ライブ告知

テーマ:

KATSUYA「ひとつの空」レコ発記念ライブを開催します。ポップス、クラシック、ジャズ、幅広い音楽をぜひ聴きに来てください。今回はあのイルディーボのタイムトゥセイグッバイを熱唱します。

ゲストには音大生ユニットのsharesが爽やかな歌声を披露。


9.15(金)20:00

八王子papabeat

Ticket 1900円(ドリンク別)

ゲスト:shares(井手彩音、黒木光)

http://papabeat.web.fc2.com/


{E5C86C02-4B83-4C8D-A80E-BD44A3164BC2}

{B37468C3-27E5-4E3D-992C-6CFC0ADF031C}


AD

CDの購入は

テーマ:

★KATSUYAオリジナルCD★


大好評の高尾山イメージソング「ひとつの空」が収録されています。

まだの方はぜひお申し込み下さい!



お申し込み

http://miurakatsuya.jimdo.com/

AD

歌にとっての水泳

テーマ:

https://www.esr-vocalschool.com/2017/07/25/%E6%AD%8C%E3%81%AB%E3%81%A8%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%AE%E6%B0%B4%E6%B3%B3/https://www.esr-vocalschool.com/2017/07/25/%E6%AD%8C%E3%81%AB%E3%81%A8%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%AE%E6%B0%B4%E6%B3%B3/

水泳は全身運動なので歌に対してよい効果をもたらします。
 

上半身の筋肉、下半身の筋肉、前面の筋肉、背面の筋肉、外側の筋肉、内側の筋肉。すべてバランスよく鍛えられます。
また水泳は、水の抵抗の中で体を動かすためしなやかな筋肉をつけることができます。
 
 
歌をうたう場合にはこのしなやかな筋肉が非常に良いとされております。バーベルなどの器具で鍛えた筋肉は硬い筋肉で、歌をうたうのには適した筋肉とはいえません。硬い筋肉は、声の響きをおさえ硬い声を作ります。聴いていても耳障り(みみざわり)な声しか出ません。ですので水泳は歌をうたう人にとっては素晴らしいスポーツといえるでしょう。
 
 
また水泳は水をかく時に肩甲骨を大きく動かします。それが肺活量を増大させるためその点においても歌をうたう人にとってメリットになります。

しかし歌をうたうのに必要な筋肉は外から鍛えることのできない筋肉もあります。水泳をやっていれば万全ということではないのです。顔の表情筋や舌の筋肉、また輪状甲状筋、甲状披裂筋と言った声帯筋は水泳では鍛えられませんのでそこはボイストレーニングを習慣づけて鍛えていきましょう!
AD

声は前に向けて発声します。

 

 だからと言って前方だけに意識があると重心が前のめりになりがち。

支えのいい安定した声、豊かな響き、美しい発音。。。

 

 重心を失い前傾した体からは、到底安定した声や表現は生まれませんね。

 声を遠くに飛ばすためには当然「支え」というものが必要です。

 

深く豊かな呼吸を生み出すために必要な体の筋肉は山ほどありますが、一番大事な役割を果たしている筋肉、それは紛れもなく横隔膜です。横隔膜が豊かに上下することで深い呼吸は導かれます。もう一つ重要な筋肉をお伝えしたいと思います。

 

それが脚の内側にある「内転筋」です。骨盤底をしっかり使って横隔膜を支えるためには、この「内転筋」が豊かに働く必要があります。この筋肉が衰えると、骨盤が開きやすくなり、骨盤底も使えなくなり横隔膜の動きは鈍くなります。そうするといわゆる腹式呼吸はなされなくなり、呼吸は浅くなって喉に負担をかけます。

 

下半身の安定と上半身の柔軟性こそが、伸びやかな声を生み出し、それこそ前方にいらっしゃるお客様にきちんと声をお届けする最大の条件なのです。

 

 

♪さらに内転筋を強化し柔軟にすることによって

・細く引き締まった美脚になる

・姿勢が良くなる。

・腰痛肩こりの改善が期待される。

ボイトレは運を開く

テーマ:

もっと声量をアップしたいんですが。。。。

音程が不安定なんですが。。。。

高音は出るんですが低音が弱いんです。。。。

◇ビブラートがうまくかけられないんです。。。。

◇歌っていると上半身が固くなるんです。。。。

 

まずは「輪状甲状筋」で裏声、「甲状披裂筋」で地声をトレーニングします。レッスンで習った事を毎日反復練習するところからスタートしよう。早い人なら3か月くらいで太く迫力があり安定した低音が響く歌声になってきます。

ビブラートがうまくかけられないのは喉に力が入ってしまうため。「ビブラートエクササイズ」でビブラートを身につけよう!

