はい、久しぶりの投稿となります。

最近は英語での発信に力を入れ、ブログの方が中々手が付けられない...

と言う言い訳はさておき、

今回は年末の行事のリポートをしたいと思います!!

 

さぁ2017年もいろいろあり、らぽんもとても成長した年になったと思います。

思い返せば、らぽんチャンピオンシップが2月にあり、多くのプレーヤーが全米各地から参加してくれ、

そして10月には世界大会WRCに参戦し、世界のプレーヤー、そして日本のプロともふれあい、

なんとなんと、連盟チャンネルさんにも少しらぽんで出演させて頂いたり、

始めた時には思いもしなかったような展開に。

 

さて、1周年記念のときに開催したらぽんインビテーションカップを更に内容、そして競技を盛り込むべく、

フォーマットを新たに開催しました!(とはいえ、今回は動画も無いためあれですが...)

 

今年がんばったプレーヤーと言う事で8名を招待し(本当は12名の予定でしたが流石に年末...スケジュールが合わなかったため)

グループAとグループBに別れ、予選ラウンドを4回戦を行いました!!

らぽんでは競技麻雀にも取り組んでいこうという事で初の試みの4回戦。

まだまだ、雀力を磨き、更に良い戦いをするための取り組みです。

WRCルールで、4回戦の総合ポイントの上位2名の勝ち上がり。

そして決勝戦はまさかの大晦日!!??

感謝祭イベントでもあるので感謝祭イベントのメインイベントに。

 

今回は決勝戦のレポートを。

決勝進出者は、2017年ランキング1位を守りきったTPP.

そして予選A卓を勝ち抜いた師匠、そして予選B卓を勝ち抜いたあっきー、そして総合2位を守ったけんゆうの4名。

 

第1戦は、あっきーがスムーズにトップを取りましたが、まだまだ諦める展開ではない3名、次戦をどうするか?

が見ものでした。

 

第2戦は、いきなりスタートからあっきーのハネツモ。

ちょっと出来すぎです!!しかし、前回のレポートにも書いたようにここからがあっきーが強い所。

ポイントを確保した後の守りながら攻めるうち筋。場に合わせてとはまさにこういう事か!?

一切の隙を見せないそのうち筋は本当に我々お手本にするべき。そして本当はこう言うのをみんなで見たいんです。

 

しかし、ここからまさかの展開に!?

パーフェクトゲームかぁ~?と思った矢先、けんゆう君が親で7本を積む大連荘。

終わって見れば11万点の大トップ!!!

他3名も何度も止めに行ったのですが止まらない!!

 

総合で2位につけているあっきーに80pt差ぐらいをつける事に。

 

師匠、そしてTPPは本当に苦しい展開が続きます。

 

第3戦、こうなると誰がけんゆうに挑戦権を持って最終戦に望めるか!?が見もの。

とは言え、馬も15-5のゲームでこれ縮めれるのか!?トップラスが最低条件で詰めれるだけつめたいあっきー。

 

何とかトップで第3戦を終えたあっきーですが、依然差はかなりな物。

 

そして第4戦。ファイナルゲーム!!

ここは連盟さんの決勝の座順をお借りしまして(タイトルもマスターズて被ってるけど、そこはパクったんじゃないんですよ!たまたまです)

総合2位のあっきーが出親、3位TPP南家、4位師匠西家、そして1位のけんゆうが北家(アガリ止め無し)。

 

東場はペースを掴めないまでも何とかしのいだけんゆう。そして南場に入り、下家に追われているあっきーを置いてけんゆうに異変が!?

あまりの緊張に、吐息が聞こえるほど、スーハースーハー...これだけの緊張感で打つ麻雀。いいなぁ~。私個人は体験した事が無いけども、100%集中して、決勝戦、このメンバーで、こんな小さいクラブのこんな小さい決勝戦ですが、我々一生懸命やっているんです。

何か見てたらとても嬉しくも思いましたが、うらやましくも思いました。

 

そしてラス前に2本共卓ごとツモで加点をしたあっきーが1位けんゆうまでまさかまさかの総合点同点の現状66(最終戦のゲームの馬も入ってで)で並びます!!!

これには本当に驚いた!!けんゆうは現在3位、2位までの点差が2000点弱、着順アップをすると一気にあっきーとのポイント差が馬の分1万点分変わってきます。なんとしてもここはアガリが欲しいオーラス。

そして上がってもあがりやめが無いので、あっきーまで差を4000点つけて流局で伏せるのが最低条件。

 

対してあっきーは何点でも良い!ここを上がれば逆転優勝!

けんゆうに2000点クリアーされると、次局、マンツモは最低条件となりやや苦しい。

ここまで追い上げたので、出来ればオーラスは1回で仕留めたい所。(恐らく)

 

オーラス開始早々、あっきーが仕掛けます。

発をポンして2ふうろ。 

対してけんゆうもチーが2つ入りお互い2ふうろ。

しかし、けんゆうの下があっきーなので、とても苦しい!!!

 

そして、あっきーが珍しく3フーロで聴牌!!待ちはドラ筋の5-8p

けんゆうもここは引けない、3フーロをしての打6p、そして打7p!!?

打ち込みも覚悟なんでしょうけど、濃いぞ!!そして何だ!?何待ちなのか??

実はけんゆう、5-8p両方使っての5-8pのシャンポン聴牌。

 

この時点で8pは師匠がトイツ。

5pは一枚TPPの手の内。

残る1枚は山...

 

どっちが引くか!?または流局か!?

 

手に汗握る展開...

 

 

流局間際...

あっきーから今日一番の...『ツモ!!!!』

 

この瞬間、崩れ落ちるけんゆう、自然と湧き上がる歓声と拍手!!!

両者の健闘を称え、そして苦しいながらも名勝負を支えた師匠とTPP。

みんなの本気がぶつかったから成し得た大逆転劇。

 

ifs and butも沢山あったでしょう。

まだまだ甘かった点、数え上げたら切りが無いかもしれません。

でも今出来る最善をみんなで出した名勝負!!

 

いやぁ~神様は中々粋な計らいをして下さる!

同点の最後も同じ聴牌!?残り1枚をめぐる攻防!?

これはとても面白かった!!今年最後の試合で素晴らしい戦い!

 

 

さぁ~2018年ももっともっとがんばって行きましょう!!

実は2018年も既に色々と企画があります!!もっともっとらぽんも、そしてアメリカの麻雀をホットにして行きたいと思います。