昨日、ミス・アース・ジャパン京都大会があり、
ファイナリストとして出場させていただきました。


ミス・アースとは世界四大ミスコンの1つで、
環境保護を訴えるミスコンです。


「もったいない」という言葉は、もともと仏教用語だったり、私の「るり」という名前は「瑠璃色の地球のような美しい心を持った子に育ってほしい」という願いが込められていたり、なんだか運命的なものを感じてチャレンジしていました。


スピーチでは、「住職のたまごとして、環境問題を仏教の精神と絡めて発信したい!」とお話しました。


結果はなんと、いまだに信じられないのですが、
👑グランプリ👑
さらに、スポンサーの特別賞モネオ賞もいただきました😭✨


これからは、京都代表として、各都道府県代表と切磋琢磨して日本大会でのグランプリ、そして世界大会を目指します!


素晴らしい経験をさせていただいた、すべてのご縁、環境に今はただひたすら感謝しています。


また大会の詳細や、京都大会へのトレーニング、応募のきっかけや私が考えていることを綴りたいと思います✨


大好きな瑠璃色のドレスを着せていただき、真ん中に立っているのが私です。