長時間育児に埋もれず、まずは自分自身を豊かにするため、色々な人に会い、本を読み、旅をする!

もっと好きなことを学んで、チャレンジし続けて、人生を楽しむ!
そういう姿を子どもたちに見せたいものです。

先日のDayキャンプにはそんな大人の姿がたくさんみられた気がします😌





今日も素敵な一日を🎵


ラサタ
www.lasata.jp

Lasataさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス