決勝に行けなかった選手達には、サイドイベントもしっかりと用意しておきました。

名づけて、麒麟児カップ!!

漫画、鉄鳴きの麒麟児の作者、うひょすけさんにお願いして、優勝者へサイン色紙を描いて頂きました!

海外ではやはりアニメや漫画から麻雀に入ってくるプレーヤーが多いのでこれはとっても貴重で盛り上がりました。

何をしたかと言いますと、一人10枚のチップを持って時間制限は決勝戦の大将戦が始まるまで!

の間にチップを東風戦でチップを奪い合うバトルロワイヤル形式!!

負けた人からアウトして、放送を一緒に大人しく見ると言う流れです。

 

実は海外の人が日本の雀荘の話などをこういった漫画から知るじゃないですか?

今、日本へ旅行で行く人もどんどん増えているんです。

でも、雀荘へ行くと、日本語が出来ない、ルールの説明が・・・となると、門前払いされるのが多いんですね。

無論我々は賭けを行う雀荘を勧めませんが、聖地日本へ行ったらやってみたいと思うのは仕方無いですよね!

中には健康麻雀で、受け入れをしてくれる所もあるようですが、是非是非、日本の健康麻雀を営んでいる所でうちは海外の人でも大丈夫だよ!と言うところがあればらぽんまでお声をかけて下さい!!

 

さて、ひとりずつ決勝戦をしている間、残りのチーム名とはといいますと、別室にモニターを設置しまして

あぁだこうだ言いながらみんなで応援しながら対局を見守りました。

予想以上に盛り上がりましたが、こう言う取り組みから先にお話した対局を見ると言う事に少しでも踏み出してくれたらなぁと思います。しかし、さすがアメリカ人。盛り上がり過ぎてリアクションが別室の対局室まで聞こえると、叱られました笑 

しかし、こうやって麻雀がとてもエキサイティングに歓声が上がるくらい盛り上がるって素晴らしいなと運営人は思いました。

やっぱ将来的にもっと興味を持つ人が増えれば勝負できるコンテンツなんじゃないかな?と。

 

しかし、両方とも盛り上がる中…見えない失敗が発生していたとは・・・

実はですね、2日目から初日よりもネットが入りにくくなり、仕方が無いので、ライブ配信は諦め、その代わりきっちり撮影を行い、後日アップしようと安全策をとったんです。ですが、機材の音声の方に問題があり、実況、解説がただのデジタルノイズとして入ってしまい、気がつかず通してやってしまったと…。

 

ですので、決勝戦の動画は対局中は音を消し、インタビューから音を戻して貰えるとまだ見れると言う説明書が必要なビデオになってしまいました。失敗から次回は学びます。お時間がある方はこちらの決勝、そして最後の優勝インタビューは見て頂ければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、と言うわけで優勝したのはチームDWD!!!

若くて、咲のように女性が活躍してくれ、実力もそうですがチームワークが素晴らしかった!!

こう言うねフレッシュな若手ががんばってくれてとても素晴らしい事です!!

 

そして来年、同じ2月のプレジデントウェークエンドには今度は団体、地域、一切関係なく、申し込みを受け付けます!!

1チーム4名!!

もちろん日本からも!!

 

本当に参加してくれたみんな、そしてサポートしてくれる方々、皆さんのお陰で最高に楽しい大会になりました!!

改めてありがとうございます!!!そして今後ともらぽんを応援宜しくお願い致します!!!