歌っていて上半身がかたくなるのは重心が上がってしまうため。「上半身脱力歌唱エクササイズ」で重心を下げて歌う練習をしよう!

みなさんお久しぶりです!

今日も蒸し暑い日でした。

それに台風の被害が心配ですよね。。。。

 

今日はちょっとした空き時間にカラオケで特訓していました。

9月にカラオケ大会的なイベントに出場するんでせっかく出るなら優勝してみようかなんて思っています。

「ハナミズキ」がなぜかいつも高得点が出るんですよ。

かなり雑に歌っていたんですが。

 

カラオケ採点で得点を稼ぐならやっぱりビブラートを多用するとボーナポイントが加算されますよ。

安定した周期と音幅にムラのない綺麗なビブラートをしっかり練習しましょう!

 

「ビブラートを制するもの、歌を制する」

ですよ!

《プルプル体操》

テーマ:

みなさんお元気ですかあ!

最近、気温差が激しくて風をひく人がホントに多いですねー

今週も数名の生徒さんがお休みしてしまいました。

くれぐれも気をつけてください♪

 

さて、歌う前のウォーミングアップにはいろんな方法がありますね。

今回ご紹介するのは「ぷるぷる体操」です。

とっても簡単で立って身体を上下に揺するだけです。

これを5分くらいやると全身がほぐれて発声しやすくなりますし

ビブラートができるようにもなりますよ!

 

あとはお尻の仙腸関節をよーくさすって温めてあげるのも良いです。冷え性の人なんかにはお勧めです。

さらに顔面を指で軽く叩いてからマッサージすると発音と活舌が良くなります。

 

ぜひやってみてくださいね!

《尾骶骨》

テーマ:
さいきんの私のヴォイストレーニングの研究で頭と尾骶骨あたりをほぐして暖めると声がが響きやすくなる事がわかってきましたね。

僕は整体師の資格があるので頭の経絡のツボと尾骶骨のツボがわかるのでそこを刺激すると効果が上がるようですね。

声量がない、声に響きが欲しい方はお試しくださいね!

《小宮公園》

テーマ:

https://www.esr-vocalschool.com/2017/06/05/%E5%B0%8F%E5%AE%AE%E5%85%AC%E5%9C%92/いつもブログを読んでいただきましてありがとうございます。

 

生徒様のとの連絡のやり取りは主にLINEですが、最近になってはじめてLINEスタンプなるものを購入しました。笑

スタンプって楽しいですね!!

 

さて、本日は午前中と夕方に生徒様がレッスンに来られました。

午前中は40代の女性、夕方は40代の男性。

ふたりとも趣味のカラオケが上達したいのでとっても熱心なんですよ。

 

レッスンの合間には趣味のパワースポット巡りをするんですが今日は八王子の小宮公園に行きました。

ここの公園はなんというか磁場がちょっと違う感じがするんですよ。

 

お近くのの方はぜひ行ってみてくださいね!

 

《姿勢について》

テーマ:

みなさんこんばんわ

昨日テレビの健康情報番組を見ていたらすごくいい事を言っていたので取り上げてみたいと思います。

 

姿勢についてなんですが、姿勢が悪いと腰痛や肩こりなどがおきやすくなってきます。

膝の裏が固くなっていると姿勢が悪くなるそうです。

座っている事が多い人は膝の裏が固くなるそうです。

 

膝の裏をストレッチでよーく伸ばしてあげると骨盤の位置が改善されて姿勢も良くなるそうです。

 

姿勢が良くなれば深い呼吸で発声ができるのでいい声が出るようになるわけですね。

 

 

姿勢が悪いなあ、と感じている人は膝の裏をよーく伸ばしてみてくださいね。