この記事は2019年9月16日にLapis Lazuliスピリチュアルブログ(https://www.spirit-lapis-lazuli.com/post/the-impact-of-negative-energy)に投稿された記事です。

 

 

マイナスエネルギーが精神に与える影響

  

 

・マイナスエネルギーの憑依の種類

 

 マイナスエネルギーの憑依の仕方は大きく分けて二種類あります。一つは体外に憑依する憑依方法で、もう一つは体内に憑依する方法です。体外・体内のマイナスエネルギー憑依について詳しく知りたい方はこちらの記事をご参照ください(以前の記事:マイナスエネルギー①, マイナスエネルギー②)。本日の記事では、マイナスエネルギーが体内に憑依した際に起こる、精神への悪影響について紹介と解説をいたします。

 

 

 

・マイナスエネルギーの体内憑依の段階

 

 マイナスエネルギーの体内憑依には、憑依の深さによって以下の段階があります。

 

 /第一段階:精神に影響を与えない状態

 /第二段階:気分や感情に影響を与えている状態

 /第三段階:思考や行動に影響を与えている状態

 

 

 

・マイナスエネルギーの体内憑依段階別の解説

 

 /第一段階

  マイナスエネルギーが体内に憑依した直後もしくは、それほど時間が経っていない状態です。気分や感情に影響を与えていませんが、憑依された部分に不快感や痛みを伴うことがあります。この段階はマイナスエネルギーが体内から抜け出して他者に憑依することが多いです。

 

 /第二段階

  マイナスエネルギーが気分や感情に影響を与えています。理由もなく気分がすぐれなくなったり、怒りや悲しみ、無気力感を感じたりします。この段階での憑依が長く続くとうつ病になることがあります。この段階では、うつ病などの重い精神的な問題を抱える前に、気分や感情に影響が出た時点でマイナスエネルギーを浄化する必要があります。

 

 /第三段階

  マイナスエネルギーが思考や行動に影響を与えています。この状態が長く続くと、自殺願望が出てきたり、自傷行為を行うようになります。自分を傷つけない場合は、統合失調症などの病気になることもあります。これらの段階では、マイナスエネルギーを行っても変化されてしまった思考や行動はすぐに修正することができません。一度、思考や行動をマイナスエネルギーに支配されてしまうと、回復のために長い時間をかけて再度マイナスエネルギーが思考や行動に影響を与えない環境を保ち続ける必要があります。

 

 

 

・まとめ

 

 マイナスエネルギーが体内に第二段階まで憑依した状態で放置していると、最終的に精神に大きな悪影響を与えます。大半のマイナスエネルギーは第一段階で他者に憑依するために体内から抜け出します。しかし、日常生活において精神的負担が多い場合や瞑想をよくする場合はマイナスエネルギーが体内に憑依・滞在する危険性が増します。第二段階のマイナスエネルギーが精神に侵食する段階(うつ病を引き起こす段階)に入る前に、御祓を受けるなど、マイナスエネルギーを浄化しましょう。

 

 

・マイナスエネルギーに関する参考記事

 

 マイナスエネルギーとは①

 

 マイナスエネルギーとは②

 

 マイナスエネルギーの意識

 

 マイナスエネルギーに見つかる

 

 

 

地震予知、スピリチュアルサービス、その他に関してはこちら

E-Mail: lapis-lazuli@divination-lapis-lazuli.com

天然石ショップに関してはこちら

E-mail: info@gemstones-lapis-lazuli.com

 

Lapis Lazuli SPホームページ

https://www.spirit-lapis-lazuli.com

 

Lapis Lazuli スピリチュアルブログ

https://www.spirit-lapis-lazuli.com/lapis-lazuli-blog

 

地震予知ブログ

https://ameblo.jp/lapis-lazuli-z/